2018年02月28日

面白まじめ学習法♪ 〜「かんかん法」その4

1964935_484792828293775_1680859065_n「無理をするな 素直であれ」(種田山頭火) .jpg img01種田山頭火.jpg
<山頭火の名言>(写真をクリックすると拡大します)
1900135_712979615414755_1128621201_nアイルトン・セナ.jpg 41iRqQZLjjLアイルトン・セナ.jpg
<アイルトン・セナ>(写真をクリックすると拡大します) 
スライド1.JPG スライド6.JPG
<「面白まじめ」の概念図>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)が10年間、大学講義を通じて実践してきたおすすめの3つの「面白まじめ学習法」を順次、わかりやすく解説しています。

 おすすめの3つの「面白まじめ学習法」とは、次の3つです。
1.かんかん法 (まず感じて、次に考える思考法)
2.長所伸展法 (長所を伸ばして、自分らしさを発揮する法)
3.三点要約法 (3点に簡潔に要約して、わかりやすくする法)

 今回は、「かんかん法」の第4回です。私は大学講義で、次のような「まず感じて、次に考える」思考法、つまり「かんかん法」を実践しています。

事例7:「無理をするな 素直であれ」(種田山頭火)

 2014年2月の「生命(いのち)の言葉」でも紹介された放浪の俳人、山頭火らしい簡潔な言葉です。私は共感し、触発されました。私も無理をせずに、いつも素直でありたいと思います。

 自分の本心と違うことをする、つまり無理をすると、しんどい。重苦しくなります。自分の気持ちに正直、つまり素直になると、自分らしく、人間らしく生きていける・・・。私はそのように解釈しました。

 素直とは、あるがままに感じることです。まず感じて、次に考える「かんかん法」にとって、大切にしたい第一歩です。ここで無理すると、考え方も理屈っぽくなったり、歪んできたりすることがあります。

 人間は思い込みや決めつけをしやすい動物です。勝手な思い込みや決めつけを、心理学では「感情の壁」(ブロッキング)と言います。心の通う対話・交流を阻害する一大要因です。

 先入観や偏見など、「感情の壁」を持たずに、素直にありのままに感じてイメージしたことを、まず自由にたくさん描き出してみる。ここから、「かんかん」思考を始めましょう。

事例8:「常に自分をオープンにしておくんだ」(アイルトン・セナ)

 ブラジルが生んだ偉大なF1ドライバー、セナのことを、私は今でも忘れられません。セナはF1レースで何度も優勝している天才ドライバーでしたが、常に控えめで驕ることのない人でした。

 次のような謙虚さや真摯な態度が実に素晴らしい。この心構えが危険予知にもつながっていたのだろう。これも「素直に感じる」大切さの一例かもしれません。1994年のあのレース事故死が信じられません。

 「かんかん法」には、五感を磨き、フル動員して鋭敏に反応する「感じる力」が必要です。観察力や傾聴力も重要です。感じる力が鈍ると、イメージする力が弱まり、考える力も深まりません。

 「自分が感じていることは、正しくないかもしれない。もしかしたら、自分の五感すべてが間違っているのかもしれない。だから、常に自分をオープンにしておくんだ。あらゆる情報や、たくさんの知識を、受け入れられるように。耳を傾けて、新しい情報を、聞き逃さないように。そうすれば人間も、マシンも、徐々に限界を超えていけると、僕は信じているんだ。」
(アイルトン・セナ/「人生と経営に役立つ名言・格言・いい言葉」2014年2月28日)

事例9:わくわくドキドキすることは「面白い」 

 「かんかん法」では、わくわくすることやドキドキする時間を大事にします。一番よく高揚して感じている時だからです。イメージやアイデアがどんどん湧いてくる時だからです。

 どんな時にわくわくドキドキしますか。好きなことや得意なことをしている時、あるいは、興味・関心があることをしている時です。つまり、長所(強み)や自分らしさを思う存分発揮している時は、わくわくドキドキします。

 私は「面白い」とは、わくわくドキドキする状態だと思っています。知的興奮(excitig)につながる感情です。人は「面白い」と感じるとき、幸せ感を感じ、やる気や元気が高まります。成長するチャンスです。

 私が「かんかん法」と並んで、おすすめする学習法の一つ、「長所伸展法」は、大いに「感じて」イメージして、人生も仕事も勉学も面白くする方法です。こんなところで、「かんかん法」とつながっています。

 まじめなことを面白くする。あるいは、面白いことをまじめ(本気、真剣)にする。これは「感じる力」を高め、「かんかん法」によって思考力を高めます。

                                                  かんかん富士♪
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<かんかん法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%A9%82%F1%82%A9%82%F1&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 17:31| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

何のために大学へ行くのか♪

DW2DrF0VoAAxZIS.jpg
<色々と考えさせられる立て看板@京都大学>(写真をクリックすると拡大します)

 受験シーズンです。
 TwitterとFacebookで、面白まじめ画像♪ 〜受験編 を見つけました。
 私は触発されました。私にとって「名言」です。
 私(富士男♪)が気づき、学んだことは、⇒以下にコメントしました。

■「受験生の皆さんへ」
 
「偉い人の言うことがすべて
 正しいなんでありえない。
 偉い人は自分の立場を
 守るために平気でうそをつくし、
 真実をもみ消そうとする。
 だから、人の言ったことを
 安直に信じるのではなく、
 自分の力で審理を
 探求し、自分の考えで
 物事を判断してほしい。
 真実は自分の目で
 確かめるものです。
 大学とは、そういう
 場所だと思います。
 試験がんばってください。
 京大の今を憂う
 一京大生」
(色々と考えさせられる立て看板。#京都大学 #二次試験 なる@なか卯通い決定‏ @naruKG95)

⇒何のために大学へ行くのか。
 受験前に「かんかん」(感じて考える)してほしい大きな命題です。

 ただ何となく・・・。
 友達がみんな行くから・・・。
 
 就職する時に有利になるから・・・。
 社会に出る前にもっと自信をつけたいから・・・。

 好きな地球物理学をもっと勉強したいから・・・。
 医者になってがん患者を救いたいため・・・。
 教員になって子どもたちの成長支援をしたいから・・・。

 いずれにせよ、どうせ行くなら
 何らかの目的や目標を持って受験してほしい。

 そして大学4年間で、自分の長所(強み)を見つけ、
 伸ばして、社会に出てから活かして。

 それにしても、大学のタテカン(立て看板)は懐かしい。
 京都での4年間、わが青春時代をつい思い出しまった。
 あの日々は戻ってこない。(富士男♪)
                                                  タテカン富士♪
<受験関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8E%F3%8C%B1&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 12:37| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

救助犬富士見訓練場と大宮氷川神社、天然戸田温泉♪

DSC01177.JPG DSC01174.JPG DSC01176.JPG
<26日、日本救助犬協会の富士見訓練場>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01178.JPG DSC01179.JPG DSC01180.JPG DSC01181.JPG
DSC01182.JPG DSC01183.JPG DSC01184.JPG DSC01186.JPG
DSC01187.JPG DSC01188.JPG DSC01189.JPG
<26日、大宮氷川神社>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01190.JPG DSC01193.JPG DSC01194.JPG DSC01195.JPG
<26日、天然戸田温泉「彩香(さいか)の湯」>(写真をクリックすると拡大します)
 
 2月26日、愛犬4頭と愛妻と一緒にマイカーで、埼玉県富士見市にあるNPO法人日本救助犬協会の富士見訓練場(埼玉県富士見市下南畑芝原4183-4)へ行きました。浦安訓練場の倍以上の広さと充実した災害救助犬用の訓練設備があります。http://www.kinet.or.jp/kyujoken/n01_shi.html

 帰路、初めて大宮氷川(ひかわ)神社へ足を延ばしました。神社へ行く途中、道に少し迷い、広い境内へ到着したのが17時過ぎでした。冬季(2月まで)は閉門が17時とは知らず、本殿境内へ残念ながら入れませんでした。今回はご縁がなかった。出直すしかありません。

 2400年以上の歴史をもつといわれ、大いなる宮居として「大宮」の地名の由来にもなった日本でも指折りの古社。武蔵一宮として関東一円の信仰を集め、初詣には多くの参拝客で賑わいます。氷川神社名の社は大宮を中心に、埼玉県および東京都下、神奈川県下におよびその数は280数社を数えます。 http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/

 大宮氷川神社から国道17号線を東京方面へ走り、途中、天然戸田温泉「彩香(さいか)の湯」へ立ち寄り入浴してきました。地下1500mから汲み上げた42℃の源泉を加熱・加水なしで掛け流した「生源泉」露天風呂は、特に気に入りました。http://www.saikanoyu.com/

                                                    温泉富士♨
<救助犬関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8B%7E%8F%95%8C%A2&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<神社関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90_%8E%D0&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<温泉関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%B7%90%F2&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:58| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

餃子と温泉銭湯♪

DSC01145.JPG DSC01147.JPG image-picariel(アリエル・空気の精)に接続尾『o』をつけ、音感に親しみを込め、ario(アリオ).jpg  
<23日、「餃子の王将」@アリオ葛西でランチ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01148.JPG DSC01150.JPG DSC01157.JPG 1558514_690935014297116_983043427_nお湯の富士.jpg
<23日、江戸川区船堀にある天然温泉銭湯「乙女湯」>(写真をクリックすると拡大します)
 
 2月23日の「富士山の日」、昨年11月にリニューアルオープンした「アリオ葛西」(江戸川区東葛西9丁目)へ、愛妻とマイカーで初めて行ってきました。アリオモールとイトーヨーカドー葛西店から成る巨大な複合商業施設で、駐車台数がなんと1,850台もあります。

 賑わっている店内の「餃子の王将」で遅いランチをしたのち、近くの天然温泉銭湯「乙女湯」(江戸川区船堀7丁目3)へ、久しぶりに立ち寄り入浴してきました。泉温41度の黒湯露天岩風呂と隣接するする22度の黒湯水風呂に交互に入ると、とても気持ちよく、身体が軽くなります。

 旧江戸川を挟んで浦安市に隣接する江戸川区は人口69万5千人、未だに立派な銭湯が36軒も健在です。大田区とともに黒湯などの天然温泉銭湯もあり、「銭湯王国」です。区民ニュースで、「そうだ!銭湯へ湯こう!!」という動画もあります。
 https://www.city.edogawa.tokyo.jp/san_jigyosya/sento/sento/map/index.html
 http://www.news.city.edogawa.tokyo.jp/movie/movie1772.html

 江戸川区浴場組合には「湯らり江戸川」というホームページがあります。時々「東京ニューヨーク寄席」をやったり、「お湯の富士」(江戸川区浴場組合のイメージキャラクター)もいて、Facebookもあります。
 http://www.oyunofuji1010.com/
 https://www.facebook.com/oyunofuji

■ アリオ葛西(江戸川区東葛西9丁目3-3)について

 セブン&アイ・ホールディングスが昨年2017年11月17日、イトーヨーカドー葛西店を大幅刷新し、「アリオ葛西」としてリニューアルオープンした。アリオモールとイトーヨーカドー葛西店から構成された巨大な複合商業施設で、駐車台数は、なんと1,850台もある。

 ario(アリオ)とは、ariel(アリエル・空気の精)に接続尾『o』をつけ、音感に親しみを込め、名付けた。コンセプトは、次の4つ。http://www.ario-kasai.jp/web/about/index.html
 a(amusement:娯楽)
 r(relaxation:健康/安らぎ)
 i(information:情報発信)
 o(originality:創造性)
                                                    銭湯富士♪
<銭湯関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%91K%93%92&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 14:46| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

皇太子の誕生日と「富士山の日」♪

main_60931e34-6eaf-40fb-a09e-91574456f9a0【速報】皇太子さま58歳の誕生日会見内容.jpg
<皇太子さま58歳の誕生日会見>(写真をクリックすると拡大します)
1375082_434114736694918_1368284798_n小田嶋 孝司.jpg 28168467_1352263111546738_2258388128739475613_n.jpg 
<2月23日、裾野からの厳冬富士 by 小田嶋 孝司さん>(写真をクリックすると拡大します)
28168295_2043380489009973_641040040663557097_n2月23日午後5時10分、静岡新聞 本社から撮影.jpg
<2月23日17時10分、静岡新聞本社から、静岡新聞ニュース>(写真をクリックすると拡大します)

 「今日は何の日?気になる日」シリーズです。

 2月23日は、「富士山の日」でした。平成25年6月に富士山が世界遺産に登録されました。静岡県と山梨県では、富士山の豊かな恵みに感謝するとともに、富士山を後世に引き継ぐことを期する日として、2月23日を「富士山の日」として定めました。

 2月23日は、皇太子さま58歳の誕生日でもありました。おめでとうございます。休日ではありませんが、富士山と皇太子さまの誕生日を祝い、感謝する大事な「祝日」です。

 皇太子さまの58歳の誕生日に合わせて行われた記者会見での発言は、実直で温かい言葉で満ちていました。天皇陛下が来年4月30日に退位され、殿下は同年5月1日に即位されることが決まりました。

 皇太子さまの誕生日会見(全文、毎日新聞社)と会見の動画(NHKニュース)はコレ↓です。
 https://mainichi.jp/articles/20180223/ddm/010/040/005000c
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180223/k10011339631000.html

 私にとって富士山は、かけがえのない存在です。「富士山のように、美しく、堂々と生きたい」という願いを込めて、「富士男♪」を名乗っています。私の信念の一つにもなっています。富士山は、天皇陛下や皇太子と同様に、日本の、そして日本人の象徴的存在です。

 友人からの富士山♪です。富士山ろくに別荘を持つ友人の小田嶋 孝司さんから、「富士山の日」の朝のとれたれの富士山が届きました。ありがとうございます。

 静岡新聞ニュース(アットエス)に、2月23日午後5時10分、鈴岡新聞社本社から眺めた「富士山の日」のうっすら富士♪が紹介されていました。少しでも姿を見せて良かったと思います。

                                                    祝福富士♪ 
<「今日は何の日?気になる日」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8D%A1%93%FA%82%CD%89%BD%82%CC%93%FA&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<「富士山の日」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%95x%8Em%8ER%82%CC%93%FA&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 21:01| 千葉 | Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

面白まじめ学習法♪ 〜「長所伸展法」その3

drucker-E38389E383A9E38383E382ABE383BCE3818BE38289E697A5E69CACE381AEE88BA5E88085E381B8E381AEE383A1E38383E382BBE383BCE382B8E299AA.jpg souitiro.jpg imagesおもしろおかしく.jpg 
<ドラッカー、本田宗一郎、堀場製作所の社是>(写真をクリックすると拡大します)
スライド2.JPG 12495_1030321790344701_5767784504121059845_n【ドラッカー7つの教訓】.png
<短所から長所への飛躍、「ドラッカー7つの教訓」>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)が大学講義などで10年間、実践してきた「面白まじめ学習法」を紹介しています。
 今回は、「長所伸展法」の第3回です。事例を挙げながら、長所を伸ばして自分らしさを発揮する具体的方法を解説します。

1.長所伸展法が「マネジメント」の要諦

 ドラッカーは、組織や個人の長所(強み)を引き出し、伸ばして成果を上げるのが、「マネジメント」の要諦だと言っています。実際、長所伸展法で仕事をするほうがずっと面白く、やる気が出て成果が出やすい、つまり、生産性が高くなるのです。

 例えば、本田宗一郎も生前、「得手に帆を上げて」と得意なことに専念し、不得意なことはその道の専門家(プロ)に任せていたのです。経営も技術もピカイチという社長(経営者)は滅多にいません。

 他の事例では、「おもしろおかしく」の社是を持つ堀場製作所などの京都系のオンリーワン企業群は、規模のナンバーワンではなく、技術や品質でのオンリーワン(独自性)を追求して、世界的に高いシェアを誇っています。

 このオンリーワン(独自性)こそ、その企業(組織)の得意とするところ、つまり長所(強み)を活かした経営であり、競争力の源泉なのです。「長期伸展法経営」とも言えます。

2.中途半端な短所改善は止め、大胆に長所へ飛躍する

 日本人はどちらかというと、自分の長所(強み)よりも、短所(弱み)を気にするタイプが、まだまだ多いようです。短所(弱み)を何とか直したい、人前で恥をかきたくないという文化が根強く残っています。

 人に迷惑をかける短所(弱み)、例えば遅刻やポイ捨ての常習はすぐに直してほしいと私も思います。しかし、それ以外はあまり気にせず、むしろ自分の長所(強み)に磨きをかけることに時間と労力を費やすのが、賢明です。

 中途半端な短所改善法は止めたほうがいい。例えば、遅刻の常習という短所(弱み)であれば、ギリギリの時刻に間に合わせるのではなく、思い切って常に5分前までに現地に着く「5分前行動」まで改善徹底します。

 すると、「あの人は時間厳守する人だ」と信用が得られるようになります。つまり、迷惑をかける遅刻という短所を、「時間厳守」という長所へ大胆に飛躍(ジャンプ)したのです。  

3.「何をもって憶えられたいか」

 有名な「ドラッカー7つの教訓」の中に、『「何をもって憶えられたいか」を考える』というのがあります。これは、人生(生き方)と仕事(働き方)の究極の目標は何か? あるいは「天職」とは何か? 長所伸展法による成果は何か? を問われています。

 この問いに答えるには、自らの長所(強み)をしっかり自覚し、伸ばし、目標を決めて活かす不断の努力が求められます。プロフェッショナルと呼ばれる人は、日々、このことを意識して一流の仕事をしようとしています。

 私はやはり、「教育者=成長支援者」をもって憶えられたいと思っています。これは、自分の長所(強味)の自覚と伸展、さらに自己の「天職」とも関連付けることができます。

                                                  長所伸展富士♪ 
<長所伸展法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%B7%8F%8A%90L%93W%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 01:36| 千葉 ☔| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

面白まじめ学習法♪ 〜「長所伸展法」その2

スライド1.JPG E382B9E383A9E382A4E383892-02007.jpg 12661982_1024604100916470_8396087859875152987_n辻井伸行は.png
<長所伸展法>(写真をクリックすると拡大します)

 私(富士男♪)が大学講義などで10年間、実践してきた「面白まじめ学習法」を紹介しています。
 今回は、「長所伸展法」の第2回です。事例を挙げながら、長所を伸ばして自分らしさを発揮する具体的方法を解説していきます。

1.自己診断表を活用して、優れた行動特性を見つける

 「長所」を見つける方法の一つとして、例えば私は大学講義で、私が東レ時代に開発したリーダーシップ自己診断表を活用しています。自己分析した結果をレーダーチャートに「見える化」し、各自の長所ベスト3をクローズアップさせる演習をしています。

 この自己診断表は、「こんなリーダーと一緒に仕事をしたい」と思える信頼・尊敬できるリーダーの行動特性30項目で構成されています。自己点検して、自分の優れた行動特性を見つけ、自分の長所(強み)として自覚して伸ばしていこうとするものです。

2.「アラ探し」より「タカラ探し」

 アラ探しが上手な人がいます。自分のことは棚に上げ、すぐ相手の欠点、短所、弱みを見つけ、鋭く指摘します。滅多に褒めません。人前で平気で、他者の悪口や愚痴を言います。周囲の雰囲気を暗くしたり、悪くします。だからあまり好かれません。この人は長所伸展法の対極にいます。

 反対に、「タカラ(宝)探し」が上手な人がいます。まず、相手のいいところ(美点)、長所、強みを見つけて褒めます。「美点凝視」ができる人です。この人は、人前では滅多に他者の悪口や愚痴は言わない。常に明るく接し、周囲にいる人を不愉快にさせません。

 私は、アラ探し(短所改善法)より美点凝視(長所伸展法)の視点で、自分自身と他者をよく観ることを、そして心理学でいう「ストローク」(相手の存在価値を高めるすべての言動)を与え合うことを、学生たちに勧めています。「長所伸展法」は、明るく成長支援する方法です。

3.「本分」を上手に引き出し、伸ばすこと

 「本分」は、その人に備わっている可能性であり、長所(強み)です。それを上手に引き出し、伸ばすことが、長所伸展法です。

 盲目の世界的ピアニスト辻井伸行の母、辻井いつ子さんは、「伸行を育ててきた経験から、子供の可能性とは本当に無限だと感じています。人と絶対に比較せずに、その子の本分を見つけて、思い切り伸ばしてあげる―。」(『致知』2010年1月号特集「人生信條」)
 
 ほん‐ぶん【本分】とは、
1 人が本来尽くすべきつとめ。「学生の本分をわきまえる」
2 そのものに本来備わっている性質。
(出典:デジタル大辞泉(小学館))
                                                  長所伸展富士♪ 
<長所伸展法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%B7%8F%8A%90L%93W%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<「面白まじめリーダー」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%83%8A%81%5B%83_%81%5B&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 21:33| 千葉 ☔| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

面白まじめ学習法♪ 〜「長所伸展法」その1

スライド8.JPG スライド9.JPG スライド5 (2).JPG
<「長所伸展法」のすすめ>(写真をクリックすると拡大します)
スライド2 (3).JPG スライド2.JPG
<「長所」の見つけ方>(写真をクリックすると拡大します)
スライド3.JPG スライド5.JPG
<「長所」の伸ばし方>(写真をクリックすると拡大します)

 今年の私の年頭所感(目標)でも触れたとおり、次の3つのおすすめの学習法を順次、シリーズで連載していきます。私(富士男♪)が大学講義などで10年間、実践してきた面白まじめ学習法です。「面白まじめ」とは、面白いことをまじめにする、まじめなことを面白くすることです。

1.かんかん法 (まず感じて、次に考える思考法)
2.長所伸展法 (長所を伸ばして、自分らしさを発揮する法)
3.三点要約法 (3点に簡潔に要約して、わかりやすくする法)

 この3つの学習法を日常のいろんな場面で積極的に活用すれば、人生も仕事も勉学もますます面白くなり、きっと成長実感を感じることができるでしょう。この学習法が、特に若い世代のみなさんの成長支援として、少しでも役立てば幸いです。

 今回は2番目の「長所伸展法」について、まず主旨と概要を復習したあと、事例を挙げながら具体的方法を解説していきます。

1.「長所伸展法」とは

 長所伸展法とは、個人であれ組織であれ、その短所(弱み)よりも長所(強み)に着目し、徹底的に伸ばして、長所(強み)を活かして成果を上げる方法です。自分らしさを最大限発揮する学習法です。

 「マネジメント」の父、ドラッカーや多くの優れた経営者、プロフェッショナルたちが推奨し、実践しているマネジメント方法です。「好きこそものの上手なれ」のアプローチです。

 短所ではなく、長所にこそ、その人や組織の価値(value)があると、ドラッカーは述べています。価値(value)とは、存在価値(identity)のことです。

 長所伸展法の対語は、短所改善法です。明治以降の日本は、欧米先進国に追いつき追い越せと、経営も教育も短所改善法で成功・発展してきました。

 キャッチアップだけでは生き残れない革新と創造の時代、日本人も日本企業も長所伸展法の使いこなし(熟達)による成果がより重要になっています。

2.「長所」を見つける

 それでは、「長所伸展法」は具体的にどうすればいいのでしょうか。まず何より、「長所」を見つけ出すことが第一歩です。しかし、これが意外とできない人が多いのです。

 一般に日本人は欧米人に比べ、自らの「長所」を見つけ、表明するのが苦手です。というより、慣れていません。むしろ、失敗や短所(弱み)の原因を見つけ、改善することに戦後教育の重点が置かれてきました。

 例えば、「あなたの長所と短所を、それぞれ10個以上挙げてください」と学生たちに問うと、短所はいくらでも出るのに、長所をたくさん出せない人が結構、います。日ごろ褒められていないこととも関連します。

 「長所」を見つける方法は、いろいろあります。例えば、日常、他者から評価されていることを挙げてみる。改めて親しい人たちに訊いてみる。自己診断テストなどを受けて、自己分析してみるなどがあります。

 さらに、「長所」をあまり大げさに考えないことです。何も他者より飛び抜けていなくともいいのです。「長所」とは、その人や組織の@得意なこと、A好きなこと、B興味のあることです。

 これなら、もう少し気軽に「長所」が出てくるでしょう。最初は数多く「長所」らしきものを出してみて、それから徐々に3点ぐらいに重点化していけばいいのです。伸ばしたい「長所ベスト3」を選ぶのです。

3.「長所」を伸ばして活用する

 「長所」(強み)は、筋肉と同じです。折角の長所も意識して使わないと、どんどん弱くなります。まさに「宝の持ち腐れ」です。弱くなれば「長所」(強み)とは言えません。「油断禁物」です。

 そのためには、常に3つぐらいの「長所」(強み)を自覚して磨きをかけることです。さらに訓練したり学習したりしてブラッシュアップを怠らない。いつ、どこで、どのように活用するか、長所伸展計画も必要です。

 さらに、「長所」と「短所」は、裏腹(表裏)の関係とも言えます。例えば、「迅速」はいいことが多いですが、状況によっては「拙速」や「せっかち」になったりします。

 長所(強み)も定期的に自己点検して、つねにいい面が出るようにしなければなりません。あるいは状況変化によっては、長所(強み)そのものを他に入れ替える必要もあるかもしれません。

 ドラッカーは「自らに託された資源、特に人的資源の強みを引き出し、弱みを意味のないものにしなければならない」と言っています。短所(弱み)が目立たず隠れてしまうように、長所(強み)を常に自覚して引き出し活用しましょう。

                                                  長所伸展富士♪ 
<長所伸展法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%B7%8F%8A%90L%93W%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<面白まじめ学習法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%CA%94%92%82%DC%82%B6%82%DF%8Aw%8FK%96%40&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 19:10| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

東レ時代の一枚の写真♪

11001821_768410543250501_1601479078075310356_n.jpg brand_0071986年〜.gif
<『東レマネジメント』1984年11月号とコーポレートシンボル>(写真をクリックすると拡大します)

 3年前に、東レ時代の先輩から届いた面白まじめ画像♪ 〜自画像編です。Facebookに突然、出現しました。私自身、驚きました。と同時に、私にとって大変懐かしい思い出の多い写真です。

 この写真は、月刊の社内広報誌『東レマネジメント』の1984年11月号に掲載された「CI開発プロジェクト座談会」で、私が司会をやった時の光景です。

 撮影時期は1984年(昭和59年)ですから、私は34歳の若さでした。当時、私は東レ経営企画室で、全社プロジェクト(東レCI=Corporate Identity )に推進事務局の一員として、深く携わっていました。

 私にとって、一番面白くて幸せな東レ時代でした。この後、社長が交代し一転、私たちチームメンバーは酷い目に遭いました。この時、人生や仕事には浮き沈みがあることを痛感しました。

 あれから34年ぐらい経ち、今では懐かしい思い出となりました。波乱に富んだ貴重な体験(試練)を通じて、私も少しは成長したように思います。

 なお、私が当時、携わった東レCIプロジェクトは、東レ創立60周年の節目に「新創業運動」として全社展開されました。東レ公式サイトの「会社情報>コーポレートブランド>コーポレートスローガン」には、その活動の一端を次のように紹介されています。

■ コーポレートシンボルの変遷 1986年〜社会と広く対話し、共に発展するため

 「1986年に東レは創立60周年を迎えることになりました。60歳は人間であれば還暦に相当することから、新しく生まれ変わろうという「新創業運動」が全社的に展開されました。折しも1985年9月のプラザ合意以降、為替レートは急速に円高に向かい、繊維産業ばかりでなく日本の産業構造が大きく転換する時期でもありました。東レは、事業構造の転換や企業体質の強化を進めつつ、1960年代から進出した海外生産の拡充などにより、グローバルに発展する企業集団であることを目指すこととしました。

 「新創業運動」は社員の意識改革が主眼でしたが、CI(コーポレート・アイデンティティー)運動とも位置づけられ、新たなコーポレートシンボルが検討されました。米国ペンタグラム社の創始者である、コリン・フォーブス氏によるデザインが選定されたのは、デザインのオリジナリティーと知的なブルーカラーが評価されたことによるものです。英文でクォーテーションマークは「会話」文と「際立たせる」単語などに用いられます。このデザインを選定した狙いは、「東レは社会と広く対話を続け社会と共に発展したい」、そして「東レは21世紀に至っても際立つ存在であり続けたい」との思いを社会に伝え約束することでした。」(東レ公式サイト)http://www.toray.co.jp/aboutus/brand.html

                                                   自画像富士♪
<東レ関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%8C%83%8C&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 17:18| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西船4丁目緑地と春日神社♪

DSC09008.JPG DSC09010.JPG DSC09011.JPG DSC09012.JPG
<2月18日、西船4丁目緑地へ向かう坂道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09014.JPG DSC09020.JPG DSC09022.JPG DSC09023.JPG
DSC09028.JPG DSC09030.JPG DSC09033 (1).JPG DSC09037.JPG
<2月18日、紅梅と白梅の花@西船4丁目緑地>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09053.JPG DSC09055.JPG DSC09058.JPG DSC09059.JPG
<2月18日、スイセン(水仙)の花@西船4丁目緑地>(写真をクリックすると拡大します)
DSC09046.JPG DSC09049.JPG DSC09051.JPG DSC09052.JPG
<2月18日、春日神社>(写真をクリックすると拡大します)

 二月の花シリーズです。

 2月18日、JR西船橋駅から京成西船橋駅へ歩いて行く途中、ちょっと「道草」をしました。千葉街道(国道14号線)を超えて、小高い丘を息切れしながら上って行くと、「西船4丁目緑地」に出ました。

 きれいに整備された園内は、都会とは思えないゆったり静かな時間が流れていました。青空に映える紅白の梅の花が、私を出迎えてくれました。スイセン(水仙)の花も、ひっそりと咲いていました。

 坂道を挟んですぐ隣には「春日神社」(船橋市印内町494)もありました。鬱蒼とした参道にいた狛犬たちに目が留まり、なぜかほっとしました。この狛犬たちは気に入りました。

 参拝後、上って来た道とは反対側へ下りて、京成西船橋駅へ向かいました。

                                                  西船散策富士♪
<二月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%F1%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis  
posted by 富士男♪ at 00:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

白梅、紅梅の花♪

DSC09003.JPG DSC09006.JPG DSC09005.JPG DSC09004.JPG
<2月18日、自宅近くの白梅の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC08085.JPG DSC08086.JPG DSC08087.JPG DSC08089 (1).JPG 
DSC08091.JPG DSC08094.JPG DSC08097 (1).JPG DSC08092.JPG
<2月17日、愛犬散歩時、紅梅の花と愛犬たち>(写真をクリックすると拡大します)

 二月の花シリーズです。

 自宅近くの白梅、紅梅の花です。
 2月18日、外出する際、白梅の花がとてもきれいに咲いていました。
 2月17日、愛犬散歩時、八重の紅梅の花がほぼ満開でした。八重の花が、鮮やかで艶やかでした。

 ウメ(梅)について、ここで少し復習しましょう。

 ウメ(梅、学名:Prunus mume、英: Japanese apricot)は、バラ科サクラ属の落葉高木、またはその果実のこと。花芽はモモと異なり、一節につき1個となるため、モモに比べ、開花時の華やかな印象は薄い。- Wikipedia

  梅(ウメ)は中国原産。 奈良時代の遣隋使または遣唐使が中国から持ち帰ったらしい。「万葉集」の頃は白梅が、平安時代になると 紅梅がもてはやされた。万葉集では梅について 百首以上が詠まれており、植物の中では「萩」に次いで多い。- 季節の花300
                                                  紅白梅富士♪
<二月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%F1%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 22:02| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

葛南地方生涯学習振興大会に参加♪

DSC09113.JPG DSC09114.JPG DSC09121.JPG DSC09118.JPG
DSC09137.JPG DSC09141 (1).JPG DSC09127.JPG DSC09160.JPG
<2月18日、葛南地方生涯学習振興大会@習志野市民会館>
DSC09169.JPG DSC09176.JPG DSC09177.JPG DSC09170.JPG
<2月18日、有志による自主反省会@西船橋「いちげん」>

 2月18日、冷たい風が吹く中、13時半から、習志野市民会館で開催された平成29年度 葛南地方生涯学習振興大会に、浦安市社会教育委員の一員として参加しました。

 私が今回、気づき学んだ点は次の3点です。

1.「元気の輪を広げたい!やちよ元気体操を活用した取組み」

 手作りの「やちよ元気体操」の開発と、粘り強い普及・啓発活動により定着させたやり方から学べることが多々ある。専門知識と使命感のあるリーダーの選任と責任体制も成果を上げるポイントの一つ。

2.「笑いと発想のない部活動に未来はな〜い!」

 全国コンクールで金賞をとる市立習志野高校吹奏楽部員は200人/全校生徒960人、市内小・中学校時代からの練習の積み重ねと「あたきび」(温かくて厳しい)な指導、成長支援の継続が、輝かしい成果を生んでいる。
 熱血漢の石津谷(いしづや)先生のようなリーダーの存在も大きい。ハイレベルな演奏をする生徒たちはみないい面構えをしている。

3. 人づくりによるまちづくりこそ、活性化につながる

 地域の資源を活かした教育によるまちづくりこそ、社会教育の使命であると再認識した。人づくりによるまちづくりが、ほんものの地域活性化につながると実感した。


 大会終了後、帰路の西船橋駅前の居酒屋で参加した社会教育委員有志で「自主反省会」を開催しました。おかげさまで、愉快に面白交流できました。ありがとうございました。

■ 平成29年度 葛南地方生涯学習振興大会 開催要項

1 趣 旨: 生涯学習時代における振興の在り方について認識を深めると共に、生涯学習の機会の提供や成果の活用を促進し、地域社会の活性化を図る。
2 主 催: 葛南地方社会教育連絡協議会
3 後 援: 管内各市教育委員会・八千代市
4 日 時: 平成30年2月18日(日) 午後1時30分から午後4時10分まで
5 会 場: 習志野市民会館 2階 ホール(習志野市本大久保3-8、京成大久保駅下車徒歩1分)
6 内 容:
  開会 行事
 【事例発表】
  題 名 「元気の輪を広げたい!やちよ元気体操を活用した取組み」
  発表者 八千代市健康福祉部健康づくり課 主任理学療法士 北村 優 氏
  <休 憩>
 【講演と演奏】
  演 題 「笑いと発想のない部活動に未来はな〜い!」
  講 師 習志野市立習志野高等学校 吹奏楽部顧問 主幹教諭 石津谷 治法 氏
  演 奏 習志野市立習志野高等学校 吹奏楽部
  閉会 行事
                                                社会教育委員富士♪
<社会教育関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8E%D0%89%EF%8B%B3%88%E7&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:27| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

ドラッカー7つの教訓♪

12495_1030321790344701_5767784504121059845_n【ドラッカー7つの教訓】.png 51QKWFHMFVL._SX322_BO1,204,203,200_.jpg 51H8YVmoX1L._SX353_BO1,204,203,200_知の巨人 ドラッカー自伝 (日経ビジネス人文庫) .jpg 51xmpgu3oYL._SX346_BO1,204,203,200_まんがと図解でわかるドラッカー (別冊宝島).jpg
<ドラッカーの言葉と著書、解説書>(写真をクリックすると拡大します)

 今回は、私が信頼・尊敬する人生の師匠の一人、ピーター.F.ドラッカーについて述べます。

■「マネジメント」とは何か?

 まず、ピーター.F.ドラッカーの「マネジメント」を私なりに3点要約すると、次のようになります。
1.その組織の目的(社会的使命)と目標を達成すること
2.その人と組織の強みを活かして、弱みを無意味なものにすること
3.その人と組織の自律と自立を促し成長させること

 また、ドラッカーはその著書『チェンジリーダーの条件』の中で、「マネジメントは、組織とその成員を成長させなければならない。組織はすべて、学習と教育のための機関である」と言い切っています。ドラッカーのこの人間重視の組織観は、チェスター・バーナードの協働組織論とともに、私はとても共感し賛同します。

 次に、ドラッカーの有名な「7つの教訓」について、私(富士男♪)が気づき、学んだことを、各項目ごとに、⇒以下に一言コメントします。

■【ドラッカー7つの教訓】

1.目標とビジョンをもって行動する
2.常にベストを尽くす。
 「神々が見ている」と考える
3.一時に一つのことに集中する
4.定期的に検証と反省を行い、計画を立てる
5.新しい仕事が要求するものを考える
6.仕事で挙げるべき成果を書き留めておき、
  実際の結果をフィードバックする
7.「何をもって憶えられたいか」を考える
…………………
 ピーター・F・ドラッカー(思想家)『致知』2003年12月号特集「読書力」より

1.目標とビジョンをもって行動する

⇒マネジメントには、目的と目標は必須である。ビジョンとは、ありありとイメージできる長期目標である。

2.常にベストを尽くす。「神々が見ている」と考える

⇒「見られている」意識は、大切である。言い訳せずに本気になるために、社会性を意識するために・・・。 

3.一時に一つのことに集中する

⇒「あれもこれも」では大成しない。才能とは、好奇心の土台の上に、集中力と持続力の掛け合わせである。集中力が知恵を生む。

4.定期的に検証と反省を行い、計画を立てる

⇒やりっぱなしではなく、PDCAを回し、必ず反省(check)し改善(action)する。過去指向の「後悔」はしない。

5.新しい仕事が要求するものを考える

⇒同じやり方を続けていると、成長や進化はない。常に新しい要素を組み入れ、試行錯誤を繰り返すところから、革新と創造が生まれる。

6.仕事で挙げるべき成果を書き留めておき、実際の結果をフィードバックする

⇒成果をありありとイメージできること。それが目標を具体的にし、やる気(達成意欲)を上げることにつながる。

7.「何をもって憶えられたいか」を考える

⇒人生(生き方)と仕事(働き方)の究極の目標は何か?天職とは何か?である。 私は、やはり「教育者」として憶えられたい。(富士男♪)

■ ピーター・ドラッカーのプロフィール

 米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー。(名言DB)

 ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker/1909年11月19日-2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン出身の経営学者・社会学者。企業の存在意義やマネジメントに関する世界的な権威であり、「現代経営学」や「マネジメント」の発明者とされ、彼の著書は”経営の教科書”として世界中の経営者が愛読している。(地球の名言)
                                                マネジメント富士♪
<関連記事>
●教育マネジメント3原則♪ 2010年12月31日
 http://fujio-dayori.seesaa.net/article/177820034.html
●「教育」の根底にあるもの♪ 2010年12月31日
 http://fujio-dayori.seesaa.net/article/177620544.html
<ドラッカー関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83h%83%89%83b%83J%81%5B&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS
posted by 富士男♪ at 13:41| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

三方を海に囲まれた「里海うらやす」の光景♪

DSC05246.JPG DSC05248.JPG DSC05247.JPG
DSC05263.JPG DSC05267.JPG DSC05268.JPG
DSC05272.JPG DSC05269.JPG DSC05273.JPG DSC05271.JPG
<2月14日、浦安市高洲海岸からの光景>(写真をクリックすると拡大します)

 2月14日、小春日和の中、浦安市を流れる境川河口の高洲から観た「里海うらやす」の光景です。対岸の千葉県内房地区がよく見渡せ、東京湾には大型の貨物船が何艘も浮かんでいました。

 4q四方の小さなまち、浦安市は三方を海に囲まれています。日の出地区の三番瀬、明海・高洲地区と千鳥・舞浜地区に広がる東京湾です。まさに東京湾に浮かぶ海上都市なのです。

 ちょっと足を延ばせば、海辺に出られる。海を前景とした美しい朝焼け・夕焼けを観られる。海の向こうに富士山も遠望できる。渡り鳥や野鳥がたくさん休息している。

 海に囲まれた自然豊かなこの水辺の光景を、私たちは愛着を込めて、「里海うらやす」と呼んでいます。この美しい水辺の風景を次世代に受け継いでいく責任があります。

                                                里海うらやす富士♪
<「里海うらやす」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%97%A2%8AC%82%A4%82%E7%82%E2%82%B7&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 21:27| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

社会教育委員会議と「とらえもん」定例会に参加♪

DSC05342.JPG DSC05339.JPG DSC05340.JPG DSC05343.JPG
DSC05350.JPG DSC05351.JPG DSC05346.JPG DSC05348.JPG
<2月15日の社会教育委員会議@中央図書館の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05369.JPG DSC05375.JPG DSC05377.JPG DSC05383.JPG
DSC05380.JPG DSC05381.JPG DSC05385.JPG DSC05387 (1).JPG
<2月15日の「とらえもん」例会@「田乃休」の光景>(写真をクリックすると拡大します)

 2月15日14時から、浦安市社会教育委員会議第5回定例会に委員として出席しました。今回の会場は、浦安市中央図書館2階の視聴覚室でした。委員11名中6名が参加しました。

 公民館、図書館、文化財などの社会教育関連活動の報告が、事務局からありました。第2次の浦安市生涯学習計画(10年間の長期計画)が2年後に策定されます。私たちの自主研究課題とも連動させたいと思います。

 社会教育委員会議を終えて、虎ノ門の居酒屋「田乃休」で開催された「とらえもん」(虎会門)定例会にも参加しました。20名ほどのとらえもん仲間が三々五々、参集しました。

 虎の子の上本洋子さんから、新刊本『観光先進国をめざして』の紹介もありました。7月の淡路島合宿研修会の企画提案もされました。おかげさまで、愉快に面白交流できました。ありがとうございます。
                                                  面白まじめ富士♪
<社会教育関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8E%D0%89%EF%8B%B3%88%E7&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<とらえもん関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%C6%82%E7%82%A6%82%E0%82%F1&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:56| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

館山警察署から感謝状をいただく♪

DSC05277 (1).JPG DSC05279.JPG DSC05300.JPG DSC05285 (1).JPG
DSC05282 (1).JPG DSC05294 (1).JPG DSC05299.JPG
DSC05249.JPG DSC05252.JPG DSC05250.JPG DSC05257.JPG
<2月14日、浦安訓練場の光景>(写真をクリックすると拡大します)

 2月14日もよく晴れ、小春日和でした。11時、久しぶりに浦安市内を流れる境川河口にある救助犬浦安訓練場(浦安市高洲)へ愛妻と行きました。

 千葉県警館山警察署警備課長はじめ捜査員3名が、遠路はるばる南房総にある館山市から浦安訓練場へ来訪されました。浦安チーム6人で応対しました。

 今年1月に館山市内で開催された「南海トラフ想定津波対応対策訓練練」に浦安チームが参加協力したことに対する感謝状をいただきました。ありがとうございました。
                                                   救助犬富士♪
<救助犬関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8B%7E%8F%95%8C%A2&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 00:07| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

二月の花と鳥♪

DSC03234.JPG DSC03233.JPG DSC03239.JPG DSC03235.JPG
DSC03316 (1).JPG DSC03315 (1).JPG DSC03313 (1).JPG DSC03311.JPG
<2月13日、自宅近くのウメ(紅梅・白梅)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03273.JPG DSC03275.JPG DSC03306.JPG DSC03307.JPG
<2月13日、白と黄色のスイセン(水仙)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03249 (1).JPG DSC03250 (1).JPG DSC03254 (1).JPG
<2月13日、ハクセキレイ@入船のシンボルロード歩道>(写真をクリックすると拡大します)

 二月の花シリーズです。

 まずは、「花」鳥風月です。
 2月13日午後から、「浦安・木に親しむ会」活動に参加した際に出逢った花です。

 自宅近くのウメ(紅梅・白梅)の花が、ようやく三〜五分咲きになってきました。美浜の住宅街の風景が、急に華やいで春めいてきた感じがします。

 樹木名札の取り付け作業をした入船東エステート第1児童公園と美浜4丁目の住宅街では、きれいな白と黄色のスイセン(水仙)が健気に咲いていました。寒さに強い花です。

 次に、花「鳥」風月です。
 入船界隈のシンボルロード歩道で、ハクセキレイが一匹、人目を気にせずに、堂々と闊歩している姿に遭遇しました。姿形がきれいで、愛嬌と度胸がある人懐っこい野鳥です。
                                                   花鳥富士♪
<二月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%F1%8C%8E%82%CC%89%D4&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<野鳥関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%EC%92%B9&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 01:08| 千葉 ☀| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

「浦安・木に親しむ会」活動に参加♪

DSC03229.JPG DSC03240.JPG DSC03241.JPG DSC03244.JPG
DSC03247.JPG DSC03269.JPG DSC03268.JPG DSC03277 (1).JPG
DSC03278.JPG DSC03289.JPG DSC03296 (1).JPG DSC03304.JPG
<浦安・木に親しむ会の例会活動@入船東エステート界隈>(写真をクリックすると拡大します)

 2月13日は青空が広がり晴れましたが、風はまだ冷たく感じました。花の開花が、例年より遅れています。

 13時から、「浦安・木に親しむ会」の例会活動に久しぶりに参加しました。今回の樹木名札取り付け活動エリアは、入船東エステート前のシンボルロード歩道、入船東エステート第1児童公園、美浜運動公園でした。

 新浦安駅前の「モナ」前に集合して、今回は仲間5人で手分けして、たくさんの樹木をチェックしながら、2時間、歩き回りました。古い名札は取り換え、必要なところには新規に取り付けました。
                                                木に親しむ富士♪
<「浦安・木に親しむ会」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%D8%82%C9%90e%82%B5%82%DE%89%EF&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 22:13| 千葉 ☀| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

地元浦安でランチ&カラオケ交流♪

DSC01988.JPG DSC01995.JPG DSC01996.JPG DSC01999.JPG
<ランチ交流@サイゼリヤ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC02000.JPG DSC02001.JPG DSC02004.JPG DSC02007.JPG
DSC02009.JPG DSC02011.JPG DSC02013.JPG DSC02014.JPG
DSC02015.JPG DSC02019.JPG DSC02022.JPG
<カラオケ交流@ファンタジー>(写真をクリックすると拡大します)

 2月12日、浦安創生ネットの仲間7人で、少し遅い「新年会」を行いました。13時に、JR新浦安駅アトレにあるイタリアンレストラン「サイゼリヤ」にまず集合し、ランチ交流しました。

 ランチした後、アトレ内にあるカラオケ店「ファンタジー」で、健康法としてもいいらしいので、久しぶりに懐メロを5人で歌いまくりました。

 音楽は人生を多彩に、面白くします。単に音楽を聴くだけより、声か音を出す方がより音楽を楽しめます。私が今回、歌った懐メロ曲目は、次の通りです。

 いつまでもいつまでも♪ 石狩川悲歌♪ すずめの涙♪ あいつ♪ マイウエイ♪ 酒とバラの日々♪・・・
                                                  カラオケ富士♪ 
<カラオケ関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83J%83%89%83I%83P&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<浦安創生ネット関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89Y%88%C0%91n%90%B6%83l%83b%83g&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 23:06| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

湯島天神の第61回「梅まつり」♪

DSC07162.JPG DSC07165.JPG DSC07167.JPG DSC07170.JPG
DSC07177.JPG DSC07180.JPG DSC07187.JPG DSC07190.JPG
DSC07204.JPG DSC07192.JPG DSC07199.JPG DSC07185.JPG
DSC07216.JPG DSC07209.JPG DSC07196.JPG DSC07202.JPG
DSC07231.JPG DSC07234.JPG DSC07240.JPG DSC07239.JPG
DSC07243.JPG DSC07252.JPG DSC07254.JPG DSC07260.JPG
<2月10日、湯島天神「梅まつり」の光景>(写真をクリックすると拡大します)

 二月の花シリーズです。

 2月10日午後から、湯島へ行く用事があり、湯島天神の第61回「梅まつり」へ立ち寄りました。文京花の五大まつりの一つだそうです。2月8日から1か月間、開催しています。

 多くの人出がありましたが、今年は寒い日が続き、ウメ(紅梅・白梅)の開花が遅れています。まだ二分咲きぐらいでしょうか。咲いている木を探すのに、少し苦労しました。

 境内で、二月(如月)の「生命(いのち)の言葉」の栞をいただきました。北原白秋が作詞した「御船出・海道東征」の歌の一節です。
                                                   紅白梅富士♪
<「梅」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94%7E&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
<「生命(いのち)の言葉」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90%B6%96%BD%81i%82%A2%82%CC%82%BF%81j%82%CC%8C%BE%97t&vs=http%3A%2F%2Ffujio-dayori.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
posted by 富士男♪ at 22:50| 千葉 ☔| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする