2018年12月09日

やるか、やらないか♪

18a7160d12ad67199a1ee45fd171227f7d06d9ed辻口博啓.png 15267844_1310699598973584_8660061350872681853_n.png profile_mainImg辻口 博啓さん.png
<辻口 博啓(つじぐち ひろのぶ)氏と>(写真をクリックすると拡大します)

 月刊誌『致知』に紹介されていた日本のパティシエ、ショコラティエ、辻口 博啓(つじぐち ひろのぶ)氏の次の簡潔な力強い言葉に触発されました。

「能力なんか
 関係ない。
 やるか、やらないか、
 それだけだ」

  辻口博啓(パティシエ)

 ――『致知』2009年12月号特集「志に生きる」より【小学3年生の時に志を立てて以来、幾多の逆境を乗り越え、日本を代表とするパティシエとなった辻口博啓さんの「可能性をひらく人生の要諦」とは】

 私(富士男♪)が気づき、学んだことは、⇒以下の通りです。

⇒1.能力よりもやる気

 洋菓子を作るにも能力(知識×スキル)が必要だ。そのために師匠に学ぶ、留学するなどの学習や修行をする。まずできるようになることだ。

 能力を高めてできるようになっても、意欲(やる気)がないと成果は出ない。やる気がないと、行動しない、行動できないからだ。「宝(能力)の持ち腐れ」になってしまう。

2.やる気よりもやること(行動)

 いくら高い能力と高い意欲(やる気)があっても、やってみないと成果は出ない。やる気よりも,、やること(行動)だ。やる気になったら、冷めないうちにやってみることだ。

 できるか、できないか、より、やるか、やらないか である。前者は能力、後者は意欲、意志の領域である。

3.やり続けるには信念が必要

 やる気は気まぐれである。変わりやすい。すぐ変わってします。変わりやすいやる気をコントロールしながら、長く続けるには、大好きであると同時に、相当強い思い、意思が必要だ。それが信念であり、意志である。(富士男♪)


◆辻口 博啓(つじぐち ひろのぶ)

 1967年3月24日 -(51歳)日本のパティシエ、ショコラティエ。石川県七尾市出身。血液型A型。- Wikipedia

  クープ・ド・モンドなどの洋菓子の世界大会に日本代表として出場し、数々の優勝経験を持つパティシエ、ショコラティエ。現在はオーナーパティシエ・ショコラティエとして、モンサンクレール(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる13ブランドを展開。

 今もなおコンクールに挑戦しており、サロン・デュ・ショコラ・パリで発表されるショコラ品評会では、2013年〜2017年の5年連続で最高評価を獲得。2015年には「インターナショナルチョコレートアワーズ世界大会」のチョコレートバー部門で金賞を受賞。

 スイーツを通した地域振興、企業とのコラボレーションやプロデュース、講演や著書出版など積極的に活動する他、低糖質スイーツの第一人者として数々のロカボスイーツの開発・監修に取り組む。(辻口博啓 official web)http://www.h-tsujiguchi.jp/profile/
                                                気づきと学び富士♪
<『致知』関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92v%92m
posted by 富士男♪ at 14:25| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

「My Wayトーク」♪

DSC05997.JPG DSC05996.JPG 47572572_542238032915862_7987653604414586880_n.jpg
<忘年会@アトレ内「新助」 と「ファンタジー」>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05950 - コピー.JPG DSC05953 - コピー.JPG DSC05973 - コピー.JPG DSC05981 - コピー.JPG
<自宅から入船北エステート集会所へ歩く途中の空模様>(写真をクリックすると拡大します)

 12月7日16時から、入船北エステート集会所(浦安市入船5‐3‐1)に「浦安創生ネット」の仲間6人(瀧井、只野夫妻、山田、辻、富士男♪)が集まりました。浅田さんは体調不良で今回、残念ながら欠席でした。

@16:00-17:30 MyWayTalk 辻さん@入船北エステート集会所(入船5‐3‐1)
A18:00-20:00 忘年会@アトレ「新助」
B20:00-21:30  カラオケ希望者@アトレ「ファンタジー」

 まず 持ち回りの「My Wayトーク」をやりました。「My Wayトーク」は各自のわが人生を振り返り、面白まじめにキャリア(生き方、働き方)を語り合う会です。

 今回は5人目(渕野→只野→浅田→瀧井→辻)で、辻さんが長崎での幼少期から現在に至るまでの自らの人生を自由に語り、愉快に談笑しました。

 トーク会の後、JR新浦安駅アトレ内にある「新助」 で新鮮な魚料理をいただきながら、忘年会(望年会)をやりました。忘年会シーズンで店内は大賑わいでした。浦安市は4q四方の小さなまちなので、知り合いの何人かにも店内で遭いました。

 さらに、アトレ内にあるカラオケ店「ファンタジー」へ行き、瀧井さんと2人で一時間、歌いまくりました。健康法としてもカラオケは、いいそうです。

 今回の私の選曲は、お嫁においで♪ラブ・ミー・テンダー♪フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン♪石狩川悲歌♪旅人よ♪シングル・アゲイン♪イパネマの娘♪などでした。

 おかげさまで、気の合う仲間とアモーレ♪マンジャーレ♪カンターレ♪の「週末イタリアン」、人生至福の時を満喫しました。ありがとうございました。
                                                   My Way富士♪
追伸:

 12月7日16時頃、自宅から入船北エステート集会所へ歩いていく途中、空を見上げると面白い初冬の雲が浮かんでいました。

<浦安創生ネット関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89Y%88%C0%91n%90%B6%83l%83b%83g
posted by 富士男♪ at 13:40| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

12月の花だより♪ 〜愛犬散歩道

DSC05956.JPG DSC05957.JPG DSC05915.JPG DSC03934.JPG
<シャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌)の花@自宅前>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05918.JPG DSC03913.JPG DSC03912.JPG DSC03931.JPG
<落ち葉@愛犬散歩道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05926.JPG DSC05942.JPG DSC05927.JPG DSC05937.JPG
<12月7日、宙に浮く落ち葉@愛犬散歩道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03906.JPG DSC03915.JPG DSC03926.JPG DSC03924.JPG
<愛犬アンリ(黒ラブ犬)と愛犬アリス@愛犬散歩道>(写真をクリックすると拡大します)

 今日12月7日は「大雪」(たいせつ)です。「山岳だけでなく、平野にも降雪のある時節ということから大雪といわれたものでしょう。本格的に雪が降り始めるころです。」〜日本の行事・暦

 ぽかぽか陽気が続いていましたが、北海道では雪が降っています。これから週末は寒くなるようです。「温暖差疲労」に留意しましょう。

 12月(師走)の花だよりです。

 自宅前のシャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌)が満開です。薄紅色の花が次々、きれいに咲いています。原産地はブラジルで、別名はデンマークカクタス、クリスマスカクタスです。花の名称は、「シャコのような葉っぱのサボテン」という意味で、葉っぱの姿を甲殻類のシャコに見立てたものです。(ヤサシイエンゲイ)

 愛犬散歩道には、落ち葉がいっぱい積もっています。だんだん変色し、枯れ葉になっていきます。まだ、宙に浮く不思議な落ち葉が風に揺れていました。我が家の3頭の愛犬たちは、おかげさまで、みな元気です。
                                                愛犬散歩富士♪
<12月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=12%8C%8E%82%CC%89%D4
<愛犬散歩道関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%88%A4%8C%A2%8EU%95%E0%93%B9
posted by 富士男♪ at 15:02| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

王将の餃子と乙女湯♪ 〜私の健康長寿法

DSC03948.JPG DSC03949 (1).JPG DSC03950.JPG DSC03954.JPG
<12月5日、[餃子の王将」瑞江駅北口店>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03959.JPG DSC03958.JPG DSC03962.JPG DSC03957.JPG
<12月5日、天然温泉銭湯「乙女湯」>(写真をクリックすると拡大します)

 12月に入り、異様に暖かい日が続いています。この時期、「寒暖差疲労」による体調不良になる人が多いようです。我が家の寒暖差疲労対策の一つとして、銭湯と餃子があります!?

 12月5日夕刻、浦安市に隣接した江戸川区にある天然温泉銭湯「乙女湯」(江戸川区船堀7丁目3)へ愛妻の運転する車で行きました。泉温41℃の黒湯露天岩風呂と25℃の黒湯水風呂に交互に入ると、とても気持ちよく身体が温もり軽くなります。

 入浴料460円で小一時間ゆっくり温泉気分を楽しめる温泉銭湯は、私の一病息災、健康長寿法と夫婦円満法のひとつとなっています。江戸川区銭湯組合のゆるキャラ、「お湯の富士」が入り口で歓迎してくれます。10台以上の専用駐車場もあり、便利です。

 「乙女湯」に行く前に、いつもの「餃子の王将」瑞江(みずえ)駅北口店(江戸川区 瑞江 2-5)で早めの夕食を摂りました。「餃子の王将」は1967年に京都で創業しました。京都での学生時代をつい思い出します。

 私たちは、瑞江駅前店の焼き餃子が香ばしくて美味しくて気に入っています。この日は、焼き餃子三人前と創業50周年感謝メニューの五目あんかけラーメンと鶏のから揚げをシェアしました。

 温泉銭湯でゆっくり温もると、ほんわか気分になり眠くなります。乙女湯から帰宅して、早寝しました。おかげさまで熟睡できて、翌日は体調良好です。
                                                 餃子&銭湯富士♪
<乙女湯関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%B3%8F%97%93%92
<餃子関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%E9L%8Eq
posted by 富士男♪ at 09:17| 千葉 ☔| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

感じてこそ人生♪

46955606_2085363251531296_6776591458234269696_n.jpg 316597_222809794453327_746636427_n.jpg
<芳村思風語録と芳村思風氏>(写真をクリックすると拡大します)

 今朝、芳村思風語録の「感じてこそ人生, 燃えてこそ人生」に、私は触発されました。
 私(富士男♪)が気づき、学んだことは、⇒以下の3点です。

☆☆☆☆☆
感じてこそ人生
燃えてこそ人生
意味を感じたら
命は燃える
☆☆☆☆☆


 「したいことがないときは、
 今やっている仕事の意味や価値や素晴らしさを
 理性を使って考えて考えて考え抜いてみる
 他に求めず、目の前のことをとことんやり抜いてみる。

 考えてもわからないときは、体を使って実践を繰り返し続けることで
 見えてくるものがある
 感じるものがある」
 (芳村思風一語一会 vol.3471 芳村思風 感性論哲学2018年12月05日)


⇒1.まず感じる。次に考える。これが私が提唱する「かんかん法」です。

 「思考」は、思って考えると書きます。
 考えるには、まず「思う」ことが必要です。

2.「思う」とは「想う」こと。つまり、想像(イメージ)することです。

 想像(イメージ)するとは、感じることです。
 創造は想像から生まれる。

3.「感じる」ことが、すべての始まり、出発点です。

 「意味」も考える前に、感じること。つまり、直感する。
 理屈や論理だけでは、私(富士男♪)は燃えません。
                                                感じる富士♪
<かんかん法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%A9%82%F1%82%A9%82%F1
<感性論哲学関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8A%B4%90%AB%98_%93N%8Aw
posted by 富士男♪ at 12:18| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

初冬の面白ライブ交流会@カフェ・アルバート♪

DSC01705.JPG DSC01726.JPG DSC01723.JPG DSC01725.JPG
DSC01719.JPG 47362169_189584248661545_6543364550694010880_n.jpg 1543854283378.jpg 1543854250811.jpg
DSC01720.JPG 1543854185868.jpg 47320956_206949303567025_6116154659250896896_n.jpg 1543854272769.jpg
<初冬の面白交流会♪@カフェ・アルバートの光景>(写真をクリックすると拡大します)

 12月3日(月)19時から、高田馬場にある行きつけのカフェ・アルバートで、初冬の面白交流会を開催しました。この会は、2009年から居心地のいい非日常空間で生音楽を挟みながら、年3〜4回開催している開かれた異業種交流会です。http://ozsons.jp/ALBERT.htm

 今回は、気の合う面白い仲間たち9人(石井、臼井、薄井、藤井、白ケ澤、木村、太田、安部、富士男♪、敬称略)が集まりました。ママさんの美味しい手作り料理をいただきながら、大いにアモーレ♪マンジャーレ♪カンターレ♪の人生至福の時を一緒に過ごしました。

 私は、クリスマスソング中心のピアノ生演奏や各自の近況報告時の生BGMを担当しました。おかげさまで、今回も3時間以上、愉快に面白交流ができました。ありがとうございました。

 次回は、3月頃に早春の面白ライブ交流会を開催するつもりです。
                                                  ぴあの富士♪
<カフェ・アルバート関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83%8B%83o%81%5B%83g
posted by 富士男♪ at 17:30| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

十二月(師走)の「生命(いのち)の言葉」♪ 〜今上陛下編

DSC01554.JPG DSC01555.JPG DSC01559.JPG DSC01566.JPG
DSC01568.JPG DSC01569.JPG DSC01572.JPG DSC01573.JPG
DSC01577.JPG DSC01578.JPG DSC01582.JPG DSC01587.JPG
DSC01596.JPG DSC01606.JPG DSC01607.JPG DSC01608.JPG
DSC01635.JPG DSC01639.JPG DSC01641.JPG DSC01655.JPG
<12月3日、湯島天神の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01616.JPG DSC01614.JPG DSC01613.JPG DSC01618.JPG
<十二月(師走)の「生命(いのち)の言葉」の栞@湯島天神>(写真をクリックすると拡大します)

 12月3日、本郷キャンパスでの大学講義「リーダーシップ論」を終えて、久しぶりに歩いて湯島天神(文京区湯島3)へ参拝しました。

 関東三大天満宮の一つで、学業成就のお社であると共に、1500年以上もの歴史を誇る古社です。静かな境内は、きれいに紅葉していました。心が落ち着く場所です。受験合格祈願の絵馬がたわわにぶら下がっていました。

 参拝後、十二月(師走)の「生命(いのち)の言葉」の栞をいただきました。今月の「生命(いのち)の言葉」は、今上(きんじょう)陛下の言葉です。

吹きすさぶ 海風に耐へし
黒松を 永年(ながとし)かけて
人ら育てぬ

今上(きんじょう)陛下

◆解説(栞の裏面):

― 今上陛下御製 北海道行幸啓 襟裳岬にて
 http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/inochinokotoba/h3012/

 私(富士男♪)が気づき、学んだことは、⇒以下の3点です。

⇒1.海風に強い黒松

 黒松は古来、日本人が愛した樹木です。塩害にも非常に強い樹木です。今年の台風による塩害の影響もほとんどありません。

2.長年の風雨に耐える

 自然の恵みとともに、時折、大自然は猛威を振るいます。ものすごい自然の力に耐える強靭さが、私たちが生き抜いていく上でも必要です。

3.育てる力、継続の力

 一見、自然のままのように見えても、ちゃんと手入れをし、補修して育てていく。その樹木に対する愛情が自然愛を生み、人間愛につながるのです。 
                                            生命(いのち)富士♪
追伸:

◆関東三大天神

 関東地方の代表的な3つの天満宮の総称である。 (Wikipedia)
 ・湯島天満宮(東京都文京区)
 ・亀戸天神社(東京都江東区)
 ・谷保(やぼ)天満宮(東京都国立市) - 東日本最古の天満宮。

◆日本三大天神

 日本三大天神とは、菅原道真(天満大自在天神)を祭る天神信仰の神社である天満宮のうち、日本全国で代表的な3社の総称である。天満宮は一般的に太宰府天満宮と北野天満宮の両社が総本社とされるため、この2社が入るのが一般的である。3社目は日本最古(扶桑菅廟最初)を称する防府天満宮が上げられることが多い。(Wikipedia)
 ・太宰府天満宮
 ・北野天満宮
 ・防府天満宮

<「生命(いのち)の言葉」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90%B6%96%BD%81i%82%A2%82%CC%82%BF%81j%82%CC%8C%BE%97t
posted by 富士男♪ at 08:41| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

東京駅前で家族でランチ♪

DSC07615.JPG DSC07617.JPG DSC07618.JPG DSC07621.JPG
<11月30日、青空とシャコバサボテン、ヒメツルソバ@自宅前>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07626.JPG DSC07632.JPG DSC07630.JPG DSC07631.JPG
<11月30日、東京駅前のKITTE(JPタワー)とツワブキの花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07637.JPG DSC07640.JPG DSC07641.JPG DSC07642.JPG
<11月30日、魚料理店「銀平」の料理@KITTE(JPタワー)>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07644.JPG DSC07645.JPG DSC07648.JPG DSC07649.JPG
DSC07650.JPG DSC07643.JPG DSC07651.JPG DSC07652.JPG
<11月30日、6階の屋上庭園、KITTEガーデン>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07634.JPG DSC07635.JPG DSC07658.JPG DSC07659.JPG
DSC07660.JPG DSC07661.JPG DSC07663 (1).JPG DSC07664.JPG
<KITTEホワイトツリー@KITTE(JPタワー)1Fアトリウム>(写真をクリックすると拡大します)

 11月30日、快晴で青空が広がりました。愛妻と愛娘と3人で車で都内へ出ました。東京駅前のKITTE(JPタワー)6階の魚料理店「銀平」で和食ランチしました。珍しく私がご馳走しました。

 ランチの後、東京駅舎がよく見える6階の屋上庭園、KITTEガーデンを散歩しました。サザンカ(山茶花)の花が、一面に絨毯のようにきれいに咲いていました。東京駅へ発着する新幹線はじめ各種の電車がよく望めます。

 1Fアトリウムには、巨大なKITTEホワイトツリーがライトアップされていました。本物のモミの木を使った、屋内では日本最大級の高さ約14.5m を誇るクリスマスツリーだそうです。またもや、年の瀬を感じました。
                                                    KITTE富士♪
<クリスマス関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83N%83%8A%83X%83%7D%83X
posted by 富士男♪ at 00:04| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

神楽坂を歩く♪

DSC07463.JPG DSC07469.JPG DSC07470.JPG DSC07471.JPG
DSC07472.JPG DSC07474.JPG DSC07475.JPG DSC07479.JPG
DSC07481.JPG DSC07484.JPG DSC07485.JPG DSC07492.JPG
<神楽坂を歩く>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07505 (1).JPG DSC07507.JPG DSC07510.JPG DSC07513.JPG
DSC07517.JPG DSC07518.JPG DSC07519.JPG DSC07521.JPG
<東京ドームシティのイルミネーション>(写真をクリックすると拡大します)

 今日からは12月(師走)です。12月は「極月」(きわまりづき・ごくげつ・ごくづき)とも呼ばれます。
 
 「師走」とは、先生が走る!? 私は肺がん手術後、息切れして走れません。 この「師」の本来は「僧侶」のことでした。

 12月はどの家もお坊様を迎えてお経を読んでもらったため、僧侶が忙しく東奔西走するので「師馳す(しはす)」となり、それが変化して「師走」になったというわけです。(暮らし歳時記)

 11月28日、久しぶりに神楽坂界隈をぶらぶらしました。神楽坂は京都に似て路地が多く、和洋の汽水域となっていて、実に面白いまちです。

 神楽坂下から歩いて上ると、毘沙門天まで結構、きつい坂だと痛感しました。私は肺がん手術後、がんとともに肺を五分の一を摘出したため、常時20%の酸欠状態です。

 平坦な道は平気なのですが、上り坂や上り階段にになると、途端にすぐ息切れします。それでも小休止しながら神楽坂上まで上ると、東レ時代のいろんな思い出が蘇ってきました。

 善国寺(ぜんこくじ)は、文禄4年(1595年)に創建された日蓮宗の寺院です。本尊の毘沙門天は江戸時代より「神楽坂の毘沙門さま」として信仰を集め、新宿山ノ手七福神の一つに数えられています。https://www.kagurazaka-bishamonten.com/

 神楽坂に勤めている友人二人と旧交を温めた後、本郷一丁目にある大学まで30分間ほど歩きました。下り坂や平坦な道なら支障なく歩けます。まちの景観や植物などを観ながら、ゆっくり歩くことは、私の健康法と趣味の一つとなっています。

 大学に近づくと、東京ドームが見えてきました。東京ドームシティの園内に入ると、イルミネーションが幻想的できれいでした。年の瀬を感じました。
                                                    神楽坂富士♪
<神楽坂関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90_%8Ay%8D%E2
<東京ドーム関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%8C%8B%9E%83h%81%5B%83%80
posted by 富士男♪ at 18:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

11月の花だより♪ 〜晩秋の愛犬散歩林道

DSC07556.JPG DSC07553.JPG DSC07569.JPG DSC07573.JPG
DSC07574.JPG DSC07579.JPG DSC07585.JPG DSC07599.JPG
<落ち葉と愛犬たち(アンリとアリス)@愛犬散歩林道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07589.JPG DSC07591.JPG DSC07593.JPG DSC07592.JPG
<サザンカ(山茶花)の花@愛犬散歩林道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07543 (1).JPG DSC07540.JPG DSC07539.JPG DSC07608.JPG
<シャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌)の花@自宅玄関前>(写真をクリックすると拡大します)

 11月(霜月)の花だよりです。いよいよ11月(霜月)もお終いです。明日からは12月(師走)です。12月は「極月」(きわまりづき・ごくげつ・ごくづき)とも呼ばれます。

 11月29日、朝の愛犬散歩時の晩秋の光景です。湾岸道路沿いの林道の落ち葉が、とてもきれいです。落ち葉がクモ(蜘蛛)の巣に引っかかって、空中でゆらゆらしていました。珍しい光景に出逢いました。

 この愛犬散歩林道には、サザンカ(山茶花)の紅花が、日陰にひっそり咲いています。落ち葉とともに、晩秋の風情を感じます。ツバキ科の常緑広葉樹です。童謡『たきび』の歌詞に登場することでもよく知られています。

 自宅の玄関前に、シャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌)の花が咲き出しています。薄紅色のきれいな花が下向きにたくさん垂れています。ブラジルのリオデジャネイロの低地から高地までにおよそ5種が分布するサボテンで、主に樹上や岩の上に根を張ります。(ヤサシイエンゲイ)

                                                  晩秋富士♪
<11月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=11%8C%8E%82%CC%89%D4
posted by 富士男♪ at 10:55| 千葉 ☀| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

「現代経営研究会」に参加♪ 〜セコム株式会社の巻

20181128p.jpg DSC07523.JPG DSC07524.JPG DSC07525.JPG
DSC07526.JPG 20181212p.jpg
<11月28日の「現代経営研究会」の光景>(写真をクリックすると拡大します)

 11月28日18時から、東洋学園大学現代経営研究会主催の経営者講演会に参加しました。今回の講師は、セコム株式会社 代表取締役社長 中山 泰男氏、演題は 「2020年、さらに未来へ! 〜喜びも感動も、安全・安心の先にある〜」でした。

 会場は、いつもの東洋学園大学本郷キャンパス 1号館フェニックスホールでした。
 今回のライブ講演を聴いて、私が気づき、学んだことは次の通りです。

1.オリンピックとセコム

 1962年7月、創業者の飯田 亮(まこと)氏が日本警備保障株式会社を設立した。創業2年目で東京オリンピック(1964年)の選手村の警備業務を受託した。警備業の誕生とチャレンジであった。

 2020年の東京オリンピックでは世界初の警備JV(共同企業体)を組み、その主導的役割を果たす計画である。
 
2.ヒト ✖ Tech

 1970年売上高の8割を占めた巡回警備を止め、機械警備一本に方針転換した。センサーで感知してコントロールセンターから現場へ、安全プロを派遣する。IOTの先駆けである。

 今や飛行船、気球、ドローン、ロボットなどの最新技術を駆使して、画像認識技術を活用して「セコム、してます」の高度サービスを提供している。社会基点の経営を展開している。

3.未来への挑戦

 セコムの理念は、信頼される安心を社会へ提供すること、「正しさの追求」と「現状打破」である。「安全」とは手段であり、客観的なものである。「安心」とは目的であり、主観的なものである。

 2030年ビジョンとしてセコムあんしんフローの切れ目ない安心システムを構築する。安心が必要とされる4分野は、事件・事故、病気・老化、サイバー犯罪、自然災害である。

 なお、この「現代経営研究会」(下記参照)は聴講無料、予約不要です。ふるってご参加ください。
 http://www.tyg-business.jp/

 今期最終回は12月12日(水)18時から、講師は株式会社ソラシドエア前社長、株式会社日本経済研究所社長 橋 洋氏、 演題は『ローカルエアラインの再建に取り組んだ6年間』です。
                                               経営富士♪
<「現代経営研究会」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8C%BB%91%E3%8Co%89c%8C%A4%8B%86%89%EF
posted by 富士男♪ at 00:01| 千葉 🌁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

「浦安・木に親しむ会」活動♪ 〜入船公園、入船緑道、今川緑道の巻

DSC07158.JPG DSC07159.JPG DSC07169.JPG DSC07168.JPG
DSC07166.JPG DSC07163.JPG DSC07170.JPG DSC07172.JPG
DSC07177.JPG DSC07178.JPG DSC07214.JPG DSC07219.JPG
<樹木名札取り付け作業@入船公園と入船緑道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07244.JPG DSC07251.JPG DSC07267.JPG DSC07337.JPG
<樹木名札取り付け作業@今川緑道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07182.JPG DSC07180.JPG DSC07171.JPG DSC07190.JPG
<ハナノキの紅葉と富士山滑り台@入船公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07328.JPG DSC07326.JPG DSC07323.JPG DSC07324.JPG
<ハコネウツギの花とクロガネモチの実@今川緑道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07265.JPG DSC07271.JPG DSC07255.JPG DSC07250.JPG
<マユミの実とヒメユズリハの実@今川緑道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07223.JPG DSC07224.JPG DSC07343.JPG DSC07293.JPG
<コブシの冬芽@入船緑道とハクモクレンの冬芽@今川緑道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07208.JPG DSC07209.JPG DSC07198.JPG DSC07192.JPG
<カマキリ(蟷螂、鎌切)@入船緑道と落ち葉@入船公園>(写真をクリックすると拡大します)

 11月27日、「浦安・木に親しむ会」の例会活動に参加しました。今回の活動場所は、新浦安駅前にある入船公園とJR京葉線沿いの入船緑道、境川に架かる今川橋を渡って今川緑道エリアでした。参加したメンバー5人で樹木名札の更新や新規取り付け作業を行いました。
 
 「浦安・木に親しむ会」に入って樹木名札の取り付け活動を毎月2回しているおかげで、浦安市内にあるいろんな樹木名や花や実を、かなり判別できるようになりました♪ 樹木や草花の名前を知ると散歩がさらに楽しくなります。

 10月の台風による塩害で、入船緑道や今川緑道の樹木はかなり傷んでいました。葉っぱが枝に付いたまま茶色く枯れている樹木もありました。

 入船公園内のハナノキ(花の木)は台風による塩害の影響をあまり受けず、例年通りきれいな紅葉が見られました。公園内の落ち葉も、比較的きれいに色づいていました。

  霜月、11月の花と実だよりです。

 今川緑道には、季節外れ(狂い咲き)のハコネウツギの花やクロガネモチの赤い実、マユミ(檀、真弓)の薄紅色の実、ヒメユズリハの黒い実がたくさん成っていました。

 入船緑道にはコブシ(辛夷)の冬芽、今川緑道にはハクモクレン(白木蓮)の冬芽がたくさん枝に付いていました。

 入船緑道では、樹木に止まっているカマキリ(蟷螂、鎌切)と出逢いました。
                                                  樹木富士♪
<木に親しむ会関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%D8%82%C9%90e%82%B5%82%DE%89%EF
posted by 富士男♪ at 21:12| 千葉 🌁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

「ボーっと生きてんじゃねーよ♪」

46511231_1925375464204755_7690641901338230784_n.jpg DSC06830.JPG DSC06832.JPG DSC06834.JPG
DSC06846.JPG DSC06842.JPG DSC06839.JPG DSC06836.JPG
<小林節さんの講演会の光景@浦安音楽ホール 4階 ハーモニーホール> 

 浦安の友人に誘われて、11月25日19時から、慶大名誉教授で憲法学者の小林節さんの講演会に参加しました。会場は、新浦安駅前のハーモニーホールでした。日曜日の夜にもかかわらず、130人以上の市民が参加しました。

 今回、私が気づき、学んだことは次の3点です。政治や憲法に無関心のままボーっと生きてはいられないと痛感しました。第一部と二部の間のわずかな休憩時間に、素敵なゴスペルライブタイムがあり、心安らぎました。

1.安倍政権による「憲法破壊」

 特定秘密保護法、戦争法、共謀罪、モリ・カケ問題などの事例を挙げて、憲法で保障されている知る権利や専守防衛、プライバシー、法の下の平等などが破壊されつつある。ボーっとしてたら、いつのまにか、ひどい状況になっている。これからも憲法破壊が進んでいきかねない。

 平和を維持するために憲法9条ももちろん重要であるが、憲法13条の個人の尊重、生命、自由、幸福追求の国民の権利を守ることこそ、日本国憲法の真価であり、さらに重要である。
 
2.立憲主義を貫く

 自民党の憲法改正案は戦前回帰の個人よりも国家重視の時代錯誤の憲法観である。衆参同日選+国民投票の可能性→国民投票の運動方法と費用が無制限、何でもあり、手段を選ばずの混乱した選挙と投票になりかねない!?

 憲法を守り立憲主義を貫くには、国民投票での否決と政権交代をやるしかない。現行選挙制度下での政権交代の方法は、自公のような「完全な野合」しかない。さらに投票率を50%以上に上げる必要がある。
 
3.民主主義の危機とチャンス

 自分の意見が言いにくい、政治の話ができない、個人として尊重されない→諦め、だんまり、政治的無関心、投票率の低さ→民主主義がぐらつく、ゆらいでいる。

 権威や因習に囚われない自由な発想や思考、事実と論理に基づく議論が民主主義の根底(土台)には必要。もっと声を上げよう。議論しよう。発信しよう。投票に行こう。ちゃんとしたまともな政治家を厳正に選び、送り出そう。(富士男♪)
 
◆小林節さん講演会

演題:「節ちゃんに叱られる!! 質問しよう!イチから分かる国民投票」
日時:2018年11月25日(日) 19:00-21:30
会場:浦安音楽ホール 4階 ハーモニーホール(浦安市入船一丁目)
趣旨:憲法改正への動きがはじまりそうです。安倍晋三首相はこれから3年、政権の座にいます。
   「改憲」が現実のものになろうとしています!
   ボーっとしてたら、どうなるの?
   自衛隊を憲法に書き込むと、何が変わる?
    国民投票のどこが問題?
   いま、わたしたちはどこに居て、 どこに向かおうとしてるのか
憲法学者・小林節さんが、熱く語ります!
第1部 小林節さん講演
    ゴスペルライブタイム(休憩)
第2部 パネルトーク&質疑応答 ※事前に集めた質問をもとに進行します
 第2部パネリスト
 小林節さん(慶応義塾大学名誉教授、憲法学者)
 山田厚史さん(ジャーナリスト)
 落合香代子さん(江東区子育て支援団体 ママリングス代表 看護師)
 岡野純子さん(企業研修講師 元浦安市議)
 須藤ややさん(浦安生まれ浦安育ちの社会人一年生)
                                                   憲法富士♪
<憲法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8C%9B%96%40
posted by 富士男♪ at 18:42| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

何かを与えることができるか♪

46667931_1956942157755682_3443116371708215296_n「人から受ける前にまず自分を提供しましょう」.jpg img_fb720be07ff78f329aca1abf98435f8b705452.jpg
<「スマートシニア全員集合!!」11月25日の言葉と日野原先生> 

 今日11月25日の「スマートシニア全員集合!!」の記事に、私は触発されました。
 「触発される」とは、 見たり聞いたりしたことに刺激されて、事を始めることです。(三省堂 大辞林)

  因(ちな)みに、類似語の「感化される」とは、「影響を与えられて、考えや情緒を変化させること」(三省堂 大辞林)、「考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること」(デジタル大辞泉 )です。

 私(富士男♪)が気づき、学んだことは、⇒以下の3点です。

■「人から受ける前にまず自分を提供しましょう」(日野原重明)

☆Give and Takeの精神で☆
 ギブアンドテイク、という言葉がありますが、これは人から何かを与えられる前に、自分から何かを捧げよ、という意味です。

 自分から捧げるといってもそれは物質的なモノだけをさすのではありません。目に見えない真心や感謝、自分の時間なども当てはまります。

 日々、いかに自分から他者に何かを与えることができるかを考えて暮らしてみると、あなたの人生はきっと豊かになることでしょう。

 写真は大分県日出町で本日まで開催中の、Kanaさんの夢いっぱいの展覧会会場です。(スマートシニア全員集合!! )

⇒1.損得優先の世知辛い世の中

 どれだけ得するか(take)、自分ファースト(利己主義)が横行している世知辛い世の中に見えます。「世知辛い」とは、 1 世渡りがむずかしい。暮らしにくい。2 金銭に細かくて、けちだ。抜け目がないこと(デジタル大辞泉)です。

 因みに、「世知辛い」の「世知」は、本来仏教用語で「世俗の知恵」を意味し、日本では「世渡りの才」も表すようになり、さらに「勘定高い」「せこい」といった意味でも用いられるようになった言葉である。- 語源由来辞典

 2.世のため人のために

 「世のため人のため」に、私たちは生かされているように思います。使命感や志を感じる言葉であり、思いやりのある温かい生き方を象徴するこの言葉を、死語にしてはしてはいけません。

 「きれいごと」と皮肉を言う人もいます。が、「きれいごと」とは一つの理想であり、志です。理想を馬鹿にする人、志を軽視・無視する人は、私はリーダーとして尊敬も信頼もできません。

 3.Kanaさんの夢いっぱいの展覧会の作品(大分県日出町で開催中)

上記写真のKanaさんの作品は温かくほのぼのとしていて、私はとても気に入りました。(富士男♪)

                                                       理想富士♪
<「スマートシニア全員集合!!」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83X%83%7D%81%5B%83g%83V%83j%83A
posted by 富士男♪ at 11:48| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

重ねた年齢に若さを注ぐ♪

46417564_1948710248578873_5733341767437123584_n.jpg 510M2VJNS9L._SX313_BO1,204,203,200_.jpg
<「スマートシニア全員集合!!」11月24日の言葉と日野原先生> 

 今日11月24日の「スマートシニア全員集合!!」の記事が気に入りました。
 私(富士男♪)が気づき、学んだことは、⇒以下の3点です。

■「あなたの重ねた年齢を賜物として受け入れ、その中に若さを注ぎましょう」
 (日野原重明)

☆年齢の器を生きた時間で満たす☆
  ぼんやり過ごしても何かに打ち込んでいても、時間は万人に平等に流れています。自分らしい生き方をすることで、年齢という器を生きた時間でいっぱいにすることができます。(スマートシニア全員集合!! )

⇒1.重ねた年齢は賜りもの

 たまわ・る【賜る〔賜わる〕/給わる】とは、@「もらう」の意の謙譲語。目上の人から物などをいただく。ちょうだいする。A「与える」の意の尊敬語。鎌倉時代以降の用法。目上の人が物などをくださる。(デジタル大辞泉)

 誰から賜るのだろう?おそらく神仏であろうと私は思う。偶然と思える出来事も実は必然だと聴いたことがある。私の68年間の体験の積み重ねが、私の経験となり、年齢となり、年輪となっているのだ。

 2.若さを注ぐ

 「若さ」とは、正直にありのままに自分らしい生き方をすることではないか。誰にも規制されずに、常識や先入観に毒されずに素直に発想して、自由に行動することでもある。

 「今さら」ではなく、「今から」という意識や意欲も、若さにとって大切である。何事も明るく前向きに生きるのが、健康長寿の秘訣かもしれない。

 3.年齢の器を生きた時間で満たす

 「生きた時間」とは、自分の意思で主体的に生きた時間のことではないか。やらされ感で動いた我慢の時間ではなく、やるぞ!感で自分らしく動いて、わくわくドキドキした面白く感じた時間ではないか。

 悪循環のがまん(停滞)サイクルを回すのは止め、好循環の面白(成長)サイクルをこれからも回し続けたい。換言すれば、新しいことに挑戦して、気づき、学び、動いて、体験して、さらに気づき、学ぶ・・・。気づきと学びの成長サイクルでもある。(富士男♪)
                                                       加齢富士♪
<「スマートシニア全員集合!!」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83X%83%7D%81%5B%83g%83V%83j%83A
posted by 富士男♪ at 22:13| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

晩秋の満月と勤労感謝の日♪

DSC01491 (1).JPG DSC01497 (1).JPG DSC01495 (1).JPG
<11月23日、夜の愛犬散歩時の満月>(写真をクリックすると拡大します)
10422547_478169922326108_4247678432981530747_n神道の心を伝えるさんは.jpg hinomaruE3808CE697A5E7ABA0E69797EFBC88E697A5E381AEE4B8B8EFBC89E3808D-80a7a-dfbb5日章旗.jpg
<11月23日、勤労感謝の日>(写真をクリックすると拡大します)

 今夜は満月でした。夜の愛犬散歩時、見事に真ん丸くて明るい満月が夜空に浮かんでいました。季節の移り変わりを感じながら花鳥風「月」を愛でる日本人の風流は、これからも大切にしていきたいと思います。

 前回に引き続き、「今日は何の日?気になる日」シリーズです。

 11月23日は、「勤労感謝の日」です。祝日法では、「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう」ことを趣旨としています。この主旨は果たして活かされているのでしょうか?

 「勤労感謝の日」の由来は、五穀豊穣に感謝する【新嘗祭】が執り行われる日だったのです。つまり、元来は収穫祭であり、豊作に感謝する日です。「新嘗祭(にいなめさい/しんじょうさい)」は、農作物の恵みに感謝する式典でした。「新嘗」とはその年収穫された新しい穀物のことをいいます。

 古来、神道では【祈願】よりも【感謝】を優先し、重んじています。「感謝する」の反対語は、「当たり前」「当然」だと言った友人がいます。言い得て妙です。当たり前と思う人からは「ありがとう」や「おかげさまで」という感謝の気持ちや言葉は出てきません。

 「勤労を尊び」とは、どういう意味なのでしょう。私は次のように考えています。

・一生懸命に働くこと、まじめに仕事をすること、勤勉や努力することは、いつの時代でも大事です。本来、誰かのために働くこと、仕事をすることは苦ではなく、喜びであり、やりがいや幸せを感じることだったはずです。

・が、「勤労」や「労働」には暗いイメージがあり、私は働く喜びや幸せをあまり感じません。いつのまにか、主体的に働くことが生活のために働かされることになり、我慢や苦になり、過労死まで生まれてしまっています。

・これでは「勤労を尊ぶ」ことは困難でしょう。そろそろ、日本人の生き方や働き方を見つめ直すと同時に、生きがいと働きがいをもっと感じる社会を目指す日に、思い切ってリニューアルしてはどうでしょうか。

・この日に限らず、日本の祝日はどんどん増えている割に、その祝日の主旨が周知徹底されていません。このままでは祝日の趣旨や意義がますます形骸化し、風化していきます。

・祝日はその国の一つの文化です。次世代に、祝日の趣旨や意義を大人はきちんと伝えていく責任があります。これも教育や政治の重要な役割であり、課題でしょう。(富士男♪)
                                                    祝日富士♪
<関連記事>
●「勤労感謝の日」に思う♪ 2016年11月23日
 http://fujio-dayori.seesaa.net/article/444263448.html
●働けることに感謝し、働く意味を問う日♪ 2015年11月24日
 http://fujio-dayori.seesaa.net/article/430150476.html
<「今日は何の日?気になる日」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8D%A1%93%FA%82%CD%89%BD%82%CC%93%FA%81H%8BC%82%C9%82%C8%82%E9%93%FA
posted by 富士男♪ at 21:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

「小雪」と「いい夫婦の日」に、寿司と温泉♪

what_st01いい夫婦の日.gif what_title.gif
<「いい夫婦の日」ロゴとポスター>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01467.JPG DSC01469.JPG DSC01479.JPG DSC01476.JPG
<22日、夫婦で「くら寿司」と天然温泉銭湯「乙女湯」へ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01470.JPG DSC01489.JPG DSC01484.JPG
<22日、風呂上りに天上に光輝く晩秋の月>(写真をクリックすると拡大します)

 「今日は何の日?気になる日」シリーズです

 11月22日は、まず二十四節気の「小雪」(しょうせつ)でした。 「小雪」は、冷え込みが厳しくなり、小雪がちらつき始めるころという意味です。(お天気.com)

 次に、11月22日は「いい夫婦の日」です。1988(昭和63)年、「いい(11)ふうふ(22)」の語呂合わせより、通産省と余暇開発センターが制定しました。日本中の夫婦にいっそう素敵な関係を築いてもらいたいとの想いからだそうです。(Yahoo!きっず今日は何の日)

 「いい夫婦の日は、二人の時間を大切にする日です」。http://www.fufu1122.com/whats/

 「いい夫婦の日」なので、夕方から愛妻とマイカーで外出しました。江戸川区の「くら寿司」東葛西店で夕食を摂り、久しぶりに天然温泉銭湯「乙女湯」へ行き、二人で入浴しました。おかげさまで、心身とも温まりました。

 風呂上がりに夜空を見上げると、晩秋のきれいな真ん丸の月が光輝いていました。この月のように夫婦関係も円満に過ごしたいと思いました。
                                                 いい夫婦富士♪
<「いい夫婦の日」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%A2%82%A2%95v%95w%82%CC%93%FA
<「今日は何の日?気になる日」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8D%A1%93%FA%82%CD%89%BD%82%CC%93%FA%81H%8BC%82%C9%82%C8%82%E9%93%FA
posted by 富士男♪ at 23:01| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

晩秋の長野市内の光景♪

DSC04360.JPG DSC04362.JPG DSC04365.JPG DSC04366.JPG
<11月15日、JR長野駅東口とホクト文化ホール付近の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04410.JPG DSC04411.JPG DSC04415.JPG DSC04416.JPG
DSC04431.JPG DSC04434.JPG DSC04435.JPG DSC04436.JPG
DSC04446.JPG DSC04447.JPG DSC04457.JPG DSC04459.JPG
DSC04470.JPG DSC04477 (1).JPG DSC04478.JPG DSC04484.JPG
DSC04486.JPG DSC04489.JPG DSC04493.JPG DSC04502.JPG
DSC04503.JPG DSC04518.JPG DSC04519.JPG DSC04529.JPG
<11月16日、善光寺表参道界隈の光景>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04544.JPG DSC04545.JPG DSC04548.JPG DSC04550.JPG
DSC04552.JPG DSC04553.JPG DSC04558.JPG DSC04562.JPG
<16日、長野バスターミナル通り〜長野駅善光寺口の光景>(写真をクリックすると拡大します)

 11月の花と実、紅葉だよりです。

 11月15日〜16日の2日間、第49回関東甲信越静社会教育研究大会長野大会へ参加するため、長野市へ行きました。この2日間、長野市内で出逢った晩秋の光景を紹介します。

 長野市内は首都圏よりも気温が低く、夜は肌寒いくらいでした。紅葉も早くて、市内の街路樹を中心に、とても美しい紅葉を満喫してきました。

 因みに、今年の首都圏や千葉県の沿岸部は、10月の台風による塩害の影響で、紅葉せずに枯れている樹木が多く見られます。例年に比べて、美しい紅葉はあまり期待できません。

                                                    紅葉富士♪
<関連記事>
●第49回関東甲信越静社会教育研究大会長野大会に参加♪ 2018年11月16日
 http://fujio-dayori.seesaa.net/article/462756449.html
<11月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=11%8C%8E%82%CC%89%D4
posted by 富士男♪ at 15:38| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

11月の花だより♪ 〜本郷給水所公苑の秋バラ

DSC07518.JPG DSC07520.JPG DSC07535.JPG DSC07539 (1).JPG
<本郷給水所公苑の案内板>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07542.JPG DSC07544.JPG DSC07546.JPG DSC07554.JPG
<花名は順に、友愛、ブルームーン、カリーナ、はまみらい>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07559.JPG DSC07569.JPG DSC07571.JPG DSC07582.JPG
<順に青空、ジョセフィンブルース、つるピース、サンフレーア>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07606.JPG DSC07610.JPG DSC07628.JPG DSC07633.JPG
<順に、ピース、聖火、ウィンナーシャルメ、モナリザ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07640.JPG DSC07648.JPG DSC07653.JPG DSC07657.JPG
<順に、アキト、カリンカ、マリーナ、コンチェルティーノ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07660.JPG DSC07673.JPG DSC07682.JPG DSC07686.JPG
<順に、マジックキャローセル、ホワイトマドンナ、ノックアウト、プリンセスミチコ>
DSC07691.JPG DSC07698.JPG DSC07703.JPG DSC07707.JPG
<ゴールデンボーダー、サラバンド、クイーンマザー、ユリイカ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07712.JPG DSC07714.JPG DSC07737.JPG DSC07739.JPG
<順に、アイスバーグ、ブライダルピンク、チャールストン、レディエックス>
DSC07751.JPG DSC07754.JPG DSC07767.JPG DSC07779.JPG
<順に、オクラホマ、カトリーヌドヌーブ、マリアカラス、クレプスキュール>
DSC07788.JPG DSC07794.JPG DSC07801.JPG DSC07809.JPG
<順に、ホワイトクリスマス、ホワイトマスターピース、スケルツォ、フリージア>
DSC07814.JPG DSC07823.JPG DSC07826.JPG DSC07834.JPG
<順に、ゴールドバニー、ファバージュ、しろたえ、カリスマ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC07848.JPG DSC07599.JPG DSC07678 (1).JPG DSC07617.JPG
<ミスターリンカーン、オタフクナンテン、屋外彫刻カルメン像>(写真をクリックすると拡大します)

 11月(霜月)の花だよりです。

 11月19日、大学講義を終えて帰路、秋バラ(薔薇)を観に本郷給水所公苑(文京区本郷2-7)のバラ園へ立ち寄りました。このバラ園は、いつも無料で開放されていて、憩いの場になっています。http://www.natsuzora.com/dew/tokyo-east/hongokyusuijokoen.html
  
 前回10月22日の訪問時よりも、多彩なバラ(薔薇)がきれいに咲いて、曇天にもかかわらず華やいだ雰囲気が漂っていました。おかげさまで、晩秋の美しいバラの花を堪能しました。

 園内にあった花の名札に基づいて、順にバラの名称を花の写真とともに紹介します。

◆本郷給水所公苑について

 この公苑は、東京都水道局本郷給水所の施設上部に人工地盤を設けて造られています。東京市水道局が1892年(明治25年)に給水場を建設、1898年(明治31年)に配水池が作られました。

 1974年(昭和49年)に配水池の拡張工事が完了、配水池の上に文京区が公苑を建設する使用許可を取得し1976年(昭和51年)12月開園しました。 - Wikipedia
                                                     秋バラ富士♪
<バラ(薔薇)関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83o%83%89%81i%E5K%E5N%81j
<11月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=11%8C%8E%82%CC%89%D4
posted by 富士男♪ at 17:53| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

キチョウ(黄蝶)に出逢う♪

DSC05424キチョウ.JPG DSC05426.JPG DSC05437.JPG DSC05435.JPG
<キチョウ(黄蝶)の光景@湾岸道路のガード下>(写真をクリックすると拡大します)

 11月18日、浦安市役所からの帰り道、湾岸道路のガード下で、珍しいキチョウ(黄蝶)に出逢いました。しばらく舞って、草に止まって長くじっとしていました。

 図鑑で調べると、このチョウ(蝶)には夏型と秋型がいるようです。山間の道端で、ひらひら飛んでいる黄色い蝶はこの蝶だそうです。http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/siro01.htm

                                              チョウ(蝶)富士♪
<チョウ(蝶)関連富士>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83%60%83%87%83E%81i%92%B1%81j
posted by 富士男♪ at 09:08| 千葉 🌁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする