2018年06月28日

面白まじめ学習法♪ 〜「長所伸展法」その5

スライド1.JPG スライド1.JPG スライド2.JPG
<「あたきび」「面白まじめ」「かんかん」の概念図>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)が大学講義などで10年間、実践してきた「面白まじめ学習法」を紹介しています。
 今回は、「面白まじめ学習法」の一つ、「長所伸展法」の第5回です。
 事例を挙げながら、長所を伸ばして自分らしさを発揮する具体的方法を解説します。

 私は長年、理想のリーダーモデルを研究しています。私が理想とする信頼・尊敬されるリーダーモデル、「面白まじめリーダー」の行動特性は、次の3つです。

 @「あたきび」(温かくて、厳しい)
 A「面白まじめ」(面白いことをまじめにする、まじめなことを面白くする)
 B「かんかん」(まず感じて(イメージして)、次に考える)

 この3つの行動特性と長所伸展法を関連づけて解説します。

1.「あたきび」(温かくて厳しい)と長所伸展法:

 「温かい」とは、相手の成長や幸せをひたすら望む愛情のことです。「温かい」の反対語は、「冷たい」です。両者の違いは、成長を支援する愛情の有無です。

 相手が成長するためには、相手と真剣に向き合い、日ごろの言動をよく観察し、傾聴する必要があります。その結果として、相手の長所(好き、得意、興味)をしっかり見つけられ、伸ばす支援をしてあげることができるのです。

2.「面白まじめ」と長所伸展法:

 「面白まじめ」とは、面白いことをまじめにする、まじめなことを面白くすることです。あるいは、その場の状況に応じて、面白モードとまじめモードを臨機応援に切り替えられることです。

 仕事であれ勉学であれ、面白くするには、自分らしさ、つまり、自分の長所(好き、得意、興味)を思う存分、発揮することです。面白くなれば、やる気度は上がり、本気(まじめ)になります。逆に、本気(まじめ)に取り組めば、さらに面白くなります。

3.「かんかん」(まず感じて次に考える)と長所伸展法:

 「かんかん」とは、いきなり考えない。まず感じて、思い切り自由にイメージ(想像)することです。次に、イメージしたことをじっくり考えるのです。

 「思考」という日本語は、元来、思い(想い)、考えることです。長所を見つけ、伸ばすには、まず、感じてイメージ(想像)することが重要です。これが、自分の長所を活かす本来の「思考法」です。
                                                   長所伸展富士♪ 
<長所伸展法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%B7%8F%8A%90L%93W%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 20:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: