2018年07月01日

自戒のことば♪ 〜「正義」編

s77.jpg
<「ブッダの教えを学ぼう!fbページ」の言葉>(写真をクリックすると拡大します)

 今日から7月、文月(ふづき、ふみづき)です。文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっています。 - Wikipedia

 富士山の山梨県側で1日、夏山シーズンの到来を告げる「山開き」を迎えました。1日朝の標高3776メートルの山頂は、気温が7度前後と肌寒いです。環境省によると、2017年の登山者数は前年比4万人増の約28万4千人だったそうです。世界文化遺産登録5年を迎え、増加する外国人登山客への対応と環境保全が課題となっています。(共同通信社)


 次の「ブッダの教えを学ぼう!fbページ」の言葉に、私は触発されました。私(富士男♪)にとっての「名言」です。私が気づき、学んだことは、⇒以下の通りです。

◆「自分が正義と思ったとき、人間はどれだけでも残酷になれる」

・「正義は人間を最も残虐にさせる」

・「典型的なのは、戦争や、民族紛争、宗教戦争です。 どんな戦争も、自分の正義を主張します。 そして、敵を滅ぼすのは善いことだと教育して戦地に送ります。 」

・「怒りは自己を正当化し、正義になりすまそうとします。 正義のもつ恐ろしさをよくよく自覚しましょう。」

・「聖徳太子は、十七条憲法に「我、必ず聖ならず、彼、必ず愚かなるにあらず。 ともにこれ凡夫(ぼんぶ)のみ」 と言われています。

・「 浄土真宗の開祖・親鸞も、「善悪の二つ総じてもって存知せざるなり」(私には善や悪ということはまったくわからない) と言われています。」
 (仏教辞典/正義は人間を最も残虐にさせる)http://bukkyouwakaru.com/dic/s77.html


⇒自戒の言葉です。「正義」は、何もかもを正当化してしまいかねません。私も若い時から「正義」には懐疑的です。「正義」を振りかざす人をあまり信用できません。

 かつて、「正義」の名のもとに、幾多の戦争や紛争が起こりました。多くの犠牲者が出ました。「正義」は、「独善」「決めつけ」「思い込み」などと紙一重の感じがします。とても危うい言葉なのです。安易に「正義」を振りかざすことは止めましょう。

 仏教では、上記の親鸞の言葉にもあるように、「善」も「悪」も、「勝ち」も「負け」も、「美しい」も「醜い」も、「正しい」も「間違い」も……すべて、人間の分別心が生み出したものであり、絶対的なものではないと諭しています。

 自分が発する言動は、「独善」や「決めつけ」を慎み、つねに謙虚に、深慮して、誠実に対処しましょう。(富士男♪)
                                                 ブッダ富士♪
<仏教関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%95%A7%8B%B3&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:56| 千葉 ☀| Comment(2) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする