2018年06月18日

妻恋神社へ初参拝♪

DSC00227.JPG DSC00228.JPG DSC00229.JPG DSC00230.JPG
<聖橋を渡って清水坂下へ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC00232.JPG DSC00233.JPG DSC00234.JPG DSC00235.JPG
<清水坂下から妻恋神社へ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC00236.JPG DSC00237.JPG DSC00238.JPG DSC00239.JPG
DSC00240.JPG DSC00241.JPG DSC00243.JPG map.gif
<妻恋神社境内>(写真をクリックすると拡大します)

 昨日17日、JR御茶ノ水駅で下車して、湯島天神方面へ歩いていく途中に、初めて妻恋神社(文京区湯島3丁目2-6)へ参拝しました。湯島聖堂と神田明神の東側の道を通り抜けました。

 ご祭神は、次の三柱です

・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)  稲の神(女神)。稲荷←稲生。「うか」は古語で「食」の意味(「うが」の読みもあり)
・日本武尊(やまとたけるのみこと)  第12代景行天皇の第二皇子、第14代仲哀天皇の父 神格:武神、軍神、国土神(農業神)
・弟橘媛命(おとたちばなひめ)    日本武尊の御妃

 思いの外、こじんまりした境内ではあったが、何かほのぼのとした温かい気が漂っていました。妻恋(つまこい)神社の由緒については、神社のホームページに、次のように書かれています。

 「東方十二道の荒ぶる神や賊の平定のため東へと旅だち、東京湾を走水の渡り(現横須賀市)から千葉に向けて船で渡る時、途中暴風雨に遭い、船はもてあそばれ沈みそうになった。

 同行の妃・弟橘媛命が「夫の身代わりとして海に入り、海の神の心を鎮めましょう」と言って、「さねさし相模の小野に燃ゆる火の火中に立ちて問ひし君はも」(焼津で自分を守ってくれた尊への思いが込められている)と歌を詠んで海に身を投じた。海は鎮まり、尊は房総に上陸ができ、東国を平定し、大いに勲功をあげることができた。

帰路、上総の国碓日嶺に登り東南の方を望み「吾妻者耶・・・・・」と恋い慕いたもうたとの意を取って「妻恋明神」と号した。当神社はその時の行宮(野営陣地)の跡と言われてる。「あづまはや」から関東のことを「あづま・あずま」というようになったとも。

また、「ユシマ」は「聖なる水際の地」という意味があるともいわれ、この地は早くから開かれ、低地では稲作が行われており、そこで、五穀の神の稲荷が祭られ、妻恋稲荷となった。・・・」http://www.tsumakoi.jp/
                                                参拝富士♪
<神社関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90_%8E%D0&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

東レのCIについて聴く会♪

35465372_10204816865337333_2472384484989730816_n.jpg DSC00250.JPG DSC00252.JPG DSC00266.JPG
<湯島CWSオフィスと「十八割蕎麦」>(写真をクリックすると拡大します)

 6月17日、佐藤修さんの湯島CWS(コンセプトワークショップ)オフィスで開催された「東レのCIについて聴く会」に、私も参加しました。参加者は、東レの原稔典さんら、≪STRAMD≫の7期生5名と佐藤さんと私、あわせて7名でした。

≪STRAMD≫とは、パオスの中西元男さんらがやっている企業経営をデザイン思考する 戦略経営デザイン人材育成講座です。当時の東レCI活動の貴重な資料を3種類、用意していただき、ありがとうございました。

 私は30代と40代の東レ経営企画室時代(1983〜87年、1992〜95年)に、二度の東レCI(コーポレート・アイデンティティ)プロジェクトに全社事務局として参画しました。80年代の東レCI開発時は、パオスの中西元男さんに大変お世話になりました。

 かつての東レのCI開発の事例研究と質疑応答をした後、湯島天神近くの蕎麦屋「十八割蕎麦」で懇親会をしました。「十八割蕎麦」とは、十割蕎麦と八割蕎麦をあわせて打った蕎麦のことで、初めていただきました。

 帰路、JR京葉線新浦安駅を降りて、歩いて帰宅する途中に、雲の多い夜空を見上げると、三日月がぼんやり浮かんでいました。
                                                 CI富士♪
追記:東レ経営企画室で一緒に仕事をした佐藤修さんのfacebook記事です。

 「「東レのCIについて聴く会」というのがありました。
私が会社時代に取り組んだ仕事のことを、若い世代の人たちが聴きたいといって、そういう場を作ってくれたのです。
このプロジェクトは、私の人生が変わる契機になったプロジェクトです。
そのプロジェクトに巻き込んでしまった渕野さんも、会を企画した人たちが誘ってくれました。

それで、昨日は久しぶりに昔の話をさせてもらいました。
15年ほど前に一度、ある場所で話をする機会があったのですが、その時のパワーポイントを見つけて、それを使って話しましたが、そこに出てくる写真などを久し振りに見て、いろいろと思い出すことが多かったです。
私は過去にはほとんど興味のない人間ですが、2時間も話したためか、実にいろんなことを思い出してしまいました。
私だけが知っていることもいくつかあるのですが、そのいくつかもうっかり口に出してしまったりしました。
やはり過去を語ることには注意しなければいけません。

このプロジェクトに取り組んだ時の企業経営の考え方は、いまもなお間違っていないと思いますし、むしろ今こそ必要だと思っています。
会社を辞めてしばらく、そうした活動にも取り組んでいました。
新しい組織もいくつか立ち上げたり、関わったりしましたが、いずれも私の思いとは別の方向に向かってしまい、いずれからも離脱しました。
しかし、昨日2時間話したせいか、またちょっと企業に関わりたくなってきました。

企業が元気になる方法は、実に簡単です。
http://cws.c.ooco.jp/kigyouhennkaku1.htm
そう思っているのですが、なぜそれが広がらないのか不思議です。
たぶん基本的に私が間違っているのでしょう。
みんな「元気」になどはなりたくないのかもしれません。

しかし、過去のことを話すと、やはりすっきりしません。
自分が「終わった人」であることを思い知らされますから。
そしてまたやりたくなってしまいますから。」(佐藤修)

<CI(コーポレート・アイデンティティ)関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83R%81%5B%83%7C%83%8C%81%5B%83g%81E%83A%83C%83f%83%93%83e%83B%83e%83B&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

「社長なんて偉くも何ともない」♪

970555_563748943671157_1676928666_n.jpg 20151223000548.jpg
<本田宗一郎>(写真をクリックすると拡大します)

5年前のfacebookの面白まじめ記事です。
本田宗一郎らしい言葉です。愛嬌とユーモアがあります。

首相や大統領、理事長や監督も、みな同じです。
役割や責任のあり方をシンプルに示しています。

共有(シェア)は、共感から始まります。
文中の「命令系統」は、責任系統でもあります。(富士男♪)

◆「社長なんて偉くも何ともない」

「社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。要するに、命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない。」(本田宗一郎:本田技研工業の創業者)
(人生と経営に役立つ名言・格言・いい言葉2013年6月12日)
                                                 ユーモア富士♪
<本田宗一郎関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%7B%93c%8F%40%88%EA%98Y&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 22:40| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

究極の平和運動♪

34160856_1697607407022493_7742936830428839936_n.jpg hinoharadr_web_180_272.jpg
<日野原重明先生の言葉>(写真をクリックすると拡大します)

日野原重明先生の「みんなが温かい心で、ともに時間を分かちあう」の言葉に触発されました。
私(富士男♪)が気づき学んだことは、次の通りです。

平和とは理想の実現です。

理想とは楽観です。

楽観とは意志です。

平和とは意志です。

温かい心の反対は、冷たい心です。

両者の違いは、相手に対する愛情の有無です。(富士男♪)


◆「究極の平和運動は、こころをあたたかにして時間を共有することです。」
 (日野原重明)

☆ともに手をつなごう☆
世界中のみんなが温かい心でともに時間を分かちあえば、きっと世界から争い事はなくなることでしょう。あなたも、海外の友と手を繋いでみませんか?
 (スマートシニア全員集合!! 6月13日 5:30)
                                                   平和富士♪
<日野原重明関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%FA%96%EC%8C%B4%8Fd%96%BE&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<平和関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%95%BD%98a&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

「○○してくれて、あたりまえ(当然)」

アドラー.png 32678210_983581625137961_9132865561120735232_n.png 「ありがとう」と「当たり前」.png
<アルフレッド・アドラーの言葉>(写真をクリックすると拡大します)

 「魂を揺さぶる言葉たち」に紹介されていたアルフレッド・アドラーの言葉に触発されました。
 私(富士男♪)にとっての「名言」です。
 私が感じ考えたことは、⇒以下の通りです。

◆「〇〇してくれない」
 
「 あなたのために他人がいるわけではない。
 
「〇〇してくれない」という悩みは
 
自分のことしか考えない
 
何よりの証拠である。」
 
− アルフレッド・アドラー −

⇒「〇〇してくれない」は、「○○してくれて、あたりまえ(当然)」の裏返しではないか。
 「ありがとう」の反対語は、「あたりまえ(当然)」らしい。

 「あたりまえ(当然)」と思った途端、「ありがとう」という一言が出なくなる。
 「おかげさまで」でいう感謝の気持ちがあれば、悩みはずっと軽減する。

 「人生の悩みの大半は、人間関係の悩みである」と心理学者アドラーは言っている。
 他者への感謝と思いやり(ストローク)があれば、人間関係はずっと楽になり、良くなる。
 (富士男♪)
                                             ありがとう富士♪
<アドラー関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83h%83%89%81%5B&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 16:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

「がんは、ありがたい病気」♪

safe_image.png
<樹木希林さん>(写真をクリックすると拡大します)

 樹木希林さんの言葉に触発されました。私(富士男♪)にとっての「名言」です。
 私が感じ考えたことは、⇒以下の通りです。

◆「がんは ありがたい病気」

「 がんは ありがたい病気。
 周囲の相手が自分と真剣に
 向き合ってくれますから。
 
 ひょっとしたら、
 この人は来年はいない
 かもしれないと思ったら、
 その人との時間は大事でしょう?
 
  そういう意味で、がんは面白いのよ。」
 (樹木希林)

⇒私にとっての「名言」です。
 この心境は、がん体験者だからこそ、余計にピンとくるのかも・・・。

 がんになると、「生きている」から
「生かされている」に生き方が変わる。
 誕生日が、とてもありがたく感じるようになる。

 その人が触発される言葉を、その人にとっての「名言」と言います。
 「名言」とは、その人がピンと、ピピッとくる言葉です。(富士男♪)
                                        がん富士♪
<がん関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%AA%82%F1&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 17:05| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

自戒の言葉♪ 〜怒り編

s54.jpg s58.jpg s56.jpg
<「仏教辞典」のことば>(写真をクリックすると拡大します)

「ブッダの教えを学ぼう!fbページ」の記事に、私は触発されました。
私(富士男♪)が気づき、学んだことは、次の通りです。
自戒しようと思います。

1.「忍辱(にんにく)」 。自戒の言葉です。

人間は煩悩の塊(煩悩具足)だから、怒りの心はなくせない。

仏教では、怒りの心を瞋恚(しんい)と言います。
この瞋恚(怒り)に堪え忍ぶことを、忍辱(にんにく) と言います。

じゃあ、どうするか?
怒りの心にどのように向き合うか?
http://bukkyouwakaru.com/dic/s54.html

2.「智恵ある者に怒りなし」。自戒の言葉です。

「怒りに怒りをもって報いるは、愚か者のすることですよ」(お釈迦様)

「智恵ある者に怒りなし。
よし吹く風荒くとも、
心の中に波たたず。
怒りに怒りをもって報いるは、
げに愚かもののしわざなり」
http://bukkyouwakaru.com/dic/s58.html

3.「水に流す」。自戒の言葉です。

「水に書いた文字のように、
怒りが起きても
さらりと流して
受け取らない」。

「水に流す」。
過去のいざこざなどを、すべてなかったことにする。(デジタル大辞泉)
いい言葉だ。
実践しよう。(富士男♪)
http://bukkyouwakaru.com/dic/s56.html
                                                自戒富士♪
<自戒関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8E%A9%89%FA&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<仏教関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%95%A7%8B%B3&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 01:54| 千葉 ☔| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

浦安シティオーケストラ第50回記念定期演奏会♪

50teiki_image第50回記念定期演奏会.jpg DSC09933.JPG DSC09934.JPG DSC09935.JPG
DSC09937.JPG DSC09941.JPG DSC09940.JPG
<浦安シティオーケストラ第50回記念定期演奏会の案内書>(写真をクリックすると拡大します)

 6月10日14時から、浦安シティオーケストラの第50回記念定期演奏会が、浦安市文化会館大ホールで開催されました。友人の瀧井健次さんと一緒に聴きに行きました。小雨模様にもかかわらず、大入り満員でした。

 私は、音楽が大好きな一市民として、また浦安市社会教育委員として、里海うらやすが誇るこのレベルの高い市民オーケストラをずっと応援しています。今回は、ステージから2列目中央の「かぶりつき」席で楽しみました。

 今回は第50回記念として、13時45分から大ホールのステージで、スペシャル・プレ・コンサートがありました。曲名はエルガー作曲の行進曲「威風堂々」第一番でした。

 また、第一部のチャイコフスキーの三大バレエ曲では、ヒラキバレエスクールの皆さんがゲスト出演して、特設ステージでオーケストラと共演しました。とても華やいだ素晴らしい舞台となりました。
 
 第二部のラフマニノフの交響曲第2番は演奏時間60分間の大曲ですが、4楽章とも変化に富んでいてスケールの大きな交響曲でした。特に、第3楽章のアダージョがロマンティックで美しい旋律でした。

≪浦安シティオーケストラ第50回記念定期演奏会の概要≫

日 時:2018年6月10日(日)
会 場:浦安市文化会館 大ホール 
曲 目:第一部 チャイコフスキー三大バレエ音楽「眠りの森の美女」「白鳥の湖」「くるみ割り人形」
    第二部 ラフマニノフ 交響曲 第2番 ホ短調作品27
指 揮:横島 勝人

 なお、今年の12月9日(日)浦安市文化会館大ホールで、第25回「浦安市民演奏会」が開催されます。浦安シティオーケストラや浦安ユースオーケストラも出演します。

 演奏曲目は、シベリウスの「フィンランディア」(明海中学・ユースオーケストラ合同)、ベ−トーベンの交響曲 第9番「合唱つき」などです。「第九」合唱団員を大募集中です。 
                                                    音楽富士♪
<浦安シティオーケストラ関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83V%83e%83B%83I%81%5B%83P%83X%83g%83%89&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 02:09| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

六月(水無月)の「生命(いのち)の言葉」♪ 〜本居宣長 編

DSC09777.JPG DSC09779.JPG DSC09784.JPG DSC09786.JPG
<三河稲荷神社境内のアジサイ(紫陽花)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09805.JPG DSC09806.JPG DSC09807.JPG DSC09832.JPG
DSC09812.JPG DSC09815.JPG DSC09826.JPG DSC09821.JPG
<湯島天神境内の光景とウメ(梅)の実>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09839.JPG DSC09837.JPG DSC09843.JPG DSC09845.JPG
<湯島天神でいただいた6月の「生命(いのち)の言葉」の栞>(写真をクリックすると拡大します)

 6月4日、大学講義のため、本郷キャンパスへ行く途中、三河稲荷神社へ立ち寄り参拝しました。こじんまりした境内の色とりどりのアジサイ(紫陽花)の花は満開で、とてもきれいでした。

 参拝後、六月(水無月)の「生命(いのち)の言葉」の栞をいただこうとしましたが、残念ながら見当たりません。大学講義終了後、佐藤修さんの「縁カフェ」へ顔を出した際、湯島天神へ立ち寄り参拝し、今月の栞をいただきました。

 今月は、江戸時代の国学者・医師、本居宣長の言葉です。

 尋常(よのつね)ならずすぐれたる
 徳(こと)のありて可畏(かしこ)き物を
 迦微(かみ)とは云(いふ)なり

 (本居宣長)

◆解説(栞の裏面):

 「普通でない優れたところがあって、恐れ多いものを神という。」
 古事記を研究し著した『古事記伝』中で、日本人が古くから持っていた「神」に対する考え方を述べたもの。

 私(富士男♪)が気づき(感じ)学んだことは、⇒以下の通りです。

⇒「可畏(かしこ)き」とは、自然や神など威力・霊力を備えているものに対して脅威を感ずるさま。恐ろしい。畏怖の念に堪えないという意味らしい。祝詞でよく聴く「懸けまくも畏(かしこ)き」とは、口に出して言うのもおそれ多いという意味だそうです。(三省堂 大辞林 )

 神を「迦微(かみ)」と表記しているところも面白い。「神」とは違うのだろか?もう少し調べてみたい。(富士男♪)

◆本居宣長 (もとおり のりなが)

 江戸時代の国学者・文献学者・医師。伊勢国(三重県)松坂の人。二十二歳で医学の修行のため京都へ遊学し、儒学・古典等を修め国学の道に入ることを志す。松坂に帰り診療所を開業し、そのかたわら古事記、源氏物語など古典文学の注釈や漢字音、文法などの国語学的研究にすぐれた業績を残した。また復古思想を説いて儒教を排し、国学の思想的基礎を固めた。国学四大人(こくがくしうし)の一人。著書に『源氏物語玉の小櫛』『古事記伝』『玉勝間』『直毘霊』などがある。http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/inochinokotoba/h3006/
                                                生命(いのち)富士♪
<「生命(いのち)の言葉」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90%B6%96%BD%81i%82%A2%82%CC%82%BF%81j%82%CC%8C%BE%97t&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:15| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

第2回「境川クリーンアップ」に参加♪

第2回境川クリーン0603 (3).jpeg 第2回境川クリーン0603 (3).JPG DSC09469.JPG OL_境川クリーンアップ_nobori_Mのコピー.jpeg
DSC09472.JPG DSC09486 (2).JPG DSC09491 (1).JPG DSC09492.JPG
DSC09501.JPG DSC09502.JPG DSC09508.JPG DSC09506.JPG
DSC09511.JPG DSC09512.JPG DSC09517.JPG DSC09515.JPG
DSC09530.JPG DSC09533.JPG DSC09546.JPG DSC09550.JPG
DSC09612.JPG DSC09603.JPG DSC09607.JPG DSC09609.JPG 
<第2回「境川クリーンアップ」活動の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09617.JPG DSC09624.JPG DSC09634.JPG DSC09632 (1).JPG
<第2回「境川クリーンアップ」活動の成果(ゴミ類)>(写真をクリックすると拡大します)

 6月3日、快晴の下、第2回境川クリーンアップにスタッフとして参加しました。

 次世代の子どもたちへ、里海うらやすのきれいな水辺(川辺、海辺)を残そうという心ある市民が今回は83名、明海の丘公園(浦安市明海3-1)へ集まりました。

 多くの市民が参加しました。クリーンアップ終了後には、前回(4月1日)好評だった境川の生き物観察会が、今回も行われました。

 このクリーンアップ活動の趣旨は、浦安三番瀬と並んで里海うらやすのシンボルである境川をさらに魅力あるきれいな水辺にすることです。

 やはり、現地を体験することによってこそ、里海うらやすの素晴らしさが実感できるとともに、これからのまちづくりについて、いろんな気づきや学びが得られます。

 次回(第3回)は、9月2日14時から同一場所であります。ハゼ・カニ釣り体験もある計画です。
                                                 境川富士♪
<クリーンアップ関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83N%83%8A%81%5B%83%93%83A%83b%83v&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<境川関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8B%AB%90%EC&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

「あすうらトークイベント」(7)♪

DSC09386.JPG DSC09411.JPG DSC09412.JPG DSC09413.JPG
<青空に浮かぶ夏雲と浦安音楽ホール>(写真をクリックすると拡大します)
2018.06あすうら トークイベント 2.png 2018.06あすうら トークイベント .png DSC09416.JPG DSC09417.JPG
<「あすうらトークイベント(7)」>(写真をクリックすると拡大します)

 6月2日は朝からよく晴れました。青空には真っ白い夏雲が浮かんでいました。

 2日14時から、新浦安駅前にある浦安音楽ホールの中にある「ハーモニーホール」で開催された「あすうらトークイベント(7)」に参加しました。60名の市民が参加しました。

 「あすうら」は「明日の浦安を考える会」の略称です。2014年に設立された社会教育とまちづくりを推進する市民活動団体です。より多くの市民に参加して頂くよう、トークイベントを催すことで、市民が主役の地域における民主主義を発信していくために開催されました。

 私が今回、参加して気づき、学んだことは、次の通りです。

1.「社員」から「市民」へ

 会社員から市民的自覚。「利民」や「休民」から「市民」へ、自利から利他へ目覚める。政治的自由もある。

2.「年寄り」がけん引する市民社会

 時間と経験と知恵のある年寄りは「市民の潜在力」になり得る。「今さら」ではなく「今から」。いくつになっても貢献実感と成長実感が大切。

3.「市民委員会」と自治基本条例の創設

 自治基本条例や、行政や議会を補完あるいは協働する市民第三者機関や自治基本条例はあってもいい。

 今一つ、あすうらの提唱する「市民委員会」のイメージやビジョンが見えてこない。先進事例も学ぶ必要がある。
                                            まちづくり富士♪
<まちづくり関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%DC%82%BF%82%C3%82%AD%82%E8&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

笑いに勝る良薬なし♪

大阪国際がんセンターの「笑いとがん医療の実証研究」発表会見1 (2).jpg Modern20Times2028193629.png
<桂文珍@わろてまえ劇場とチャップリン映画「モダンタイムス」(写真をクリックすると拡大します)

 「笑い」に関する格言はいろいろとあります。
 例えば、「笑う門には福来る」、「笑いに勝る良薬なし」、「笑いは百薬の長」などです。

 「笑い」の医学的効果が実証されつつあります。

 最近(5月29日)、笑いが、がんへの免疫力を向上させるという実証研究結果が、大阪府立病院機構「大阪国際がんセンター」(大阪市中央区)から発表されました。

 具体的には、1年前から、吉本興業などに所属する落語家、漫才師で、「わろてまえ劇場」と名付けられた大阪国際がんセンターの大ホールで2週間に1回の頻度で計8回の舞台を行いました。https://www.excite.co.jp/News/comedy/20170429/Yoshimoto_2017_04_entry70369.html

 落語や漫才を隔週で見る患者のグループ(27人)と、見ない患者のグループ(30人)に分けて血液検査などを実施。がんを攻撃する役割を持つ免疫細胞「ナチュラルキラー(NK)細胞」の変化などを調べたそうです。

 その結果、落語などを見たグループは2か月で、NK細胞を活性化するたんぱく質を作る能力が平均で1.3倍上がり、NK細胞自体も、増加する傾向があった。一方、見なかったグループにこうした変化はみられなかったそうです。https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180530-OYTET50044/

 私は2年前に発症した肺がんの再発・転移を避けるために、免疫力を下げないように努めています。たとえば、睡眠を十分とる、身体を冷やさず温める、免疫力を上げる食材を選ぶ、よく笑うなどです。

 ”笑い”と免疫力の関係や、”笑い”の健康効果とその仕組み、笑うことで健康になるコツを学び直そうと思います。 私もこれから毎日、笑いやユーモア、にっこり笑顔を大切に実践していきたいと思います。
                                                 にっこり富士♪
<笑い関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8F%CE%82%A2&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

第86回 【志塾】「最強の雑談力」に参加♪

DSC09020.JPG DSC09023[第86回志塾]最強の雑談力 by 黒田佳奈子氏(ドゥレス 代表).JPG 33574457_1936791253021083_1244480998947684352_n[第86回志塾]最強の雑談力 by 黒田佳奈子氏(ドゥレス 代表) (1).JPG 33690392_1936791279687747_4680829618888900608_n.jpg
33606501_1936791276354414_2126564185151111168_n[第86回志塾]最強の雑談力 by 黒田佳奈子氏(ドゥレス 代表) (1).JPG DSC09021 (1).JPG 33601920_1936791259687749_3860417636160503808_n第86回志塾 最強の雑談力(by 黒田佳奈子氏) 、 (2).JPG
< 第86回 【志塾】「最強の雑談力」@品川シーサイドの光景>

 5月26日(土)19時から、第86回【志塾】@品川シーサイドに参加しました。21名が参加しました。

 今回は「最強の雑談力」と題して、講師の黒田佳奈子氏(株式会社ドゥレス 代表)から、演習を交えて興味深い話がありました。おかげさまで、私(富士男♪)は次のような貴重な気づきと学びを得ました。ありがとうございました。

1.なぜ雑談力か

 雑談の一割に、本音と核心が隠れている。トップセールスマンは雑談上手。実際は7割のビジネスパーソンが「人見知り」「雑談が苦手」。営業や接客の現場、上司や部下との人間関係、プライベートでも、本音で付き合える関係づくりには雑談力が欠かせない。

 AIの時代は「人間力」が勝負どころ。ソリューションセールスから「インサイト(洞察、見識)セールス」の時代へ。インサイトセールスとは、「顧客すら気づいていない顧客の課題」を見つけ、顧客と合意する営業プロセスとスタイルのこと。

2.心の扉が開くステップ

 @嫌悪感を持たない、好印象を持つ(ベース)→A緊張や警戒心が和らぐ→B話しやすい相手だなと感じる(会話了解、日常会話的な雑談)→Cこの人なら、本音で相談してもいいかなと思う(相談了解、戦略的な雑談)

 「好印象」を持つのは、@笑顔(目尻が下がり、口角が上がり、前歯が6本以上見える。真顔と笑顔を区別する)A挨拶(声と目線)、B身だしなみ(容姿)。

3.雑談の切り出し方

 雑談力の決め手は聴く力、聴き出す力。相談上手は「話させ上手」。日常会話の切り出しは「質問」から始まる。相手の「饒舌スイッチ」(服装や持ち物、経歴、言い回しなど)を見つけ、触れる。一流セールスマンは、商談の8割は世間話。

 本音を引き出す3つのスキルは、@忍耐力(相手が主役、2:8)、Aあいづち力(オーム返し、語彙力、非言語)、B質問力(タテタテ、ヨコヨコ、1を聴いて10を聴く、気持ちや感じたことを大切に。

 キラーフレーズは「お似合いですね」「素敵ですね」「なかなかいらっしゃらないですね」「勉強になります」「なるほど…確かに」など。(富士男♪)

【講師】黒田佳奈子氏
株式会社ドゥレス 代表
福岡県出身。中央大学法学部卒業後、東証一部上場企業にてチェーン本部の販売促進事業・ CS向上サービスなど新規サービス立ち上げに参画。
2011年からは女性管理職育成支援に取り組む。 2015年金融業界初の女性躍進フォーラムを実行委員長として開催
2016年幅広く女性躍進の支援に取り組む為、株式会社Dorest創業
2017年 ウーマンカレッジ主宰。“人間力“が重視される中で近年は「雑談力・対話力」講師としての執筆も行なう。

【コーディネータ―】安部哲也 (志塾 塾長・立教大学教授・EQパートナーズ代表)
【会場】 品川シーサイドビュータワー  1号棟 第4セミナールーム (東京都品川区東品川4-12-9)です。
                                                 こころざし富士♪
<志塾関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8Eu%8Fm&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis 
posted by 富士男♪ at 19:22| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

風変わりな「虹」と「日暈(ひがさ)」♪

DSC07574.JPG DSC07570.JPG DSC07575.JPG DSC07573.JPG
<風変わりな「虹」@OOTEMORI(大手町タワー B1F)>(写真をクリックすると拡大します)
20180521-OYT1I50018-L「日暈」.jpg 20180521-OYT1I50014-L「日暈」.jpg
<「日暈(ひがさ)」@読売オンライン>(写真をクリックすると拡大します)

 5月21日、各地で太陽の周りにくっきりと虹色の輪が浮かび上がる「日暈(ひがさ)」が現れました。新聞やテレビでも報道されました。http://www.yomiuri.co.jp/national/20180521-OYT1T50028.html

 気象庁によると、日暈は高度5000メートル以上にある巻雲などの薄い雲の中で、氷の結晶を通過した太陽光が屈折して生じるそうです。

 私はこの日14時55分、大学からの帰路、東京・大手町の地下街(オーテモリ 、大手町タワー B1F)で、風変わりな「虹」を久しぶりに観ました!?

 これはどうやら、地上のビルのガラス窓で反射した太陽光が地下街へ射し込んで、できるようです。私の通勤時に、年何回か見られる不思議で面白い現象です。
                                                   虹富士♪
<関連記事>
●大手町ビル内の「虹」と大学講義♪ 2017年10月19日
 http://fujio-dayori.seesaa.net/article/454294469.html
<「虹」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%F8&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:34| 千葉 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

新刊2冊の「とらべん」♪

51B2WQ15XNL._SX335_BO1,204,203,200_観光先進国をめざして.jpg DSC07890.JPG DSC07893.JPG
51Q3d67xGlL._SX348_BO1,204,203,200_地域創生のプレミアム(付加価値)戦略.jpg DSC07891.JPG DSC07892.JPG
<「とらべん」勉強会@大手町グランキューブ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07898.JPG DSC07902.JPG DSC07904.JPG DSC07907.JPG
<「とらべん」懇親会@「マメミキッチン」>(写真をクリックすると拡大します)

 5月22日18時から、「とらえもん(虎会門)」の勉強会、通称「とらべん」に参加しました。講師二人を含めて、15名のとらえもん仲間(虎の子)が大手町に参集しました。

 今回のテーマは、「出版記念とらべん」(刊行順)です。具体的には、次の2冊の新刊本に関与した二人を講師にして、観光立国や地域創生について、学びました。会場は、大手町フィナンシャルシティのグランキューブ14F会議室(千代田区大手町1丁目9-2)でした。

1.『観光先進国をめざして』JTB会長・田川博己著(中央経済社)
  この本の出版に当たり編集協力した虎の子の上本洋子(自在株式会社)さんが、エピソードをふまえて要旨を紹介してくれました。

 私が気づき学んだことは、次の3点です。
 (1) 多様な日本文化(300の藩と多彩な祭り)、「観光」とは「国の光(風土、民)を観て、その王に仕えるか決める」こと
 (2)旅に出たい⇒リアル体験、若者の疑似体験の打破
 (3) 観光は「人間力」⇒熱い想い(郷土愛)×洞察力×実践力×志(ありたい姿)×知恵(集客法)

2.『地域創生のプレミアム戦略』鍋山徹さん他編著(中央経済社)
  虎の子でもある鍋山徹さん(日本経済研究所チーフエコノミスト)が、これからの日本の地域創生のあり方と事例紹介をしてくれました。

 私が気づき学んだことは、次の3点です。
 (1) 「いいものを安く売る」から「プレミアムなものを価値に見合った価格で売る」への転換
 (2)均質化された団体向けの商品ではなく、富裕層や外国人、地域内外の多様なニーズに対応
 (3) “志民"(自分たちの力で地域をよくしたいという志をもった地域人材)が進めるプレミアム化

 勉強会を終えて20時半から、ダイニングバー「マメミキッチン」(Mame-mi Kitchen、中央区日本橋本石町4-5-3) で懇親会を行いました。
                                                   とらべん富士♪
<「とらえもん」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%C6%82%E7%82%A6%82%E0%82%F1&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

第20回浦安三番瀬クリーンアップ大作戦♪

ちらし20の画像.jpeg DSC07022.JPG DSC07026.JPG DSC07028.JPG
DSC07029.JPG DSC07064.JPG DSC07062.JPG DSC07060.JPG
DSC07099.JPG DSC07104.JPG DSC07115.JPG DSC07112.JPG
DSC07135 (1).JPG DSC07137.JPG DSC07141.JPG DSC07145.JPG
DSC07147.JPG DSC07175.JPG DSC07179.JPG
DSC07183.JPG DSC07186.JPG DSC07208.JPG
DSC07228.JPG DSC07240.JPG DSC07241.JPG DSC07243.JPG
<第20回回浦安三番瀬クリーンアップ大作戦の光景>(写真をクリックすると拡大します)

 5月20日(日)10時から、第20回浦安三番瀬クリーンアップ大作戦にスタッフ(実行委員)として参加しました。

 清々しい快晴の下、約300人の市民が日の出北公園に集まりました。内田市長も顔を出してくれました。家族連れの参加も多くて、クリーンアップの後のカニ釣り大会も大いに盛り上がりました。

 風が強く、海岸に打ち上げられたゴミは例年より少なかったようです。みんなで今回拾い集めたゴミ量は、可燃 :60キロ、不燃 :60キログラムでした。

 里海うらやすの水辺の魅力を代表する「三番瀬(さんばんぜ)」を現地体験できる絶好の機会と場となりました。
                                                    三番瀬富士♪
<「三番瀬」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8EO%94%D4%90%A3&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

出逢いと直接対話♪

31369449_1659001657549735_4538402571309178466_n.jpg hinoharadr_web_180_272.jpg
<日野原重明先生の言葉>(写真をクリックすると拡大します)

 学生諸君へ

 人生は出逢いと別れの連続です。

 その間に、人間関係があります。

 触発される友だちや先生との出逢いと直接対話・議論を大切にしてください。

 大学4年間、スマホばかりいじって疑似体験してるのは、あまりにももったいない。

 リアルな生体験を通じて、気づき、学び、動き、体験を重ねて成長してください。

 失敗と成功の両体験が重なって「経験」となるのです。

 その経験こそが、ゆるぎない「自信」になるのです。(富士男♪)

 ■「よき友との出会いがあなたを成長させます」(日野原重明)

 ☆新しい世界を☆

 友だちはあなたを新しい世界へと導いてくれます。新しい世界へ足を踏み入れることで人は成長し、若返ります。(スマートシニア全員集合!! 5月17日 5:30 )
                                            出逢い富士♪
<日野原重明関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%FA%96%EC%8C%B4%8Fd%96%BE&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

納得のいかない異動や転勤♪

32147708_1834830443227161_2248795432522088448_n.png
<鈴木茂晴氏の言葉>(写真をクリックすると拡大します)

 鈴木茂晴氏の次の言葉に触発されました。私(富士男♪)が気づき学んだことは、⇒以下の通りです。

■異動や転勤は「試され時」「成長のチャンス」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 納得のいかない異動や転勤を命じられた時こそ「いま自分は試されているのだ」と思うべき。
 与えられた部署、役割の中で最大限の努力をする

 鈴木茂晴(大和証券グループ本社顧問/日本証券業協会会長)
 ――『致知』2018年6月号 連載「二十代をどう生きるか」より 致知出版社5月10日 6:30 ・

 ⇒私も東レ現役時代に、納得のいかない異動や転勤を命じられました。退社覚悟で転勤拒否したくなるほど、当時は悩みました。
まさに自分が試される試練の時でした。信頼できる先輩の一言で、私は不本意な転勤に応じました。今になれば懐かしい苦い想い出です。

 人事の要諦は、次の三点だと私は思っています。(富士男♪)
 1.適材適所の配置、
 2.公正な評価と処遇、
 3.計画的な人材育成
                                                   人事富士♪
posted by 富士男♪ at 18:25| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

「五月病」は大丈夫ですか?

スライド3.JPG 02.jpg 06.jpg
<大学講義資料と「クローズアップ現代+」一場面>(写真をクリックすると拡大します)

 5月10日、NHK「クローズアップ現代+」を視聴しました。今回のテーマは、「眠い ダルい 会社行きたくない …それって五月病!?」というタイムリーな番組でした。https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4127/

 毎年、GW明けに学生たちの一部にも散見される症状なので、私は興味深く拝見しました。
 私(富士男♪)が、気づき(感じ)学んだ(考えた)点は、⇒以下の通りです。


1.みなさん、「五月病」は大丈夫ですか?

 多くの企業や公官庁、学校などの新年度がスタートして一か月、長いゴールデンウィーク(GW)が終わりました。心身ともリフレッシュできた人もいる反面、最近は若者(特に新入生、新入社員)だけではく、中高年にもこの「五月病」が広がっていることがわかってきたそうです。

 この「五月病」は「メンタルヘルス不調」の一歩手前の心身状態の総称です。新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称ですが、病名ではありません。早めに気づいて、改善する人もいますし、放置すると適応障害やうつ病など、重篤(じゅうとく)になる人もいます。

2.「五月病」の症状(例):

 例えば、次のような症状が出たら、要注意です。周りの人も変化に気づいたら声をかけてあげるのも大事です。 

(1)何事をやるにしても面倒くさくなる、億劫(おっくう)になる、中だるみする
(2)不安や焦り、注意散漫、集中できない
(3)体調不良、疲れやすい、眠れない
 
3.「五月病」の対処法(例):

 上記2の症状に対する本人の自覚や周囲の観察、誰かに早めに相談することが大切です。

(1)早寝・早起きする、睡眠を十分とる
(2)友人、家族などに相談する
(3)専門機関(学生相談室、保健室、クリニック)へ思い切って行く

処方として、上記以外にさらに次の3点をお勧めします。

(4)気分転換をする、笑う
(5)自分の長所(強み)を活かし、褒められる、感謝される(ストロークをもらう)
(6)当面の目的と目標を見直し、さらに魅力あるものにする
                                                メンタル富士♪
<メンタル(ヘルス)関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83%81%83%93%83%5E%83%8B&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 17:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

身の程を知る♪

31460785_1658999610883273_5391769684803327982_n身の程を知ることは幸せの近道.jpg hinoharashigeaki.bmp 20664553_1395365957246641_8895397062672394264_n.jpg
<日野原重明先生の「名言」>(写真をクリックすると拡大します)

 日野原重明先生の次の言葉に触発されました。私(富士男♪)にとっての「名言」」です。私が気づき、学んだことは、⇒以下の3点です。

■「身の程を知ることは幸せの近道」(日野原重明)

 ☆願望ではなく希望に生きる☆
 きりのない願望はあなたを幸せから遠ざけます。手に届かないものを無理に手に入れようとせず、与えられた現実を受け入れることが希望を手にする一歩です。(スマートシニア全員集合!!)

⇒1.「身の程を知る」。類語として、自分の程度を知る ・分別をつける ・ 弁(わきま)える ・ 身の丈に合わせる ・ 分相応 ・ 背伸びしない ・ 欲張らない ・ 我を張らない ・ 欲を出さない ・ 分をわきまえる ・ 自分を弁える ・・・などがあります。

2.「身の程を知る」は、賛否両論のある言葉です。あるいは、誤解されやすい言葉です。
 「ほどほどにする」も一長一短があります。マイナス面では、最初からあきらめて、新しいことに挑戦しなくなる、こじんまりまとまってしまう、自分に枠をはめ本気にならない などです。

3.「身の程を知る」は、「中庸」「中道」の思想とも関連します。
 孔子は「中庸は徳の至れるものなり」 と言っています。何事をするにも、やりすぎてはいけない。そうかといって遠慮しすぎるのも良くない。ほどほどに行動するということが、最高の人徳というのです。

 アリストテレスの倫理学では、「中庸」は徳の中心になる概念です。過大と過小の両極端を悪徳とし、徳は正しい中間(中庸)を発見してこれを選ぶことにあるとしました。

 「中庸」の一般用語としては、かたよることなく、常に変わらないこと。過不足がなく調和がとれていること。また、そのさま。「中庸を得た意見」「中庸な(の)精神」(デジタル大辞泉)です。

 「中道」(ちゅうどう)とは仏語で、二つの対立するものを離れていること。不偏で中正の道。原始仏教では苦行と快楽の両極端を退けた考え方です。(デジタル大辞泉)「中道」は、執着を離れ、正しい判断をし、行動すること。釈尊以来、仏教の伝統的スローガンです。(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)(富士男♪)
                                                   分相応富士♪
<関連記事>
●「希望」と知足♪ 2017年08月12日
 http://fujio-dayori.seesaa.net/article/452634829.html
<日野原重明関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%FA%96%EC%8C%B4%8Fd%96%BE&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:03| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする