2018年07月30日

面白まじめ学習法♪〜「三点要約法」その6

t02200310_0583082113710198847三人寄れば文殊の知恵.jpg 0020030000382筆文字Tシャツことわざ「三つ子の.gif 12627395達磨大師、石の上にも三年のイラスト素材.jpg
<芳村思風氏の一語一絵「三人寄れば文殊の知恵」、筆文字Tシャツ「三つ子の魂百まで」、達磨大師「石の上にも三年」>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)がおすすめする3つの「面白まじめ学習法」を順次、解説しています。

 今回は、3つの「面白まじめ学習法」の中、「三点要約法」の第6回です。私が大学講義などで、「何ごとも3つにまとめる」思考法、「3(三)を活用した学習法」を実践している事例を紹介します。

 私が提唱する「三点要約法」には、「三点活用法」、つまり、「3」(三)を上手に活用した学習法も含めています。今回は、「三点活用法」について、ことわざ(格言)の事例を挙げて述べてみます。いずれも、「3」(三)の重要性を示唆しています。

1.「三人寄れば文殊の知恵」:

 意味は、「凡人であっても三人集まって考えれば、すばらしい知恵が出るものだというたとえ」です。 「文殊」とは知恵をつかさどる菩薩のことで、凡人でも三人で集まって相談すれば、文殊に劣らぬほどよい知恵が出るものだということです。- 故事ことわざ辞典

 理想を言えば、同質の3人よりも異質の3人が集まるほうが発想が広がり、より多くのアイデアが出そうです。3人の専門家が集まると、さらに高度なアイデアが出る可能性が高まります。

 因みに、「三人寄っても下種(ゲス)は下種(ゲス)」という対義語もあります。「バカは何人集まろうがバカ、0×3=0」という意味です。こうならないように留意しましょう。

2.「三つ子の魂、百まで」:

 「幼い頃の性格は、年をとっても変わらないということ」です。「三つ子」とは、三才の子供のこと。転じて幼い子をいいます。 「魂」が「心」「根性」「知恵」、「百」が「八十」「七十」「六十」に置き換わった表現があり、組み合わせによって多くの句があるそうです。- 故事ことわざ辞典

 幼少時の体験や成育環境は、人間形成に大きく影響します。「三つ子の魂」は、能力よりも性格のような精神面や生活習慣を指していう場合が多いようです。

3.「石の上にも三年」:

 意味は、「つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるということ」です。 冷たい石でも三年間座り続ければ暖まることから転じて、何事にも忍耐強さが大切だということです。 「三年」は三年ちょうどの意味ではなく、多くの月日を表しています。- 故事ことわざ辞典

 「自彊不息(ジキョウヤマズ)」という言葉を思い出しました。意味は、「《「易経」乾卦から》自分からすすんでつとめ励んで怠らない」ことです。(デジタル大辞泉) 
                                                   三点活用富士♪
<三点要約法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8EO%93_%97v%96%F1%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis   
posted by 富士男♪ at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

7月の花だより♪ 〜サルスベリ(百日紅)、キョウチクトウ(夾竹桃)

DSC09377.JPG DSC09375.JPG DSC09374.JPG DSC09378.JPG
<紅白混合のサルスベリ(百日紅)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC06805 (1).JPG DSC06795.JPG DSC06807.JPG DSC06792.JPG
<紅色のキョウチクトウ(夾竹桃)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC06802.JPG DSC06799.JPG DSC06800.JPG DSC06797 (1).JPG
<薄紅色のキョウチクトウ(夾竹桃)の花>(写真をクリックすると拡大します)

 台風一過、浦安市内はよく晴れています。暑さが再び、ぶり返しています。

 7月(文月)の花だよりです。

 浦安の自宅近くで、紅白の色が混ざった珍しいサルスベリ(百日紅)の花が、きれいに咲いています。ミソハギ科の落葉中高木で、中国原産だそうです。 - Wikipedia 別名はヒャクジツコウ(百日紅)です。真夏に約百日間(約3か月間)、花が咲き続けることに由来しています。

 自宅近くの愛犬散歩道で、キョウチクトウ(夾竹桃)の鮮やかな紅花が暑さにめげず、健気に咲いています。キョウチクトウ科の常緑低木もしくは常緑小高木です。和名は、葉がタケに似ていること、花がモモに似ていることから由来しています。- Wikipedia

 愛犬散歩道には、きれいな薄紅色のキョウチクトウ(夾竹桃)の花も、まだ健気に咲いています。
                                                   文月🌸富士♪
<7月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82V%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 17:45| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

第50回産業・経営研究会に参加♪

DSC09382.JPG DSC09386.JPG DSC09391.JPG DSC09396.JPG
<今回の会場、汐留芝離宮ビルディングの光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09397.JPG DSC09399 (1).JPG DSC09401 (1).JPG DSC09403.JPG
<第50回「産業・経営研究会」の懇親会@和牛きんかの光景>(写真をクリックすると拡大します)

 7月27日(金) 18:30から、1年半ぶりに「産業・経営研究会」に参加しました。懐かしい面々と浜松町で、久しぶりに再会交流しました。

 今回は、第50回という記念すべき節目の会となりました。特別ゲストとして、元財務事務次官の佐藤慎一さんを講師として招き、ここ数年の日本の財政政策とこれから展望について学びました。とても中身の濃い話題でした。

 勉強会のあと、近くの「和牛きんか」で、美味しい国産(宮城県)牛肉をたっぷりいただきながら、佐藤講師を囲んで懇親会にも参加しました。おかげさまで、愉快に面白まじめ交流できました。ありがとうございました。

*******************************
『第50回産業・経営研究会 開催概要』

◆勉強会の部
【日時】2018年7月27日(金) 18:30-19:50

【場所】東京ガスエンジニアリングソリューションズ(JR浜松町 徒歩2分)601会議室
    東京都港区海岸1-2-3汐留芝離宮ビルディング
    
【講師】佐藤慎一さん(元財務事務次官(2017年7月退職))
  大阪府立天王寺高等学校出身、1980年東京大学卒業・大蔵省入省
  以後、主計局、主税局、大臣官房を歩まれ、
  2012年〜2013年アベノミクスのとりまとめに従事。
  2013年 財務省大臣官房長
  2014年 主税局長
  2016年 財務事務次官

【テーマ】「アベノミクスの軌跡と展望」

◆懇親会の部 20:00-22:00
【会場】「和牛きんか」
    東京都港区海岸1-2-20 ハマサイトグルメ 2F
    https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13219893/
                                                    財政富士♪
<産業・経営研究会関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8EY%8B%C6%81E%8Co%89c%8C%A4%8B%86%89%EF&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 16:07| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

浦安公園の芝生広場とドッグランがオープン♪

DSC05909.JPG 37731905_1845663238846968_8269805682719457280_n岡野 純子.jpg DSC05916.JPG DSC05922.JPG
DSC05917.JPG DSC05925.JPG 37725210_1712357018882395_595209607400390656_n吉村 啓治.jpg
<浦安公園の芝生広場とドッグランのオープンセレモニー>(写真をクリックすると拡大します)

 7月25日、浦安市役所前に整備された「浦安公園」の芝生広場とドッグランが、ようやくオープンしました。9時半からのオープンセレモニーがあり、愛犬2頭を連れて参加しました。

 芝生広場は約5,000平方メートルの広さの開放的な空間で、家族の憩いの場所となります。ドッグランは約500平方メートルで、午前8時から午後7時まで利用できます。
 
 さらに、中央図書館周辺に、緑陰広場や遊具広場などもできる計画です。いざという災害時には、避難広場にもなりそうです。
                                                 ドッグラン富士♪
<ドッグラン関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83h%83b%83O%83%89%83%93&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 01:21| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

半年ぶりの肺がん検診♪

DSC05929.JPG DSC05932.JPG DSC05931.JPG DSC05930.JPG
<順天堂医院へ向かう往路の永代橋付近の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05934.JPG DSC05936.JPG DSC05938.JPG DSC05941.JPG
<御茶ノ水の順天堂医院の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05944.JPG DSC05945.JPG DSC05946.JPG DSC05947.JPG
<帰路、秋葉原駅前のすし屋「銀蔵」の光景>(写真をクリックすると拡大します)

 昨日7月25日、曇り空で少し猛暑が和らいだ中、先週の事前検査に引き続いて、順天堂医院(御茶ノ水)へ、肺がん定期診察を受けに行きました。2016年4月に受けた肺がん開胸摘出手術後、定期的にフォロー検査と診断を受けています。

 昨年まで、3か月毎の検診を順天堂医院(御茶ノ水)で受けてきましたが、今年から半年に一回の採血と胸部X線、胸部CTの定期検診となりました。私の5年間生存率は、70%と言われています。

 一週間前の検査結果を踏まえ、主治医代理の先生の診察を受けました。幸い、今回も「肺気腫はあるが、肺がんの再発・転移はありません」との所見を得ました。家族ともども一安心です。

 帰路、JR秋葉原駅前のすし屋「銀蔵」に立ち寄り、マイカーで送迎してくれた愛妻とランチして帰宅しました。生かされていることに感謝して、これからも一病息災で養生します。
                                                  一病息災富士♪ 
<関連記事>
●肺がん検診と再会交流♪ 2018年07月18日
 http://fujio-dayori.seesaa.net/article/460587697.html 
<肺がん検診関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94x%82%AA%82%F1%8C%9F%90f&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:56| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

7月の花と月だより♪〜ツユクサ、エンジュ、キョウチクトウ、サルスベリ

DSC04391.JPG DSC04388.JPG DSC04400.JPG DSC04399.JPG
<ツユクサ(露草)とエンジュ(槐)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04300.JPG DSC04297.JPG DSC04337.JPG DSC04336.JPG
<白いキョウチクトウ(夾竹桃)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04330.JPG DSC04331.JPG DSC04360.JPG DSC04380.JPG
<薄紅色のサルスベリ(百日紅)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04365 (1).JPG DSC04368 (1).JPG DSC04292.JPG DSC04291.JPG
<23日と21日の上弦の月>(写真をクリックすると拡大します)

 「花」鳥風「月」シリーズです。

 まず、7月(文月)の花だよりです。

 24日、朝の愛犬散歩道の道端に、ツユクサ(露草)がひっそりと咲いていました。街路樹の エンジュ(槐)の花が満開です。白い花が散り始め、地面にも広がっています。

 23日の「大暑」の日、愛犬散歩道の白いキョウチクトウ(夾竹桃)の花が、再び満開です。キョウチクトウ科の常緑低木もしくは常緑小高木です。和名は、葉がタケに似ていること、花がモモに似ていることから由来しています。- Wikipedia

 猛暑や酷暑、炎暑が続きていますが、薄紅色のサルスベリ(百日紅)の花も、暑さにめげずに咲いています。ミソハギ科の落葉中高木で、中国南部原産です。- Wikipedia
 
 次に、7月(文月)の月だよりです。

 23日と21日、夜の愛犬散歩時に、夏の夜空を見上げると、上弦の月がきれいに光り輝いていました。昼間の猛暑に比べると、幾分、凌ぎやすくなります。
                                                   文月🌸富士♪
<7月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82V%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

「猛暑」「酷暑」「炎暑」の中、蝉時雨♪

DSC04392.JPG DSC04385.JPG DSC04323.JPG DSC04319.JPG
<アブラゼミ(油蝉)>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04395.JPG DSC04397.JPG DSC04342.JPG DSC04343 (1).JPG
<セミ(蝉)の抜け殻>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04402.JPG DSC04405.JPG DSC04410.JPG DSC04406.JPG
<猛暑に関する朝日新聞記事>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04339 (1).JPG DSC04340 (1).JPG DSC04349.JPG DSC04352.JPG
<コガネムシ(黄金虫)とカマキリ(蟷螂)>(写真をクリックすると拡大します)

 「暑中」お見舞い申し上げます。

 昨日7月23日は、二十四節気のひとつ、「大暑」(たいしょ)でした。「大暑」とは、暑さが増してきて夏の盛りのころを意味します。「大暑」→「立秋」→「処暑」へと続きます。

 今年は、これまでの記録を更新する「猛暑」「酷暑」が続いています。「命が危険な暑さ」や「災害級の暑さ」、「炎暑」なる言葉も出回っています。 「炎暑」(えんしょ)とは、真夏の焼けつくような暑さのことです。

 炎暑に呼応するように、今年は早々と蝉時雨(せみしぐれ)が絶好調です。朝夕の愛犬散歩時に、自宅近くの林道へ行くと、セミたちの凄まじいほどの大合唱です。喧噪、喧しいほど、セミたちは元気いっぱい鳴き続けています。

 セミ(蝉)の抜け殻も、あちらこちらの樹木の幹や枝に見当たります。コガネムシ(黄金虫)、カマキリ(蟷螂)にも出遭いました。盛夏を実感します。
                                                 セミ(蝉)富士♪
<セミ(蝉)関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Z%83%7E%81i%90%E4%29&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 14:15| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

久しぶりの大阪、「ハルカス」へ初訪問♪

DSC04165.JPG DSC04166.JPG
<20日、姉家族と伴食@サンマルク 八尾山本店>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04171.JPG DSC04173.JPG DSC04175.JPG DSC04176.JPG
DSC04180.JPG DSC04182.JPG DSC04184.JPG DSC04187.JPG
<21日は、姉家族と一緒に「あべのハルカス」へ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04195.JPG DSC04205 (1).JPG DSC04203.JPG
DSC04202.JPG DSC04206.JPG DSC04207.JPG DSC04363.JPG
<姉家族とランチ@大阪マリオット都ホテル57階レストラン>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04208.JPG DSC04201.JPG DSC04200.JPG DSC04209.JPG
<眼下に広がる光景@大阪マリオット都ホテル57階レストラン>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04214.JPG DSC04217.JPG DSC04219 (1).JPG DSC04218.JPG
DSC04220.JPG DSC04231.JPG DSC04232 (1).JPG DSC04235.JPG
<弁天町駅と実弟宅@繁栄商店街>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04242 (1).JPG DSC04244.JPG DSC04249.JPG DSC04251.JPG
<大阪駅と新大阪駅>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04270.JPG DSC04274 (1).JPG DSC04276.JPG
<やっと逢えた富士山シルエット@小田原、相模原付近>(写真をクリックすると拡大します)

 7月20日、とらえもん淡路島合宿の帰路、とらえもん仲間たちと新神戸で別れて、八尾市に住んでいる実姉宅へ立ち寄りました。夕刻、近くのレストラン・サンマルク八尾山本店で伴食交流しました。店内は静かで、ピアノの生演奏がありました。

 翌日21日は、姉家族と一緒に電車で、「あべのハルカス」へ初めて行きました。JR天王寺駅前に、60階300mの日本一の超高層ビルが聳え立っていました。途中、JR鶴橋駅では、珍しい霧シャワーが降り注いでいました。

 見晴し抜群の57階にある大阪マリオット都ホテルのレストランZK(ジーケー)で、美味し和食ランチを7人でいただきました。眼下には、天王寺公園や通天閣、四天王寺があり、遠くには大阪城や生駒山、金剛山などが眺望できました。

 ランチ後、天王寺駅から大阪環状線に乗り、弁天町で下車して、3年前に肺がんで亡くなった実弟宅(繁栄商店街、大阪市港区南市岡)へも立ち寄りました。弟家族は、みな元気で安心しました。

 その後、大阪市バスで梅田駅に出て、新幹線で帰京しました。新大阪駅構内で、やまもとの「すじねぎ焼き」を食べてから、のぞみ号に乗り込みました。

 今回の旅行では、新幹線のE席を予約したにもかかわらず、往復路とも富士山が全く姿を現してくれませんでした。寂しい想いをしていたら、帰路の小田原付近で振り返ると、ようやく夕焼け空に富士山の美しいシルエットが浮かび上がりました。
                                                なにわ富士♪
<大阪関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%91%E5%8D%E3&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 17:36| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

とらえもん夏合宿2018 in 淡路島 その2

DSC03917.JPG DSC03910.JPG DSC03920.JPG DSC03924.JPG
DSC03941.JPG DSC03944.JPG DSC03937.JPG DSC03938.JPG
DSC03947.JPG DSC03932.JPG DSC03956.JPG DSC03965.JPG
<うずしお温泉と松原海岸の光景@慶野松原荘>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04135.JPG DSC03971.JPG DSC03922.JPG DSC03921.JPG
DSC03973.JPG DSC03977.JPG DSC03982.JPG DSC03980.JPG
DSC03990.JPG DSC03993.JPG DSC03994.JPG DSC03998.JPG
<「淡路人形座」の外観と内部@福良港>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04008.JPG DSC04009.JPG DSC04038.JPG DSC04041.JPG
DSC04042.JPG DSC04066.JPG DSC04074.JPG DSC04078.JPG
DSC04091.JPG DSC04097.JPG DSC04106.JPG DSC04116.JPG
<「うずしおクルーズ」@観潮船「日本丸」>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04133 - コピー.JPG DSC04140 - コピー.JPG DSC04141 - コピー.JPG DSC04151 - コピー.JPG
<「淡路島ピザ」@福良(ふくら)マルシェ>(写真をクリックすると拡大します)

  7月19日〜20日、14名が参加したとらえもん夏合宿2018 in 淡路島の二日目の様子を、写真中心に紹介します。

 翌日20日もよく晴れました。慶野松原荘で6時に起床し、泉質のとてもよい「うずしお温泉」に朝風呂してから、松原のあるきれいな砂浜を散策しました。心地よいそよ風と砂浜に打ち寄せる波の音に、癒されました。国の名勝地、日本渚百選、夕日百選に選定されています。

 朝食後、南あわじ市の南端、福良(ふくら)港へ南下しました。まず、「淡路人形座」の立派な劇場で、ライブ感のある人形浄瑠璃を観劇しました。南フランスからも、ビデオ取材班が来ていました。

 その後、福良港から大型の観潮船「日本丸」に乗船して、澄み切った青い海と空の下、「うずしおクルーズ」に参加しました。大鳴門橋下の鳴門海峡で、見応えのある渦潮を間近に見学体験できました。世界遺産の価値は十分あると実感しました。

 福良港へ戻り下船して、近くの「福良(ふくら)マルシェ」でランチしました。私は特産の玉ねぎを山盛りに乗せた美味しい「淡路島ピザ」をいただきました。お土産に、甘くて美味しい玉ねぎと、わかめ煮、玉ねぎスープを買って、帰宅の途につきました。

 今回は東京から遠出の「遠足」でしたが、面白まじめな勉強会の他に、おかげさまで、2日間、淡路島の大自然と食べ物を満喫する充実した旅行となりました。守本南あわじ市長、幹事さんはじめ関係者の皆さん、ありがとうございました。
                                                  とらえもん富士♪
<関連記事>
●とらえもん夏合宿2018 in 淡路島 その1 2018年07月21日
 http://fujio-dayori.seesaa.net/article/460639505.html
<とらえもん(虎会門)関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%C6%82%E7%82%A6%82%E0%82%F1&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 11:21| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

とらえもん夏合宿2018 in 淡路島その1

DSC03807.JPG DSC03814.JPG DSC03816.JPG
<東京〜新神戸>(写真をクリックすると拡大します)
IMG_3362 (1).JPG DSC03822.JPG DSC03823.JPG DSC03826.JPG
DSC03836.JPG DSC03834.JPG DSC03842.JPG DSC03853 (1).JPG
DSC03846 - コピー.JPG DSC03849 - コピー.JPG DSC03847 - コピー.JPG
<明石大橋〜淡路SA〜洲本城〜洲本市内の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03859.JPG DSC03860.JPG DSC03863.JPG DSC03866 (1).JPG
DSC03857.JPG DSC03867.JPG DSC03870.JPG DSC03869.JPG
<南あわじ市役所へ表敬訪問>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03874.JPG DSC03873.JPG DSC03875.JPG DSC03881.JPG
DSC03882.JPG DSC03883.JPG DSC03885.JPG
DSC03894.JPG DSC03895.JPG DSC03896.JPG DSC03899.JPG
DSC03903.JPG DSC03907 (1).JPG DSC03912.JPG
<とらえもん合宿の光景@慶野松原荘>(写真をクリックすると拡大します)

 7月19日〜20日、とらえもん夏合宿2018 in 淡路島に参加しました。
 14名のとらえもん仲間が、南あわじ市にある慶野(けいの)松原荘へ集まり、一泊しました。

 「とらえもん」(虎会門)とは、10年前から東京・虎ノ門界隈に集まって、勉強会や懇親会を自主的に継続している異業種交流会です。ゆるやかで開かれた面白まじめな会です。

 東京から参加した11名は、東京〜新幹線のぞみ号〜新神戸へ到着後、レンタカーで明石大橋を渡り、淡路島に入りました。淡路SA(ハイウェィオアシス)でランチしたのち、洲本城へ立ち寄りました。立派な石垣と絶景の城下町が眼下に広がっていました。

 洲本城を下りて、南あわじ市役所へ表敬訪問しました。守本南あわじ市長は不在でしたが、耐震設計の新庁舎内を見学させていただきました。その後、水田地帯を抜け、宿泊先の慶野(けいの)松原荘に到着しました。

 とらえもん仲間である守本市長も参加して、15分間/人の「一人一話」の勉強会を18時半まで全員やりました。私は3つの「面白まじめ学習法」を話題にしました。夕食懇親会では、美味しいはも(鱧)料理をいただきながら、夜遅くまで歓談しました。

 翌日20日は、6時に起床し、泉質のとてもよい「うずしお温泉」朝風呂してから、松原のあるきれいな砂浜を散歩しました。朝食後、福良(ふくら)港へ南下して、まず淡路人形座で本格的な人形浄瑠璃を観劇しました。

 その後、大型船の「日本丸」に乗船して、青い海と空の下、「うずしおクルーズ」に参加しました。大鳴門橋下で見応えのある渦潮を間近に見学体験してきました。
                                                  とらえもん富士♪
<とらえもん(虎会門)関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%C6%82%E7%82%A6%82%E0%82%F1&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

肺がん検診と再会交流♪

DSC03753.JPG DSC03754.JPG DSC03755.JPG
<御茶ノ水の順天堂医院の外観光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03756.JPG DSC03758.JPG DSC03760.JPG DSC03761.JPG
DSC03762.JPG DSC03763.JPG DSC03764.JPG
<順天堂医院の館内の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03765.JPG DSC03767.JPG DSC03766.JPG DSC03768.JPG
<ミンミンゼミ(蝉)の光景@御茶ノ水橋界隈>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03772.JPG DSC03773.JPG DSC03774.JPG DSC03777.JPG
<山の上ホテルの外観光景>(写真をクリックすると拡大します)

 7月18日13時半、酷暑の中、順天堂医院(御茶ノ水)へ、肺がんの定期検診に行きました。2016年4月に受けた肺がん開胸摘出手術後、定期的にフォロー検診を続けています。

 昨年までは、3か月ごとに受診していましたが、今年からは半年ごとになりました。腫瘍マーカー付きの血液検査と胸部X線の他に、胸部CT検査を受診しました。検診結果は、来週25日の主治医診察の際に判明します。

 御茶ノ水橋界隈では、炎天下、セミ(蝉)の声が一段と大きくなっていました。ミンミンゼミが、神田川の川縁の樹に止まって、元気よく鳴いていました。

 検診を受けた後、歩いて明治大学キャンパスの裏手のある山の上ホテル(千代田区神田駿河台1丁目)へ、久しぶりに行きました。今年2月、心筋梗塞を発症して順天堂医院で手術した友人と、1年ぶりに再会しました。

 お互い近況報告しながら、一病息災で過ごすとともに再会を誓い合って、御茶ノ水駅で別れました。
                                                 検診富士♪
<肺がん関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94x%82%AA%82%F1&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
 
posted by 富士男♪ at 21:08| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

おかげさまで無事、私の誕生日を迎える♪

DSC03732.JPG DSC03733.JPG DSC03730.JPG
<家族と誕生祝会@すし「銚子丸」浦安店>(写真をクリックすると拡大します)

 酷暑の中、京都・祇園祭が最高潮になる「山鉾巡行」の7月17日、おかげさまで無事、私は68歳の誕生日を迎えることができました。

 多くの友人・知人・家族・親戚から心温まる祝辞をいただきました。ありがとうございます。

 そもそも「誕生日」とは、何でしょうか? 私は改めて、三点要約法で感じ(イメージし)、考えてみました。

1.「誕生日」から、私がイメージ(連想)すること:

 「誕生日」⇒昭和世代、片田舎、産声、赤ちゃん、年齢、生年月日、成人、戸籍、本籍、家族、血縁、友人、親戚、孫、祝福、祝辞、贈り物、ケーキ、赤飯、鯛、命日、寿命、長寿、天命、使命、いのち、健康、病気、事故、人生、生き方、歴史、履歴、・・・。

2.「誕生日」の意義:

 私は.「誕生日」の意義は、日野原先生が言うように、「齢を上手に重ね、人として成熟する」節目ではないかと思います。

 「人として成熟する」とは、次の3つではないか。特に、2年前に肺がんを発症して以来、生きているのは決して当たり前でなく、生かされていることに感謝する気持ちが強くなりました。

 (1)「生きている」というより、「生かされていること」に感謝する
 (2)誰かのために、何かをするために生かされている、その使命を自覚する(自利から利他へ)
 (3)生かされている近況を親しい人に知らせ、お互いの元気を確認する

3.「誕生日」の祝辞:

 私は数年前から、友人・知人の誕生日には、次のような祝辞を贈っています。
 
 「○○さん
  誕生日、おめでとうございます♪
  生かされていることに感謝して、自らの使命をさらに果たしてください。
  祝福富士♪
  追記:
  私は2年前の肺がん手術後、一病息災で「面白まじめ」に生かされています。
  私の近況です。http://fujio-dayori.seesaa.net/ 」


 68歳の誕生日を契機に、「面白サイクル」をさらに回してやる気を高め、ストレスを溜めず、免疫力を上げていきたいと思います。喜寿77歳、できれば傘寿80歳まで、面白まじめに元気に生きたい、人間として成熟したいと念じています。念ずれば、花ひらく(坂村真民)。 
                                                  お礼富士♪
<誕生日関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92a%90%B6%93%FA&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:38| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

「海の日」に春学期最終講義と定期試験♪

001011150国交省の「海の日」シンボルマーク.jpg
<国交省の「海の日」シンボルマーク>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03644.JPG DSC03645.JPG
<大学春学期講義「人間関係論」最終講義の光景>(写真をクリックすると拡大します)

 「今日は何の日?気になる日」シリーズです。

 7月16日は、「海の日」で祝日でした。日付は7月の第3月曜日です。「海の日」は、1996年(平成8年)から施行された日本の国民の祝日の一つです。制定当初は7月20日でしたが、2003年(平成15年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日となりました。

 国民の祝日に関する法律(祝日法)では、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としています。国土交通省によると「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけ」といいます。 - Wikipedia

 7月16日は、世の中は祝日にも関わらず、大学は通常の講義がありました。ハッピーマンデー制度で、月曜日の講義回数が減っているのを年間調整するためです。私が担当する「人間関係論」も第14回最終講義を行い、定期試験も実施しました。

 全国で35℃を超える酷暑が続く中、100名の学生が全問記述式の定期試験に熱心に取り組んでいました。毎回の講義で、これぐらい集中して本気になってくれると、もっと講義がやりやすくなるのですが・・・。
                                               「海の日」富士♪
<「海の日」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%81u%8AC%82%CC%93%FA%81v&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<大学定期試験関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%E8%8A%FA%8E%8E%8C%B1&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

面白まじめ学習法♪〜「三点要約法」その5

心構え.jpg スライド1.JPG
<「心構え」の表れ方>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)がおすすめする3つの「面白まじめ学習法」を順次、解説しています。
 今回は、3つの「面白まじめ学習法」の中、「三点要約法」の第5回です。私が大学講義などで、「何ごとも3つにまとめる」思考法、「三を活用した学習法」を実践している事例を紹介します。

 今回は、日常よく使うが目に見えない「心構え」について、三点要約法を活用して述べてみます。
 まず感じ(イメージし)、次に意味を調べ考えて、つまり、“かんかん"してみます。さらに、心構えが表れやすい言動を考えてみました。

1.「心構え」からイメージ(連想)すること:

 まず、私が「心構え」から自由に思い浮かんぶこと、イメージ(連想)することは、次の通りです。

 ⇒態度、姿勢、気概、気骨、覚悟、決意、真剣、本気、やる気、接客、マナー、おもてなし、ホスピタリティ、サービス、武士道、誠心誠意、意気込み、心がけ、・・・。

 いきなり「心構え」を定義するのではなく、発散思考で広く「心構え」をイメージしてみることです。その中に、「心構え」の中核(コア)となる本質が見え隠れしています。

2.「心構え」とは何か?:

 次に、「心構え」の意味を辞書で調べてみました。意味を調べるのは「考える」ことの第一歩です。

 ⇒【心構え】とは、物事に対処する心の準備。覚悟。「いざという時の―」→心掛け - goo辞書
 ⇒【心構え】:心の中での準備。心の用意。「いざという時のためにふだんからの−が必要だ」
       「心構え」に似た言葉(類語):気合 気力 意気 意欲 欲 -大辞林

 上記辞書でのキーワードは、次の通りです。
 心の準備、用意、覚悟。意欲とも関連していることがわかります。

3.「心構え」は、どこに表れるか?:

 「心構え」は目に見えません。しかし、態度や取り組み姿勢、行動に表れやすいのです。「心構え」もよく観察すると、本人の自覚のあるなしに関わらず「見える化」(可視化)されやすいのです。特に次の三点に表れやすいと、大学講義や採用面接を通じて、私は実感しています。

(1)面(つら)構え

  何より顔に表れやすい。何かに打ち込んでいる人や本気になっている人の顔はきりっとして、いい表情をしている。特に目元や口元を観ればよくわかる。

(2)声構え

  声にハリと勢いがある。元気な声でよく通る。ハイ!とはっきり返事する。元気のよい挨拶ができる。自分の意見をハキハキと大きな声で延べる。

(3)字構え

  手書きのレポートや小論を読むと、文字に勢いがある。文字が力強くて、濃く大きい字ではっきりと記述されている。だから、とても読みやすい。
                                                     心構え富士♪
<三点要約法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8EO%93_%97v%96%F1%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis   
posted by 富士男♪ at 10:44| 千葉 🌁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

努力の人♪

13627187_1125711337472412_2306565453198770572_n.png 12004046_960545760655638_716437666352946701_n.png 1896918_920037408039807_5312824650488431048_n.png
<稲盛和夫さんの言葉>(写真をクリックすると拡大します)

 努力の人、稲盛和夫さんの言葉です。私は触発されました。実践してきた人なので、説得力があります。

 努力とは、むやみやたらに動き回ることではありません。明確な目的と目標に向けて、焦らず怠らず、ひたすら尽力することです。

 努力するだけでなく、夢中になることも大切です。夢中になるとは、本気で集中することです。持続することも大切です。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
  誰にも負けない
 努力を重ね、
 夢中になって
 働くことで、
 運命は大きく
 ひらけていく
…………………
 稲盛和夫(京セラ名誉会長)
 月刊『致知』2006年4月号連載「巻頭の言葉」より
                                              努力富士♪
<稲盛和夫氏関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%88%EE%90%B7%98a%95v&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 11:04| 千葉 🌁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

面白まじめ学習法♪〜「三点要約法」その4

スライド1.JPG スライド2.JPG スライド3.JPG
<「三原色」「光の三原色」「色の三原色」>(写真をクリックすると拡大します)
1024px-Flag_of_Italy.svgイタリアの国旗.png 1000px-Flag_of_Germany.svgドイツの国旗.png 900px-Flag_of_France.svgフランスの国旗.png
<イタリア、ドイツ、フランスの国旗>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)がおすすめする3つの「面白まじめ学習法」を順次、解説しています。
 今回は、3つの「面白まじめ学習法」の中、「三点要約法」の第4回です。私が大学講義などで、「何ごとも3つにまとめる」思考法、「三を活用した学習法」を実践している事例を紹介します。

1.「三原色」とは:

 「三原色」とは、割合を変えて混合すれば、すべての色を表すことができる「基本となる三つの色」を指します。3つの基本色を混ぜることによって、すべての色が出せるのは不思議で、面白いですね。

 しかも、光と色では、この基本の3色が異なります。
 ●光の3原色…Red(赤)・Green(緑)・Blue(青)
 ●色の三原色…Cyan(緑みの青)・Magenta(赤紫)・Yellow(黄色)
 それぞれの色の頭文字を取って、光の三原色はRGB、色の三原色はCMYと呼ばれます。(mikurumi cafe)

 基本となる3要素を組み合わせることによって、多種多様な展開が可能になることを示唆しています。重要な3つの基本を抑えれば、何事も無限に可能性が広がる。多様な展開や応用が自由自在にできる。これは、「三点要約法」の魅力や本質を捉えているように私は思います。

 例えば、世界の国旗を観ても、三色旗が結構あります。それぞれの色にも意味を持たせ、三色を組み合わせることによって、さらに国全体として統合の象徴(シンボル)としています。

2.光の三原色:

 光の三原色は、次の三色で構成されています。
 ・Red(赤)
 ・Green(緑)
 ・Blue(青)

 色を混ぜるほど明るくなり、RGBが同時に重なると白く見えることが特徴で、「加法混色」とも呼ばれます。 テレビやパソコンのモニターなどのような発光体では、この三原色を使ってさまざまな色を再現しています。(mikurumi cafe)

3.色の三原色:

 色の三原色は、次の三色で構成されています。
 ・Cyan(緑みの青)
 ・Magenta(赤紫)
 ・Yellow(黄色)

 色を混ぜるほど暗くなり、CMYが同時に重なると黒に近い色に見えることが特徴で、「減法混色」とも呼ばれます。プリンターのインクがCMY+K(黒)なのはこのためで、理論上、CMYKで全ての色を表現できると言うことになります。(mikurumi cafe)
                                                     三色富士♪
<三点要約法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8EO%93_%97v%96%F1%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis   
posted by 富士男♪ at 16:45| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

微笑みのしわ♪

36429747_1736587569791143_7407388430209908736_n微笑みのしわを.jpg hinoharashigeaki.bmp DSC02776 (2).JPG
<日野原重明氏の言葉>(写真をクリックすると拡大します)

 日野原重明氏の言葉に触発されました。私(富士男♪)が気づき、学んだことは、⇒以下の通りです。 

◆「こころの内面は顔に表れます。増やすなら、微笑みのしわを」
   (日野原重明)

☆いつもほほ笑みを☆

 いずれ齢をとって顔にしわが刻まれるなら、微笑みのしわを刻みましょう。いつもニコニコとほほ笑んでいれば、顔には微笑みのしわが刻まれます。(スマートシニア全員集合!!)

⇒「心構え」は、「面構え」に表れます。「面白まじめに生きる」には、「真顔」もいいけれど、「笑顔」も大切です。人間関係を円滑に良好に保つには、真顔と笑顔のバランスをとるようにしたいものです。

 微笑みのしわを増やすには、「にっこり、すっきり、しっかり」の3拍子の心得と実践が、日常生活で必要だと思っています。それが「面白まじめに生きる」ことに通じます。(富士男♪)

                                              面白まじめ富士♪
<日野原重明関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%FA%96%EC%8C%B4%8Fd%96%BE&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:57| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

面白まじめ学習法♪ 〜「長所伸展法」その6

スライド2.JPG スライド1.JPG スライド2.JPG
<「長所とは」「面白サイクル」「がまんサイクル」の概念図>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)が大学講義などで10年間、実践してきた「面白まじめ学習法」を紹介しています。
 今回は、「面白まじめ学習法」の一つ、「長所伸展法」の第6回です。事例を挙げながら、長所を伸ばして自分らしさを発揮する具体的方法を解説します。

1.「好きこそものの上手なれ」:

 私のお気に入りの格言のひとつです。意味は「どんなことであっても、人は好きなものに対しては熱心に努力するので、上達が早いということ」(故事ことわざ辞典)です。 これが長所伸展法の原点であり、本質ともいえます。

 好きなことは長所、得意になる可能性が大です。例えば、私は若いころから音楽が大好きでした。ギターを弾いていました。40歳からピアノを始めました。ギターで習得したコード奏法を活かして、ジャズ曲も少し弾けるようになりました。

 好きだから、繰り返し自発的に練習を重ねるからです。「やらされ感」ではなく、「やるぞ!感」で取り組むから、やる気圧(やる気温)は上がるのです。本気になれば上達は速くなり、成果は出やすくなります。
 
2.「下手の横好き」:

 一方で、「下手の横好き」というのもありますから要注意です。「横好き」とは、上手でもないのにむやみに好むこと。下手なくせに、その物事が好きで熱心であるのは、周囲は少々厄介ですね。好きだけでは、上達しないことがあります。

 例えば、一緒にカラオケに行ったときに、「下手の横好き」の人に限ってマイクを離さず、空気を読めない人がいると、たまったものじゃありません。

 同じ好きなのに、上手になるか、下手のままなのか。この両者の差は何でしょう。 やはり、自分の長所を客観視する視点と謙虚さが必要です。自己満足や自画自賛ではなく、他者の評価を聴いたり、専門家の助言を時々仰ぐことも大切です。

3.「面白サイクル」と「がまんサイクル」:

 長所伸展法を活用して実際に成果を上げるには.「面白サイクル」をぐるぐる回す必要があります。長所を自覚しながら「やるぞ!感」でスタートして、やる気を高め、周囲から評価され、ますます面白くなり、本気になっていく。好循環の成長サイクルです。

 反対に、やりたくないのに「やらされ感」で嫌々スタートすると、「がまんサイクル」が回ってしまいます。嫌々なので面白くなく、アイデアや成果も出ないので評価されない。ますます面白くなくなり、やる気もなくしていく。悪循環の停滞サイクルです。

 どちらのサイクルを回すかで、仕事も勉学も人生も大きく変わってきます。例えば、大学に入学してくる学生も、長所伸展法を活用して「面白サイクル」を回す学生は、どんどん伸びて成長していきます。「がまんサイクル」を回してしまう学生は、伸び悩んでしまいます。同じ大学4年間で、両者の差は歴然となります。
                                                   長所伸展富士♪ 
<長所伸展法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%B7%8F%8A%90L%93W%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 20:10| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

7月の花だより♪ 〜ヤブミョウガ、ニチニチソウ、ヤブカンゾウ

DSC06756.JPG DSC06755砧草 (きぬたそう).JPG DSC06757.JPG
<ヤブミョウガ(藪茗荷)の花@本郷三丁目>(写真をクリックすると拡大します)
DSC06760.JPG DSC06762.JPG DSC06763.JPG DSC06759コリウス(錦紫蘇(にしきじそ)、金襴紫蘇(きんらんじそ).JPG
<ニチニチソウの花とコリウスの葉@三河稲荷神社>(写真をクリックすると拡大します)
DSC06803.JPG DSC06804.JPG DSC06805.JPG
<ハクチョウゲの花@白山通り>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02799.JPG DSC02796薮萱草 (やぶかんぞう).JPG DSC02798.JPG
<ヤブカンゾウの花@自宅前庭>(写真をクリックすると拡大します)

 昨夕9日、愛犬散歩時に、今夏初めてセミ(蝉)の鳴き声、「初音(はつね)」を聞きました。盛夏を実感します。「初音(はつね)」とは、虫や鳥類について、その季節最初に聞こえる鳴き声、特にウグイスの声を意味するそうです。(デジタル大辞泉)

 引き続き、7月(文月)の花だよりです。

 大学本郷キャンパス近くで、珍しいキヌタソウ(砧草)※の白い花に出逢いました。アカネ(茜)科で、目立たない山野草です。そう言えば、路地にひっそりと咲いていました。葉っぱが4枚輪生なのが特徴です。(hana300)

※訂正:この花を調べ直したら、キヌタソウ(砧草)ではなく、ヤブミョウガ(藪茗荷)だと判明しました。ヤブミョウガは、ツユクサ科の多年草、本州の関東地方から九州にかけて分布。海外では、台湾、朝鮮半島、中国などにも分布するそうです。(みんなの花図鑑)

 大学近くの三河稲荷神社(文京区本郷2丁目)の境内には、鉢植えのニチニチソウ(日日草)がきれいに咲いていました。この花は、自宅近くの浦安市立美浜南小学校でも、たくさん見かけます。キョウチクトウ科の一年草です。初夏から晩秋まで次々に花が咲くので、「日々草」というそうです。- Wikipedia
 
 ニチニチソウ(日日草)の周りには、鮮やかな観葉植物のコリウスが囲んでいました。紫蘇(しそ)科でジャワ島原産だそうです。別名は、ニシキジソ(錦紫蘇)、キンランジソ(金襴紫蘇)です。

 大学講義の帰路、水道橋交差点付近の白山通りの道端に、ハクチョウゲ(白丁花)の白い可憐な花がまだひっそりと咲いていました。アカネ科の常緑低木で、原産地は東アジアです。- 花と緑の図鑑-Garden vision

 自宅の前庭に、一か月以上前からヤブカンゾウ(薮萱草)の花がずっと咲き続けています。ユリ科の多年草で、本来は川岸や湿原などに自生しているそうです。長い花茎を立て、上端に朱赤色のユリに似た八重の一日花を次々に開きます。別名はワスレグサ(萱草)です。(大辞林)

                                                   文月🌸富士♪
<7月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82V%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 16:48| 千葉 ☀| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

7月の花だより♪ 〜エンジュ、ムクゲ、ザクロ

DSC02737.JPG DSC02742.JPG DSC02749.JPG DSC02751.JPG
<キダチチョウセンアサガオとエンジュの花@金刀比羅宮 東京分社>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02816.JPG DSC02821.JPG DSC02802.JPG DSC02801.JPG
<紅白のムクゲ(木槿)の花@金刀比羅宮 東京分社>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02825.JPG DSC02808.JPG DSC02807.JPG DSC02823.JPG
<ザクロ(石榴)の花@金刀比羅宮 東京分社>(写真をクリックすると拡大します)

 7月(文月)の花だよりです。

 自宅近くの住宅街に、キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)の大輪が咲いています。ナス(茄子)科で中南米、インド地方原産です。別名は、エンゼル・トランペット(Angel's trumpet)です。

 自宅近くの街路樹のエンジュ(槐)の白い花が咲きだしました。マメ(豆)科で中国原産、仏教伝来の頃に渡来したそうです。中国名を「槐(ファイ)」といいます。(hana300)

 7月9日、大学講義の帰路、「水道橋のこんぴらさん」(金刀比羅宮 東京分社)の境内に、白いムクゲ(木槿)の他に、薄紅色のムクゲ(木槿)の花が咲きだしていました。アオイ(葵)科で中国原産、平安時代に渡来したそうです。中国名を「木槿(ムージン)」と呼びます。(hana300)

 神社の境内には、ザクロ(石榴)の花がまだ咲いていました。西南アジア原産で、日本へは10〜11世紀頃渡来したそうです。(hana300)
                                                   文月🌸富士♪
<7月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82V%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis  
posted by 富士男♪ at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする