2018年04月30日

「昭和の日」に大海へうち出る♪

31464265_2066390186734746_8481094653225992192_n.jpg 31493353_2066389403401491_1219541661458104320_n.jpg DSC02471.JPG 31437394_2066391636734601_2072912849553850368_n.jpg
DSC02452.JPG DSC02461.JPG DSC02467.JPG DSC02460.JPG
DSC02484.JPG DSC02477.JPG DSC02480.JPG DSC02495.JPG
<海釣りを楽しむ@「臼井号」>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02445.JPG DSC02446.JPG DSC02439.JPG DSC02440.JPG
DSC02444.JPG DSC02441.JPG DSC02451.JPG 
<「港の朝市」の光景@大原港>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02430.JPG DSC02509.JPG DSC02433.JPG DSC02522.JPG
<外房線のプチ旅行>(写真をクリックすると拡大します) 

 4月29日は「昭和の日」でした。「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という趣旨で、平成19年(2007)に祝日法により制定されました。もともとは、昭和の時代に「天皇誕生日」、平成の時代になって「みどりの日」という祝日でした。

 「昭和の日」の晴天の下、友人の誘いで、私は外房の大原港(千葉県いすみ市大原)から、初めて太平洋の海原に打ち出でました。大原港の沖合は遠浅の漁場が広がっています。伊勢海老の漁獲量は日本一だそうです。

 28人乗りの大きな釣り船「臼井号」に乗り込み、11時に出港しました。水深40mの遠浅の沖合で、海老で鯛を狙いましたが、残念ながら私の実力では、引っ掛かりませんでした。運よく、マハタとカワハギは私の竿にも食いついてくれました。

 出港当初は太平洋にしては予想外に穏やかな海で、あまり揺れませんでした。ところが、次第に風が出てきて大揺れしだして、船上で悪戦苦闘しました。やはり、東レ愛媛工場時代に船釣りしていた穏やかな瀬戸内海とは大違いです。大きな波のうねりが押し寄せてきます。

 おかげさまで、15年ぶりに海釣り体験を満喫しました。出港前に賑わう「港の朝市」でいただいたタコ飯も絶品でした。今回はJR新浦安駅から蘇我駅で外房線に乗り換え、大原へ向かいました。日帰りでしたが、プチ旅行気分を味わえました。ありがとうございました。
                                                    昭和富士♪
<「昭和の日」関連記事(アーカイブ)>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8F%BA%98a%82%CC%93%FA&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 12:33| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

浦安植木まつり2018 と第85回「志塾」に参加♪

DSC02357.JPG DSC02363.JPG DSC02358.JPG DSC02360.JPG
<第43回「浦安植木まつり」2018 の会場光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02369.JPG DSC02376.JPG DSC02384.JPG DSC02390.JPG
<「浦安・木に親しむ会」の出展光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02405.JPG DSC02407.JPG DSC02412.JPG DSC02409.JPG
<第85回「志塾」@品川シーサイドの光景>(写真をクリックすると拡大します)

 4月28日、快晴の下、第43回「浦安植木まつり」2018 が、浦安市立東小学校校庭で始まりました。今年は、「浦安春まつり」として、「浦安植木まつり」と「カフェテラスin境川」の共同、同日開催となっています。

 私は「浦安・木に親しむ会」のスタッフの一員として、12時から出展場所で、小さなお子さんを含めて、多くの来場者の対応をしました。「この木、何の木?」のクイズ形式で「ハリエンジュ」(針槐、ニセアカシア)を当てるスタンプラリーも実施しました。

 今日の植木まつりは16時に終了して、一旦、歩いて帰宅しました。

 夕方から再び、第85回「志塾」に参加するため、りんかい線で品川シーサイドへ出かけました。今回は『ドラッカーの時間管理術』出版記念セミナーとして、著者の吉松隆氏を招き、同著のエッセンスを解説して頂きました。

 ドラッカーは「成果を上げる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする」と述べているように、時間をたいへん重視しています。世界で21位の日本の労働生産性を上げるためにも、タイムマネジメントはとても需要です。

 おかげさまで、私も、すぐやる、すぐやめる、すぐ調べる、すぐ捨てることを心がけようと改めて気づき、学びました。
 今回は、勉強会後の懇親会は、残念ながら参加できませんでした。
                                                    志塾富士♪
<植木まつり関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90A%96%D8%82%DC%82%C2%82%E8&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<「志塾」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8Eu%8Fm&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:23| 千葉 | Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

「浦安植木まつり」準備と4月の花♪

DSC02286.JPG DSC02287.JPG DSC02289.JPG DSC02303.JPG
DSC02296.JPG DSC02302.JPG DSC02309.JPG DSC02310.JPG
<「浦安植木まつり」2018 の出展準備の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02272.JPG DSC02271.JPG DSC02273.JPG DSC02274.JPG
<ハリエンジュ(針槐)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02267.JPG DSC02266.JPG DSC02270.JPG DSC02268.JPG
<トベラ(扉)の白い花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02281.JPG DSC02279.JPG DSC02322.JPG DSC02327.JPG
<シャクナゲ(石楠花)とシャリンバイ(車輪梅)の花>(写真をクリックすると拡大します)

 4月28日、29日に開催される第43回「浦安植木まつり」2018 の会場準備のため、27日、浦安市立東小学校校庭へ歩いて行きました。「浦安・木に親しむ会」として毎年、テントを借りて出展しています。

 今年は、「浦安春まつり」として、「浦安植木まつり」と「カフェテラスin境川」の共同、同日開催されます。http://urayasu-sanpo.com/31/index.html
http://www.city.urayasu.lg.jp/events/toshiseibi/midori/1022320.html

 4月の花シリーズです。今回は里海うらやすの花です。
 4月27日、好天の下、自宅(浦安市美浜)から「浦安春まつり」会場(市立東小学校)へ行く途中に出逢った花たちです。

 湾岸道路の陸橋周辺は、ハリエンジュ(針槐、ニセアカシア)の花が、見事に満開を迎えています。まるでサクラの花のように、塾目全体が真っ白になるほどです。北米原産のマメ科の落葉高木で、日本には1873年に渡来したそうです。

 美浜街区公園には、トベラ(扉)の白い花がいっぱい咲咲いていました。海楽(かいらく)地区では、シャクナゲ(石楠花)の薄紅色の大輪やシャリンバイ(車輪梅)の白い花に出逢いました。
                                                    卯月花富士♪
<植木まつり関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90A%96%D8%82%DC%82%C2%82%E8&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<4月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=4%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 02:25| 千葉 🌁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

2つの面白交流会♪

DSC02173.JPG DSC02177.JPG DSC02178.JPGDSC02179.JPG
DSC02180.JPG DSC02181.JPG DSC02182.JPG
<「里海うらやす」の友人とランチ交流@「北栄テラス」の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02211.JPG DSC02216.JPG DSC02214.JPG DSC02228.JPG
DSC02221.JPG DSC02224.JPG DSC02229.JPG DSC02225.JPG
<「とらえもん」例会@「田乃休」の光景>(写真をクリックすると拡大します)

 4月26日、晴天の下、「里海うらやす」の友人、瀧井氏と初めて「北栄テラス」(浦安市北栄4-9-3)でランチ交流しました。

 高い天井、大きな窓で明るく、心地のいい空間でした。開放的で、ライブや作品展など、自由に使える多目的スペースでした。

 その足で都内へ出て、18時半から、虎ノ門の居酒屋「田乃休」(港区虎ノ門1丁目1-21)で開催された「とらえもん」(虎会門)定例会にも参加しました。

 「とらえもん」(虎会門)とは、時々、虎ノ門に集まる開かれた異業種交流会です。最近、テレビ取材・放映された二人のとらえもん仲間(加藤さん、守本さん)の話題で、盛り上がりました。

 おかげさまで、16名の「とらえもん」仲間と愉快に面白交流できました♪ ありがとうございました。
                                                  面白まじめ富士♪
<「里海うらやす」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%97%A2%8AC%82%A4%82%E7%82%E2%82%B7&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<「とらえもん」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%C6%82%E7%82%A6%82%E0%82%F1&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 12:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

里海うらやすの4月の花々♪

DSC05908.JPG DSC05909.JPG DSC05912.JPG DSC05913.JPG
<クロマツ(黒松)とトベラ(扉)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05922.JPG DSC05919.JPG DSC05944.JPG DSC00298.JPG
<愛犬散歩道の生垣と自宅前庭のツツジ(躑躅)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC00284.JPG DSC00283.JPG DSC05942.JPG DSC05940.JPG
<近所のコデマリ (小手毬)とオオデマリ (大手毬)の白い花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05924.JPG DSC05925.JPG DSC00293.JPG DSC05943.JPG
<レッドロビン(紅要黐)とモッコウバラ (木香薔薇)>(写真をクリックすると拡大します)

 4月の花シリーズです。今回は里海うらやすの花です。
 4月23日、自宅(浦安市美浜)近くで出逢った花たちです。

 新浦安駅前にクロマツ(黒松)の花が咲いていました。
 駅と自宅間の通勤道に、トベラ(扉)の可憐な白い花が咲きだしました。

 愛犬散歩道の生垣と自宅前庭のツツジ(躑躅)の花が、艶やかに満開です。
 近所のコデマリ (小手毬)とオオデマリ (大手毬)の白い花も満開です。

 近所のレッドロビン(ベニカナメモチ)やモッコウバラ (木香薔薇)の花も、同じく満開です。
 まさに百花繚乱の様相を呈しています。
                                                    卯月花富士♪
<4月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=4%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 12:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

面白まじめ学習法♪ 〜「長所伸展法」その4

スライド1.JPG スライド2.JPG
<「長所伸展法」の3つの視点>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)が大学講義などで10年間、実践してきた「面白まじめ学習法」を紹介しています。
 今回は、「面白まじめ学習法」の一つ、「長所伸展法」の第4回です。
 事例を挙げながら、長所を伸ばして自分らしさを発揮する具体的方法を解説します。

1.「減点主義」より「加点主義」へ

 私は大学講義で.「減点主義」は極力避け、「加点主義」をできる限り多く採り入れています。

 「加点主義」とは、通常よりプラスして何かいいことを自発的にやった場合に、評価得点を加算することです。あるいは、通常(平均)より努力や成果が優れている場合に、きちんと加点することです。

 反対に、「減点主義」は失敗(ミス)したり、人に迷惑をかけたり、努力を怠ったりした場合に、マイナス評価、つまり、減点することです。これを多用すると、失敗を恐れ、新しいことに挑戦しなくなります。

 私が「加点主義」をとる理由は、「長所伸展法」につながるからです。あることに加点すること自体、すでに長所(強み)になっています。また、加点したほうが、本人が喜び、やる気(モチベーション)も上がるからです。

2.「悲観」より「楽観」へ

 「悲観」は感情であり、「楽観」は意志だと言われます。至極「名言」です。「悲観」という感情に、流されてはいけません。「楽観」という馬力のある舟に乗ったほうがいい。

 悲観しだすと、アラ探しと同じで、キリがありません。際限なく、悲観の沼に嵌り込んでしまいます。どんどん消極的になり、発言や行動が億劫になり、できなくなります。希望の灯は消え、諦めの境地になってしまいます。

 「長所伸展法」は、「楽観」という意志を基盤としています。「長所」(強み)の多くは、厳密な客観的事実というより、そのことが好きで、得意である、「私ならできる」という主観(自己肯定感)や自信(自己効力感)から成り立っています。

 このように、「長所伸展法」を積極活用するメリットの一つは、実践していくうちに知らずと、さらなる自信(自己効力感、自己肯定感)につながっていくことです。

3.「後悔」より「反省」へ

 私は学生たちに、「後悔はするな。反省はせよ」と言い続けています。最初は意味の違いが判らず、ぽかんとしていますが、意味の違いが判ると、かれらは合点がいって、しっかりと「反省」するようになります。

 「後悔」しても、何も始まらない。「あの時、どうしてあんなことをしてしまったんだろう」と思うだけでは、何も改善もされない。過去に拘っているだけです。停滞して、暗くなるばかりです。

 「反省」は「後悔」とは大違いです。何が違うのか?一番の違いは、目的が違います。アプローチ方法も違います。過去志向ではなく、未来志向である点です。あの時の失敗や過ちを「反省」して、未来に活かそうとします。

 「反省」する際に重要なことは、未来に活かすために、短所を改善するだけなく、長所を最大限、伸ばすことです。「こうすればうまくいく」という確信は、自分の長所から出てくるものです。ここでも「長所進展法」が活用できるのです。
                                                  長所伸展富士♪ 
<長所伸展法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%B7%8F%8A%90L%93W%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 17:34| 千葉 ☔| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

映画「太陽の蓋(ふた)」上映会&トークライブ♪

29572241_1574207369364028_1390197504226703515_n太陽の蓋.jpg DSC02428.JPG DSC02431.JPG DSC02432.JPG
<映画「太陽の蓋(ふた)」上映会&トークライブの案内書と会場光景>(写真をクリックすると拡大します)

 4月21日19時から、浦安音楽ホール内のハーモニーホールで開催された映画「太陽の蓋(ふた)」上映会&トークライブに参加しました。友人の安部さんと吉村さんから、案内をいただきました。福島原発事故直後の真相を描いたドラマ作品です。

 2016年夏に公開された「太陽の蓋」の上映(90分間短縮版)の後、当事者として招いたゲスト4人によるトークと、参加者との熱心な質疑応答が22時近くまで行われました。

 ゲスト4人とは、菅直人氏(元総理)、田嶋要氏(元原子力災害現地対策本部長)、長浜博行氏(元環境大臣)、橘民義氏(この映画の製作者で、IT企業会長ポールトゥイン・ピットクルーホールディングス椛纒\取締役会長)です。コーディネーターは山田厚史氏(ジャーナリスト)、総合司会は吉村啓治氏(浦安市会議員)でした。

 私(富士男♪)が今回、気づき学んだことは、次の3点です。

1.人類が手に負えない原発の危険性を再認識させる本格的な映画だった。
  その意味で、多くの人にこの映画作品を観てほしい。

2.福島原発事故の教訓がほとんど活かされていないと改めで痛感した。
  迅速な情報公開の必要性をこの映画は伝えている。
  
3.脱原発、自然再生エネルギーへの大胆な政策転換を早く実現する必要性がある。
  自然と人の生活を破壊する原発から手を引き、再生エネルギーの技術開発に官民あげて本腰を入れる。
                                                   脱原発富士♪
<原発関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8C%B4%94%AD&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 14:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

本郷給水所公苑の春バラを楽しむ♪

DSC05654.JPG DSC05669.JPG DSC05749.JPG DSC05760.JPG
<本郷給水所公苑のバラ園の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05672.JPG DSC05656.JPG DSC05663.JPG DSC05670.JPG
DSC05692.JPG DSC05691.JPG DSC05696.JPG DSC05694.JPG
DSC05708.JPG DSC05709.JPG DSC05706.JPG DSC05712.JPG
DSC05719.JPG DSC05741.JPG DSC05740.JPG DSC05738.JPG
DSC05745.JPG DSC05746.JPG DSC05761.JPG DSC05762.JPG
DSC05799.JPG DSC05801.JPG DSC05764.JPG DSC05767.JPG
DSC05831.JPG DSC05827.JPG DSC05829.JPG DSC05830.JPG
<本郷給水所公苑で出逢った春バラ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05690.JPG DSC05753.JPG DSC05824.JPG DSC05826.JPG
<バラ園にある堀口 泰造の彫刻《カルメン》>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05658.JPG DSC05657.JPG DSC05659.JPG DSC05666.JPG
<《カルメン》の周りで、スズメ(雀)が戯れる>(写真をクリックすると拡大します)

 4月23日、大学講義「人間関係論」の第3回講義を終えて、本郷キャンパス近くの「本郷給水所公苑」(文京区本郷2-7)へ立ち寄りました。少し早めですが、春バラ(薔薇)の開花と生育状況を観るためです。

 公苑の洋風庭園にあるバラ園は、春バラ(薔薇)の一部が開花したばかりの状況でした。思っていたより、あちらこちらに美しいバラが咲き出していました。いずれの花も蕾から開いたばかりで、新鮮で瑞々しい感じがしました。

 園内はさわやかなそよ風が吹いていて、とても心地よい癒される空間でした。都心の穴場的バラ園です。春と秋に、二度楽しめます。私は花が大好きですが、バラ(薔薇)の品種名はほとんどわかりません。今日観て、印象に残った美しいバラをお裾分けします。4月の花です。

 この公園は、東京都水道局が管理する本郷給水所の上部の人工地盤上に造成された公苑です。バラ園のある洋風庭園と、川や沼もある和風庭園で構成されています。1976年(昭和51年)12月に開園したそうです。

 堀口 泰造の彫刻《カルメン》を中心に、両側にあるパーゴラや地球儀、時計に囲まれた色とりどりの花が咲き誇るバラ園です。《カルメン》の周囲には、スズメ(雀)が人懐っこく戯れていました。花「鳥」風月です。http://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/midori/kuritukouen/kouen/hongoukyuusuijyokouen.html
                                                  春バラ富士♪
<本郷給水所公苑関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%7B%8B%BD%8B%8B%90%85%8F%8A%8C%F6%89%91&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<4月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=4%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:49| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

面白まじめ学習法♪〜「三点要約法」その3

スライド1.JPG スライド2.JPG スライド3.JPG
<「三点要約法」で作成した講義資料例>(写真をクリックすると拡大します)
スライド8.JPG スライド9.JPG 三点要約法例題.jpg
<「三点要約法」で重点化した講義資料例と出題例>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)がおすすめする3つの「面白まじめ学習法」を順次、わかりやすく解説しています。
 今回は、「三点要約法」の第3回です。
 私が大学講義などで、「何ごとも3つにまとめる」思考法、つまり「三点要約法」を実践している事例を紹介します。

事例4:講義資料を「三点要約法」で作成する

 私の大学での講義資料の大半は、「三点要約法」で作成しています。例えば、1頁のパワーポイントに表示する情報量として、三点ぐらいまでが適量であり、見やすくてスッキリしています。

 作成時も、書く内容を三点に絞ると、頭が整理しやすいのです。また、画面上のレイアウトしやすく、空いたスペースに「図解法」を活用して写真や図なども入れやすくなります。

 このことは、パワーポイント資料のみならず、ワード資料についても同じことが言えます。例えば、講義レジュメを箇条書きするときに、「三点要約法」を活用すれば、とてもわかりやすい構成と見やすい目次になります。

事例5:「三点要約法」で重点化する

 私の講義では、面白まじめ学習法の一つ、「かんかん法」を使ってイメージトレーニングを毎回しています。「連想法」を使って、ある音楽やある用語から浮かんでくるイメージを短い言葉で、短時間にできるだけ多く出す演習を行います。

 たとえば、「人間関係」という言葉から浮かんでくるイメージを、自由に、ありありと場面をイメージして、一分間に20個以上、ノートに書き出す演習です。これはアイデアをたくさん出す拡散発想、発散思考です。質より量が求められます。

 こうして「連想法」で出てきた20個以上の多くの言葉の中から、「人間関係」を感じ(気づき)考える(学ぶ) 、つまり、「かんかん」する上で重要と思われるキーワードを3つ選び、○印をつける。さらに、3つの中から最重要キーワードに◎印をつけるのです。

 このように、いきなり「人間関係」を狭く考えるのではなく、連想法を使って広く感じて(イメージして)から、「三点要約法」を使って3つに重点化、収束するのです。

 学生たちは、自分で選んだベスト3のキーワードを意識しながら、つまり、問題意識や視点を持ちながら、講義の中で気づき、学んでいくことができます。

 講義に対する姿勢や心構えも、漫然と受け身で聞いている「受講」レベルから、注意深く聴きながら発言したり質問をする「参加」レベルに変わる可能性があります。つまり、「聞く」から「聴く」へのレベルアップです。

 この場合の「聞く」は漫然と「聞こえている」状態であるのに対して、「聴く」はある問題意識をもって注意深く集中して耳を傾けている(傾聴)状態です。

 人間が一度に集中できるのは、せいぜい3つぐらいまでです。このように、「三点要約法」は、数多くの情報の中から重点化する手法として、とても有効です。

事例6:定期試験も「三点要約法」で記述する

 「三点要約法」による書く訓練、思考する訓練は、各期末に実施する全問記述式の定期試験でも行っています。正解は一つでない記述式問題に、原則として三点要約で回答することを求めています。

 私の作成する定期試験は、A3版両面印刷の用紙に、4〜5問の問題を出題しています。これを60分間で、どれぐらい自分の言葉で「かんかんしながら書くことができるか、を重点的に採点、評価しています。

 採点、評価するほうも、「三点要約法」できちんと箇条書きでしっかり記述されているほうが読みやすく、採点もしやすくなります。採点時、一番困るのは、箇条書きにせずに、だらだらと長文を乱雑な字で書いてある答案です。

 このように「三点要約法」による文書作成は、記述する人も、読む人も、わかりやすく、しっかりした文章となる可能性が高くなると、私は実感しています。
                                                   三点要約富士♪
<三点要約法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8EO%93_%97v%96%F1%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis   
posted by 富士男♪ at 12:06| 千葉 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

面白まじめ学習法♪〜「三点要約法」その2

スライド2.JPG
<「気づきと学びカード」の様式>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)が10年間、大学講義などを通じて実践してきた、おすすめの3つの「面白まじめ学習法」を順次、わかりやすく解説しています。

 今回は、「三点要約法」の第2回です。
 私は大学講義などで、「何ごとも3つにまとめる」思考法、つまり「三点要約法」を実践しています。

事例1:「気づきと学びカード」の活用

 大学の講義でも、私はこの「三点要約法」を採り入れて、効果を上げています。例えば、履修学生は全員、「気づきと学びカード」を毎回、講義後に提出します。

 A5版横罫線入りのこのカードは、出席票を兼ねた「リアクション・ぺーパー」の一種です。このカードは、毎回「三点要約法」で手書きするため、15回の講義を通じて学生の文章力が各段に向上していきます。

 講義の最初に配布して、日付や氏名を書いたのち、気づきと学びの記述欄を三等分して「1.2.3.」の番号のみを先に入れてもらいます。これで三点要約する心の準備ができます。

 講義後、私はすぐに100名以上のカードを読み込んで、3段階の評価をします。◎と○と無印です。翌週に、復習を兼ねて、優れた気づきと学びを自分の言葉で「三点要約法」できちんと書いている◎カードの要点を実名で公表し、表彰しています。

 このフィードバックによって、みんなの前で褒められた本人のやる気がぐっと上がります。呼ばれなかった他の学生も触発されて、さらに熱心に手書きするようになります。 

事例2:「気づきと学びカード」による手書きトレーニングの効果

 第1〜2回ぐらいまでの講義では、手書きに戸惑い、一行しか書けない学生や、誤字・脱字が多く、乱雑な字や薄くて小さくて弱々しい読みづらい字で書く学生も少なくありません。

 また、当初は、講義で感じた(気づいた)ことや考えた(学んだ)ことを自分の言葉で書くことと、専用ノートに備忘録として書くこととが区別できない学生も正直、多いのです。

 それが、第3〜4回ぐらいから、次第に自分の気づきと学びを自分の言葉で素直に、率直に、わかりやすく、しっかりと書けるようになってくる学生がどんどん増えてきます。

 誤字・脱字も減り、濃く、大きく、丁寧にといった「文字構え」も良くなり、読みやすくなります。もちろん講義中に、記述上の要改善点を指摘し、ある程度の全体指導はします。

 しかし、私の指導よりも、学生たちが手書きで「三点要約法」で書くことに慣れてきて、重点的に整理して書くコツをつかむようです。何より、手書きすることの苦手意識が軽減されるようです。

 講義を重ねるにつれて、◎と〇のカードが増えていくことは、教員の私にとっても嬉しいことです。学生たちも「スラスラ書ける自分」の成長を実感して、書くことに対する抵抗や苦手意識が減り、自信が芽生えるようです。 

事例3:書く能力が上がると、思考力も高まる

 「三点要約法」による書く訓練によって書く能力を上げると、感じて考える能力(かんかん力)が高まる。つまり、思考力が高まり、深まるのです。書く能力と思考力は、連動しています。

 逆に、私の面白学習法の一つである「かんかん法」などによって、感じて考える能力(かんかん力)が上がれば、イメージが次々と湧いてきて、書きたい内容が増え、どんどん書けるようになるとも言えます。

 「気づきと学びカード」が「三点要約法」で書けるようになると、専用ノートに書くことも増えるようになります。私は毎回の講義で、3頁以上、気づいて学んですぐ実践したいことを中心に書くように指導しています。

 書くことが苦にならない。むしろ楽しめるようになれば、しめたものです。それだけ感じる力(右脳)も考える力(左脳)も、勢いよくフル回転している証左です。人間にとって頭を働かせることは本来、「快」であり楽しいことなのです。

 このように、「三点要約法」による書くトレーニングを積み重ねることは、大きな学習効果と人間としての成長をもたらすことを、教育現場を通じて私は実感しています。
                                                   三点要約富士♪
<三点要約法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8EO%93_%97v%96%F1%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis   
posted by 富士男♪ at 00:38| 千葉 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

面白まじめ学習法♪〜「三点要約法」その1

スライド1.JPG スライド2.JPG 4977187102185_00100_500.jpg 
<「三点要約法」の概念図>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)がおすすめする3つの「面白まじめ学習法」の中、「三点要約法」を初めて解説します。私は大学講義などを通じて、「三点要約法」をよく実践しています。

1.「三点要約法」とは

 「三点要約法」とは、何ごとも欲張らずに、3点に簡潔に要約して、わかりやすくスッキリする法、何ごとも3つにまとめる思考法です。「三点要約法」は、優れた経営者やリーダーがよく活用している方法です。三点に要約すると、次のようなメリットがあります。

(1)わかりやすくなる
(2)覚えやすくて、意識(自覚)しやすくなる
(3)馴染みやすくなる結果、実践(行動)に結びつきやすくなる

 何ごとも、あれもこれもと欲張りすぎると、ろくなことがありません。普段、私たちは5〜10の用事を同時にこなせません。どれもが中途半端になりがちです。

 同時にこなせるのは、せいぜい3つ位です。3点に絞って簡潔に要約すると心身ともスッキリして軽くなり、思考も行動もしやすくなります。

2.「三」(3)を使った用語例

 まず、数字の「三」(3)を使った用語をいくつか挙げてみましょう。

 「三脚」、「三輪車」、「三角形」、「三角関係」、「三原色」、「三次元」、「第三者」、「三つ揃い」、「三拍子」、「三三七拍子」、「三種の神器」、「三位一体」、「日本三景」、「三権分立」、「石の上にも三年」、「三つ子の魂百まで」、「三人寄れば文殊の知恵」・・・。

 次に、近江商人の「三方よし」(売り手良し、買い手良し、世間良し)、毛利 元就(もうり もとなり)の「三本の矢」、キヤノンの「三自の精神」(自発、自治、自覚)、本田宗一郎の「三つの喜び」(買う喜び、売る喜び、創る喜び)、ホウレンソウ(報告、連絡、相談) なども有名です。

 さらに、「心技体」とか「真善美」、「守破離」、「仏法僧」など、三つの要素を表す言葉で、全体の要点を簡潔に表現することも少なくありません。

3.「三」(3)という数字のもつ不思議な魅力(長所)

  このように、「三」(3)を使った用語には、次のような共通の特徴があります。これは、この数字の持つ長所(強み)であり、不思議な魅力ともいえるでしょう。

(1)「1,2,3」というように、テンポがよく、リズム感、躍動感がある。語呂合わせしやすい。
(2)「2」は対立しやすいが、「3」は安定して調和しやすく、バランス感もある。
(3)人間が常時、自覚してコントロールできるのは「3」つぐらいまでである。使いやすい。

 この長所や魅力を最大限活用して、簡潔に要点をまとめていくのが、「三点要約法」です。しかも、仕事や勉学など、あらゆる分野でも使える便利な整理・集約法です。 
                                                   三点要約富士♪
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis   
posted by 富士男♪ at 02:12| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

里海うらやすの4月の花♪その2〜海楽公園編

DSC09390.JPG DSC09395.JPG DSC09428.JPG DSC09433.JPG
<ヤエザクラ(八重桜)の花@海楽(かいらく)公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09404.JPG DSC09403.JPG DSC09402.JPG DSC09401突抜忍冬(つきぬきにんどう).JPG
<ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)の花@海楽(かいらく)公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09413浪花茨 (なにわいばら).JPG DSC09415.JPG DSC09414.JPG DSC09412.JPG
<ナニワイバラ(浪花茨)の花@海楽(かいらく)公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09454.JPG DSC09457.JPG DSC09456.JPG DSC09455.JPG
<スズラン(鈴蘭)の花@海楽(かいらく)公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09488.JPG DSC09484.JPG DSC09475.JPG DSC09486.JPG
<シダレザクラ(枝垂桜)の花@海楽(かいらく)公園>(写真をクリックすると拡大します)

 里海うらやすの4月の花シリーズ続編です。

 4月15日、久しぶりに浦安市内の海楽(かいらく)公園を訪れた際に出逢った花々を前回、一部紹介しました。それ以外にも、いろんな花に出逢いました。

 今回は、海楽公園で見かけたヤエザクラ(八重桜)、ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)、ナニワイバラ(浪花茨)、スズラン(鈴蘭)、シダレザクラ(枝垂桜)を順に紹介します。

 よく観察すると、季節の花がどんどん入れ替わっています。一週間も経つと散ったり、枯れたりする花もあります。新しい花が咲きだしていることもあります。

 この地球上にある生物はすべて、日々刻々と変化しています。人間の身体も心も、そうかもしれません。生々流転、無常の世界を実感します。
                                                      海楽富士♪
<4月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=4%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:38| 千葉 ☀| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

里海うらやすの4月の花♪

DSC09260紫蘭 (しらん).JPG DSC09261.JPG DSC09573.JPG DSC09571.JPG
<シラン(紫蘭)の花@浦安市役所>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09274.JPG DSC09281.JPG DSC09312.JPG DSC09310.JPG
<ヤエザクラ(八重桜)の花@浦安公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09327.JPG DSC09326.JPG DSC09335.JPG DSC09332.JPG
<チューリップの花@海楽(かいらく)公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09363.JPG DSC09368.JPG DSC09365.JPG DSC09377.JPG
<ライラック(リラ、紫丁香花)の花@海楽(かいらく)公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09371.JPG DSC09372.JPG DSC09374.JPG DSC09376.JPG
<ヤエヤマブキ(八重山吹)の花@海楽(かいらく)公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09348.JPG DSC09384.JPG DSC09386.JPG DSC09440.JPG
<タンポポ(蒲公英)の綿帽子@海楽(かいらく)公園>(写真をクリックすると拡大します)

 里海うらやすの4月の花シリーズです。

 4月15日、美浜の自宅から浦安市文化会館へ歩いて行く途中に、浦安市役所近くで、美しいシラン(紫蘭)の花を見かけました。帰路にも、美浜街区公園で、この花を見つけました。

 浦安市文化会館でのコンサートが終わって、市役所通りを歩くと、ほぼ完成しつつある浦安公園の前に、ヤエザクラ(八重桜)がまだきれいに咲いていました。

 さらに足を延ばして、やなぎ通りを通り越して、久しぶりに海楽(かいらく)公園へ立ち寄りました。まず目に飛び込んできたのは、少し風変わりなチューリップの花でした。

 公園内を進むと、ライラック(リラ、紫丁香花)の花が目に留まりました。周りにいい香りが漂っています。モクセイ(木犀)科の花で、ヨーロッパ南東部原産だそうです。

 公園内では、先日「しおかぜ緑道」でも見かけたヤエヤマブキ(八重山吹)の花に出逢いました。とても鮮やかな黄色い花で、よく目立ちます。

 公園のあちらこちらの地面に、タンポポ(蒲公英)の綿帽子が広がっていました。「綿毛(わたげ)」とも呼ばれています。種子が付いていて、風に飛ばされて拡散していきます。
                                                 里海うらやす富士♪
<4月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=4%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:48| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

東大の忠犬ハチ公像と根津神社つつじまつり♪

DSC09672.JPG DSC09673.JPG DSC09674.JPG DSC09685.JPG
<「こくわがた」@本郷三丁目>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09695.JPG DSC09701.JPG DSC09703.JPG DSC09709.JPG
<東大赤門〜正門@本郷通り>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09729.JPG DSC09731.JPG DSC09733.JPG DSC09734.JPG
DSC09735.JPG DSC09727.JPG DSC09747.JPG DSC09752.JPG 
<上野博士と忠犬ハチ公@東大農学部>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09764.JPG DSC09765.JPG DSC09768.JPG DSC09772.JPG
DSC09781.JPG DSC09782.JPG DSC09786.JPG DSC09790.JPG
<表参道口から神橋、楼門へ@根津神社>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09793.JPG DSC09797.JPG DSC09798.JPG DSC09805.JPG
DSC09810.JPG DSC09820.JPG DSC09826.JPG DSC09830.JPG
DSC09839.JPG DSC09849.JPG DSC09853.JPG DSC09860.JPG
DSC09890.JPG DSC09894.JPG DSC09902.JPG
<つつじ苑@根津神社>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09958.JPG DSC09968.JPG DSC09972.JPG DSC09980.JPG
DSC09976.JPG DSC09977.JPG DSC09983.JPG DSC09992.JPG
<社殿に参拝@根津神社>(写真をクリックすると拡大します)

 4月16日、春季の大学講義「人間関係論」の第2回を終えて、1号館11階のピアノラウンジでジャズピアノを弾いてから、友人の花情報を得て、根津神社の「つつじまつり」へ思い切って歩いて行くことに気が向きました。

 根津神社恒例の「つつじまつり」は第49回で4月7日〜5月6日の期間、開催しています。私は根津神社に何度か参拝したことがありますが、「つつじまつり」に行くのは初めてです。

 行く途中、本郷三丁目駅近くの本郷通りにある「こくわがた」で、遅いランチを摂りました。定番のあつかけ小うどんにとり天をトッピングして、490円で美味しくいただきました。

 次に、本郷三丁目交差点を渡り、本郷通りを東大本郷キャンパスのほうへ向かいました。広大な東大キャンパスの本郷通りの外周には、高さ15〜20m以上もありそうな立派なクスノキ(楠木)が並んでいて、壮観な光景です。

 さらに本郷通りを進んで、農学部のある弥生キャンパスへ立ち寄りました。この「農正門」を入ってすぐ左側に、有名な秋田犬、忠犬ハチ公と上野博士のリアルな立像が2015年に建立されました。外国人2組が見学に来ていました。都内の観光スポットの一つになっているようです。

 弥生キャンパスの中を通り、野球場グラウンドの脇を抜けて、根津神社へ下りる新坂(S坂、権現坂)の道へやっと出ました。根津神社の「つつじまつり」は、「文京花の五大まつり」の一つで、第49回を迎えます。4月7日〜5月6日の期間、開催しています。http://www.nedujinja.or.jp/tutuji/t.html

 ようやく根津神社に着くと、都内有数のツツジ(躑躅)の名所だけあって、「つつじ苑」には、平日にもかかわらず、外国人も含めて、たくさんの入園者がいました。多種多様なツツジが見ごろを迎えていました。その光景は、多彩で見事で圧巻でした。4月の花です。

 「つつじ苑」内をゆっくり巡った後、根津神社の楼門、唐門をくぐり社殿に参拝しました。拝礼後の御籤は第十番で、great good fortune(大吉)でした。さらに、Illness(病気): You will recover.(回復する)でした。ありがたく、安心しました。

 参拝後、根津駅を通り抜けて、上野動物園池之端門を過ぎて、JR御徒町駅まで歩きました。山手線で東京駅へ出て、JR京葉線で帰宅しました。今日は、本郷二丁目〜東大〜根津神社〜上野公園〜御徒町まで、よく歩きました。
                                                     散策富士♪
<4月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=4%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 01:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

若い芽うらやすコンサートを聴く♪

30571487_1891140480920762_7260734070325223920_n若い芽うらやす春のコンサート.jpg DSC09287.JPG DSC09297.JPG DSC09294.JPG
<若い芽うらやすコンサート@浦安市文化会館小ホール>(写真をクリックすると拡大します)

 4月に入り、私は生(ライブ)音楽づいています。昨夜も大田区民オペラ合唱団の第二回定期演奏会を聴いてきたばかりです。

 4月15日14時から、若い芽うらやすコンサート@浦安市文化会館小ホールへ、歩いて聴きに行ってきました。9人のうらやすの音楽家、音大生によるコンサートです。いずれのソリストも熱演で、聴き応えがありました。

 浦安市教育委員会が後援しています。私も浦安市社会教育委員として応援しています。さらに多くの子どもたちが音楽を身近に感じられるように、生の一音一声を聴かせてあげたいですね♪
                                                    音楽富士♪
<コンサート関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83R%83%93%83T%81%5B%83g&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<社会教育関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8E%D0%89%EF%8B%B3%88%E7&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:40| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

湯島カフェサロンと大田区民オペラ合唱団定期演奏会♪

DSC09184.JPG DSC09185.JPG DSC09187.JPG DSC09188.JPG
<JR御徒町駅から湯島天神へ歩く>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09191.JPG DSC09192.JPG DSC09197.JPG DSC09201.JPG
<湯島天神「女坂」を上がる>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09207.JPG DSC09208.JPG DSC09210.JPG 30728742_10204595865132466_5658117729278983190_nカフェサロン「日本の神道文化にまなぶ“神さまのいる暮らし”」.jpg
<カフェサロンの光景@湯島CWS>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09222.JPG DSC09223.JPG DSC09224.JPG DSC09228.JPG
<下丸子駅前の大田区民プラザ>(写真をクリックすると拡大します)
28577779_2085571058367433_5619858650593433307_n大田区民オペラ‎戴冠ミサ/ランメルムーアのルチア.jpg DSC09239.JPG DSC09241.JPG DSC09244.JPG
<大田区民オペラ合唱団定期演奏会@大田区民プラザ>(写真をクリックすると拡大します)

 4月14日14時から、カフェサロン「日本の神道文化にまなぶ“神さまのいる暮らし”」に参加しました。 会場は、いつものコンセプトワークショップ(CWS)湯島オフィスです。17名の参加者があり、大入り満席でした。

 私は神社が好きです。神社に行くと心が落ち着き安らぐからです。私の五大趣味の中に、寺社参拝が堂々とランクインしています。

 この日もJR御徒町駅から歩き、湯島天神のゆるやかな「女坂」を上って本殿に参拝してから、近くにあるカフェサロンに参加しました。

 おかげさまで、神道(しんとう)について議論する中で、平井かおるさんはじめ皆さんに触発され、新たな気づきや学びを得ることができました。ありがとうございました。

 サロン主宰者の佐藤修さんから、次のようなサロン報告がありました。

 「(前略)私自身は、神様とは毎日出会っていることに気づくと元気が出るというメッセージを、今回は平井さんからもらった気がします。ですから、会おうなどとは思わずに、ただただ「祈る」だけでいいのではないか。

  邪気に満ちた世界で神様を頼る人が増えてしまうと、神様が過労死しかねません。宝くじに当たりますようになどといって、神様頼みするのは我慢して、神様が元気でいられますようにと、神様のために自分に何ができるかを考えて、祈るのがいいと思っています。」(佐藤修さん)https://www.facebook.com/groups/557493344392535/permalink/1097205577087973/

≪湯島カフェサロンの概要≫

○日時:2018年4月14日(土曜日)午後2〜4時
○場所:湯島コンセプトワークショップ
○テーマ:「神さまのいる暮らし 日本の神道文化にまなぶ」
○平井かおるさん(日本の神道文化研究会会員)


 16時半になって私だけ中座して、再び御徒町へ下り、JR京浜東北線で蒲田駅へ向かいました。東急多摩川線に乗り換えて、初めて下丸子駅で下車して、駅前の大田区民プラザ大ホールへ行きました。

 友人の佐藤久夫さんが出演する大田区民オペラ合唱団の第二回定期演奏会に招待されました。演奏プログラムは、次の2曲でした。

◆戴冠ミサ(M.A.モーツァルト作曲 k.317)
◆歌劇「ランメルムーアのルチア」抜粋(G.ドニゼッティ作曲)

 私は前列二列目で聴きましたが、プロのソリストを含めて、迫力のある熱演でした。やはり生(ライブ)の演奏は熱意が伝わってきて、いいですね。佐藤さん、ありがとうございました。
                                                   はしご富士♪
<サロン関連記事>  
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83T%83%8D%83%93&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<合唱団関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8D%87%8F%A5%92c&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 01:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

冨士霊園墓参と富士三昧♪

DSC09052.JPG DSC09062.JPG DSC09072.JPG
DSC09084.JPG DSC09094.JPG DSC09097.JPG
<東名高速道路からの富士山>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09112.JPG DSC09117.JPG DSC09119.JPG
<国道246号線からの富士山>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09122.JPG DSC09120.JPG DSC09123.JPG
<道の駅「ふじおやま」>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09125.JPG DSC09130 (1).JPG DSC09132.JPG DSC09138.JPG
DSC09140 (1).JPG DSC09144 (1).JPG DSC09148 (1).JPG
<墓参@冨士霊園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09156 (1).JPG DSC09157 (1).JPG DSC09158.JPG
<流れ鮨のランチ@沼津魚がし鮨御殿場店>(写真をクリックすると拡大します)

 4月13日、マイカーで冨士霊園へ墓参に行きました。愛妻と愛犬たちと一緒です。今回は大阪から遠路はるばる実姉夫婦も墓参に来てくれました。

 幸い、朝からよく晴れ、東名高速道路や富士霊園からも富士山が、昼過ぎまでよく眺望できました。東名御殿場ICに近づくにつれて、富士山はどんどん大きくなっていきます。

 今回はまず、東名沼津ICで下りて、JR三島駅北口(新幹線口)へ姉夫婦を迎えに行きました。合流した後、国道246号線を北上して富士霊園に向かいました。

 途中、御殿場市内を過ぎて、道の駅「ふじおやま」へ立ち寄り、供花と富士山の湧水を補給しました。金太郎の発祥の地として有名です。ここからも冠雪した富士山がよく観えました。

 冨士霊園(静岡県駿東郡小山町大御神888-2)に着くと、残念ながら、メイン通りのソメイヨシノ(染井吉野桜)は見事に散っていました。例年より、一週間ぐらい満開が早かったようです。

 大阪から来た姉夫婦とともに、花を供え、線香をあげ、合掌しました。3年前に相次いで亡くなった母と弟も、きっと喜んでくれているでしょう。

 墓参後、三島方面へ下りる際、国道246号線沿いの「沼津魚がし鮨」御殿場店(御殿場市神場1268)へ立ち寄りました。姉夫婦と愛妻と一緒に美味しい流れ鮨をランチしました。

 この後、JR三島駅までマイカーで見送りました。私たちは再び、東名沼津ICから入り、東名高速〜首都高速道路を通って、17時過ぎに無事帰宅しました。
                                                    墓参富士♪
<冨士霊園(富士霊園)関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%95x%8Em%97%EC%89%80&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<富士山関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%95x%8Em%8ER&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 01:29| 千葉 | Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

市原市の土砂災害避難訓練調整会議へ参加♪

DSC09002市原市土砂災害避難訓練.JPG DSC09003.JPG DSC09005.JPG DSC09006.JPG
<市原市土砂災害避難訓練の調整会議@市原市役所>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09008.JPG DSC09013.JPG DSC09019.JPG DSC09021.JPG
<6月の訓練会場@有秋東小学校>(写真をクリックすると拡大します)

 4月11日13時半から、市原市役所で開催された平成30年度市原市土砂災害避難訓練の関係機関調整会議に、日本救助犬協会浦安チームを代表して、愛妻と参加しました。

 市原市は人口27万人(千葉県内で6位)で、面積はなんと368㎢もあり、県内で断トツ1位です。浦安市の面積(17㎢)の21倍以上の広さです。

 会議の後、6月本番の訓練会場である市原市立有秋東小学校へ現場視察に行きました。往路は京葉自動車道〜館山自動車道を走りましたが、帰路は広大なコンビナートが続く国道16号線、357号線を通って帰りました。

                                                   救助犬富士♪
<救助犬関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8B%7E%8F%95%8C%A2&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:06| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

春の面白ライブ交流会@カフェ・アルバート♪

DSC09037.JPG DSC09038.JPG DSC09039.JPG DSC09040.JPG
DSC09041.JPG DSC09042.JPG DSC09046.JPG DSC09043.JPG
1523461811070.jpg 1523461804758.jpg 1523461797757.jpg 1523494436748.jpg
1523494402599.jpg 1523494426288.jpg 1523461791854.jpg
DSC09045.JPG DSC09047 (1).JPG DSC09050 (1).JPG
<春の面白交流会♪@カフェ・アルバートの光景>(写真をクリックすると拡大します)

 4月11日(水)19時から、高田馬場にある行きつけのカフェ・アルバートで、春の面白交流会を開催しました。2009年から、この居心地のいい非日常空間で、生音楽を楽しみながら面白まじめ交流会を年3〜4回開催しています。http://ozsons.jp/ALBERT.htm

 今回は、気の合う面白い仲間たち11人(臼井、薄井、白ケ澤、斎藤、太田、福山、青山、コールさとう、寺澤、富士男♪、敬称略)が集まりました。なんと新人3名も参加しました。ママさんの美味しい手作り料理と美酒をいただきながら、自己紹介や近況報告などを楽しく語り合いました。

 ハーモニカと歌とピアノとパーカッションでいきなりセッションをやったり、ピアノ&クラリネットの生演奏やスピーチのBGMライブも交えました。おかげさまで、今回も2時間半、愉快に面白まじめ交流ができました。ありがとうございました。

 次回は、7〜8月頃に、真夏の面白ライブ交流会を開催するつもりです。
                                                  アルバート富士♪
<カフェ・アルバート関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83%8B%83o%81%5B%83g&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 01:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

しおかぜ緑道の花♪

DSC07924.JPG DSC07922.JPG DSC07923.JPG
<端午の節句の飾り物>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07930.JPG DSC07931.JPG DSC07932八重山吹 (やえやまぶき).JPG DSC07933.JPG
<「しおかぜ緑道」とヤエヤマブキ(八重山吹)>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07925.JPG DSC07926.JPG DSC07927.JPG DSC07928.JPG
<マツ(松)の花とベニカナメモチ(レッドロビン)の蕾>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07938.JPG DSC07937.JPG DSC07939.JPG DSC07942.JPG
<ヤエザクラ(八重桜)とモッコウバラ(木香薔薇)の花>(写真をクリックすると拡大します)

 4月10日、近く(浦安市堀江)にいる初孫(渕野 岳)に逢いに行きました。おかげさまで、にっこり笑ってくれました。やはり、孫はかわいいです。端午の節句の彫り物が飾られていました。

 里海うらやすの4月の花です。

 帰路、「しおかぜ緑道」を少し散策しました。珍しいヤエヤマブキ(八重山吹)の黄色い花に出逢いました。その他、マツ(松)の花や、生け垣 ベニカナメモチ(レッドロビン)の蕾も見かけました。

 市役所通りには、ヤエザクラ(八重桜)の花が、自宅近くでは、モッコウバラ(木香薔薇)の花が、きれいに咲きだしていました。
                                                  卯月花富士♪
<4月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=4%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 09:17| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする