2019年05月24日

皐月五月の花だより♪ 〜本郷給水所公苑の春バラ

DSC05814.JPG DSC05813.JPG DSC05812.JPG DSC05816.JPG
<本郷給水所公苑の案内板>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05817.JPG DSC05935.JPG DSC05936 (1).JPG
<本郷給水所公苑のバラ園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05823.JPG DSC05824.JPG DSC05828.JPG DSC05829.JPG
<ドロシーパーキンスとアンクルウォルター@給水所公苑>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05831.JPG DSC05833.JPG DSC05848.JPG DSC05849.JPG
<ランブリングレクターとつるサラバンド@本郷給水所公苑>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05852.JPG DSC05853.JPG DSC05856.JPG DSC05858.JPG
<聖火とサンフレーア@本郷給水所公苑>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05859.JPG DSC05861.JPG DSC05865.JPG DSC05869.JPG
<マリーナとコンチェルティーノ@本郷給水所公苑>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05871.JPG DSC05873.JPG DSC05876.JPG DSC05874.JPG
<アキトとモナリザ@本郷給水所公苑>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05881.JPG DSC05884.JPG DSC05886.JPG DSC05887.JPG
<チャールストンとブライダルピンク@本郷給水所公苑>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05888.JPG DSC05889.JPG DSC05895.JPG DSC05897.JPG
<アイスバーグとクイーンマザー@本郷給水所公苑>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05900.JPG DSC05901.JPG DSC05906.JPG DSC05907.JPG
<ユリイカとノックアウト@本郷給水所公苑>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05911.JPG DSC05912.JPG DSC05904.JPG DSC05909.JPG
<ホワイトマドンナとマジックキャローセル@給水所公苑>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05914.JPG DSC05915.JPG DSC05918.JPG DSC05919.JPG
<グリムソングローリーとホワイトドロシーパーキンス>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05922 (1).JPG DSC05928.JPG DSC05932.JPG DSC05939.JPG
<ゾンマーアーベントとつるピース@本郷給水所公苑>(写真をクリックすると拡大します)

 皐月5月の花だよりです。

 5月24日、5限目(16時20分〜)の大学講義の始める前に、春バラ(薔薇)を観るために本郷給水所公苑(文京区本郷2-7)のバラ園へ立ち寄りました。このバラ園は、いつも無料で開放されていて、憩いの場になっています。http://www.natsuzora.com/dew/tokyo-east/hongokyusuijokoen.html
  
 すでに満開のピークを過ぎて散ったり枯れている花もありましたが、多彩なバラ(薔薇)がまだきれいに咲いて、華やいだ雰囲気が漂っていました。おかげさまで、晩春の美しいバラ(薔薇)の花を堪能しました。

 園内にあった花の名札に基づいて、順にバラ(薔薇)の名称を花の写真とともに紹介します。私はバラ(薔薇)の品種名までは、なかなか憶えられません。

◆本郷給水所公苑について

 この公苑は、東京都水道局本郷給水所の施設上部に人工地盤を設けて造られています。東京市水道局が1892年(明治25年)に給水場を建設、1898年(明治31年)に配水池が作られました。

 1974年(昭和49年)に配水池の拡張工事が完了、配水池の上に文京区が公苑を建設する使用許可を取得し1976年(昭和51年)12月開園しました。 - Wikipedia
                                                     春バラ富士♪
<バラ(薔薇)関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83o%83%89
<本郷給水所公苑関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%7B%8B%BD%8B%8B%90%85%8F%8A%8C%F6%89%91
<5月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=5%8C%8E%82%CC%89%D4
posted by 富士男♪ at 23:58| 千葉 | Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

皐月五月の花だより♪ 〜里海うらやす編その4

DSC01127.JPG DSC01131.JPG DSC03680ギガンチウム(花葱).JPG DSC03673.JPG
<ルピナス(昇藤)とギガンチウム(花葱)@美浜街区公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03674マンネングサ(万年草).JPG DSC03676.JPG DSC03670.JPG DSC03669.JPG
<マンネングサ(万年草)とマツバギクの花@美浜街区公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01073キルタンサス.JPG DSC01074.JPG DSC01089.JPG DSC01090.JPG
<キルタンサス(笛吹水仙)の花@美浜街区公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01124 (2).JPG DSC01130 (2).JPG DSC01137 (2).JPG DSC01139 (2).JPG
<アオスジアゲハ(青筋揚羽蝶)@美浜街区公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03666.JPG DSC03665.JPG DSC03667.JPG DSC03664.JPG
<トベラ(海桐)の実@美浜街区公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01042.JPG DSC01057.JPG DSC01053.JPG DSC01045.JPG
<オオシマザクラ(大島桜)の実@湾岸道路陸橋>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01064.JPG DSC01066.JPG DSC01068.JPG DSC01037.JPG
<マテバシイ(全手葉椎)の花@湾岸道路陸橋>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01230.JPG DSC01224 (1)ハクチョウゲ(白丁花).JPG DSC01232.JPG DSC01231.JPG
<ハクチョウゲ(白丁花)の花@美浜1丁目住宅街>(写真をクリックすると拡大します)

 皐月(さつき)、5月の花だよりです。
 私(富士男♪)が里海うらやすで出逢った花々その4を紹介します。

 5月22日、愛犬散歩道の美浜街区公園の花壇には、ルピナス(昇藤)やギガンチウム(花葱)、マンネングサ(万年草)、マツバギク(松葉菊)の花がきれいに咲いていました。

 その傍で、アオスジアゲハ(青筋揚羽蝶)が、この花壇のノースポール(北極)の花の周辺を楽しそうに舞っていました。飛び回っているチョウ(蝶)を撮るのは、花や実と違い、至難の技です。

 街区公園にはトベラ(海桐)の白い花が散って、早くも青い実が成っていました。公園内には、見慣れぬきれいな薄紅色の花が咲いていました。キルタンサス(笛吹水仙)ではないでしょうか。

 実と言えば16日、国道357号線の湾岸道路の陸橋付近には、オオシマザクラ(大島桜)の実(サクランボ)がたくさん成っていました。

 16日の朝の愛犬散歩時に、湾岸道路の陸橋付近には、マテバシイ(全手葉椎)の白っぽい花穂がいっぱい付いていました。

 16日夕刻、「志塾」に参加するため品川シーサイドへ出かける際、道端の生垣にハクチョウゲ(白丁花)の白い花がひっそりと咲いていました。
                                                    美浜富士♪
<5月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=5%8C%8E%82%CC%89%D4
posted by 富士男♪ at 13:42| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

皐月五月の花だより♪ 〜里海うらやす編その3(バラ編)

DSC01920.JPG DSC01925.JPG DSC01924.JPG DSC01927.JPG
DSC01904.JPG DSC01901.JPG DSC01909.JPG DSC01910.JPG
DSC01912.JPG DSC01915.JPG DSC01918.JPG DSC01917.JPG
DSC01928.JPG DSC01931.JPG DSC01947.JPG DSC01945.JPG
DSC01959.JPG DSC01952.JPG DSC01958.JPG DSC01956.JPG
<春バラ(カクテルほか)@オリエント歯科クリニック>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03686 (1).JPG DSC03687.JPG DSC03689.JPG DSC03690.JPG
DSC03684.JPG DSC03685.JPG DSC02007.JPG DSC02004.JPG
<春バラ(薔薇)@美浜住宅街>(写真をクリックすると拡大します)

 皐月(さつき)、5月の花だよりです。
 私(富士男♪)が里海うらやすで出逢った花々その3<バラ編>を紹介します。

 春バラの季節です。地元の里海うらやすのまちなかでも、華やかできれいなバラ(薔薇)があちらこちらで咲いています。

 5月19日、私が住んでいる浦安市美浜の住宅街に、バラ(薔薇)の名所があります。オリエント歯科クリニックの前庭に、カクテルをはじめ、いろんな種類の美しいバラ(薔薇)が毎年、この時期に見事に咲き誇っています。

 22日、愛犬散歩道の美浜住宅街では、美しいバラ(薔薇)が前庭に咲いているお家が少なくありません。自宅近くでも、大輪の深紅のバラ(薔薇)が咲き誇っています。
                                                  バラ(薔薇)富士♪
<5月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=5%8C%8E%82%CC%89%D4
<バラ(薔薇)関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83o%83%89
posted by 富士男♪ at 21:10| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

皐月五月の花だより♪ 〜里海うらやす編その2

DSC01419.JPG DSC01420.JPG DSC01421.JPG DSC01552吸葛 (すいかずら).JPG
<スイカズラ(吸葛)の花@浦安市海楽>(写真をクリックすると拡大します)
DSC08660.JPG DSC08661.JPG DSC01468.JPG DSC01470.JPG
<ホワイトレース(オルレア)の花@浦安市役所、浦安公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01540.JPG DSC01544.JPG DSC01547.JPG DSC01549.JPG
<ドクダミ(毒痛み)とヤマボウシ(山法師)の花@海楽>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01581.JPG DSC01577.JPG DSC01990.JPG DSC01993.JPG
<コエビソウ(小海老草)とバンマツリ(番茉莉)の花@美浜>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01405.JPG DSC01406.JPG DSC01567.JPG DSC01565.JPG
<アカバナユウゲショウとゼラニュームの花@美浜>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01628.JPG DSC01631.JPG DSC01648.JPG DSC01630.JPG
<パンジー(三色スミレ)の花@美浜南小学校>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01638.JPG DSC01639.JPG DSC01646.JPG DSC01644.JPG
<クンシラン(君子蘭)とオキザリス(芋方喰)@美浜南小学校>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01840.JPG DSC01838.JPG DSC01843.JPG DSC01845.JPG
<シナヒイラギ(支那柊) とヤマモモの実@シンボルロード>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01851.JPG DSC01850.JPG DSC01878.JPG DSC01879.JPG
<イヌツゲ(犬黄楊) とクスノキ(楠木)の実@シンボルロード>(写真をクリックすると拡大します)

 皐月(さつき)、5月の花だよりです。今回は、地元の里海うらやすのまちなかで、私(富士男♪)が出逢った花々その2<続編>を紹介します。

 5月18日快晴の下、「浦安春まつり」にスタッフ参加するために、自宅(浦安市美浜)から浦安市役所に隣接した浦安公園へ、歩いて往復した際に出逢った花々です。

 順に、スイカズラ(吸葛)、ホワイトレース(オルレア)、ドクダミ(毒痛み)、ヤマボウシ(山法師)、コエビソウ(小海老草)、バンマツリ(番茉莉)、アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)、ゼラニューム(天竺葵)の花々です。

 5月19日、第2回海辺のカフェ“THE BEACH”@浦安市総合公園へ行った際、自宅近くの美浜南小学校で、パンジー(三色スミレ)、クンシラン(君子蘭)、オキザリス(芋方喰)の花が咲いていました。

 19日、広い浦安シンボルロードへ出て樹木をよく観ると、青い実が成っている樹木がたくさんありました。例えば、シナヒイラギ(支那柊) やヤマモモ(山桃)、イヌツゲ(犬黄楊)、クスノキ(楠木)の実です。
                                                      里海富士♪
<5月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=5%8C%8E%82%CC%89%D4
posted by 富士男♪ at 14:09| 千葉 ☔| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

皐月五月の花だより♪ 〜里海うらやす編

DSC01672.JPG DSC01674.JPG DSC01682.JPG DSC01679.JPG
<ブラシノキ(金宝樹)の花@浦安市総合公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01729.JPG DSC01724.JPG DSC01735.JPG DSC01734.JPG
<ハマヒルガオ(浜昼顔)の花@浦安市総合公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01684.JPG DSC01685.JPG DSC01651.JPG DSC01653.JPG
<ニワゼキショウ(庭石菖)の花@浦安市総合公園、美浜>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01693.JPG DSC01787.JPG DSC01698.JPG DSC01697.JPG
<シャリンバイ(車輪梅)とトベラ(扉)の花@浦安市総合公園>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01819.JPG DSC01826.JPG DSC01820 (1)紫蘭 (しらん).JPG DSC01825 (1).JPG
<ペラルゴニウム(夏咲天竺葵)とシラン(紫蘭)の花@浦安市総合公園>

 皐月(さつき)、5月の花だよりです。今回は、地元の里海うらやすのまちなかで、私(富士男♪)が出逢った花々を紹介します。

 5月19日、東京湾を望む広々とした浦安市総合公園で見かけた花々です。
 
 順に、ブラシノキ(金宝樹)、ハマヒルガオ(浜昼顔)、ニワゼキショウ(庭石菖)、シャリンバイ(車輪梅)、トベラ(海桐)、ペラルゴニウム(夏咲天竺葵)、シラン(紫蘭)の花々です。
                                                      里海富士♪
<5月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=5%8C%8E%82%CC%89%D4
posted by 富士男♪ at 22:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

第2回海辺のカフェ“THE BEACH”@浦安市総合公園♪

cafe051919.jpg DSC01701.JPG DSC01714.JPG DSC01720 (1).JPG
DSC01721 (1).JPG DSC01735.JPG DSC01734.JPG DSC01742.JPG
DSC01749.JPG DSC01750.JPG DSC01778.JPG
DSC01770.JPG DSC01786.JPG DSC01790.JPG DSC01804.JPG
DSC01798.JPG DSC01799 (1).JPG DSC01802.JPG DSC01800.JPG
DSC01788.JPG DSC01793.JPG DSC01794.JPG DSC01796.JPG
DSC01805 (1).JPG DSC01808.JPG DSC01810.JPG DSC01813.JPG
<第2回海辺のカフェ“THE BEACH”@浦安市総合公園>(写真をクリックすると拡大します)

 5月19日(日)、第2回海辺のカフェ“THE BEACH”が浦安市総合公園の境川河口付近で開催されました。主催は、この先 30年を見据えた魅力的な海辺創出を考えるNEXT30 です。

 今年4月から魅力的な海辺の創出を目指す活動の第一歩として、海辺のカフエ“THE BEACH” をオープンし、精力的に活動しています。

 天候は昨日より少し不安定でしたが、心地の良いそよ風が流れていました。今日の併設イベントとして、海辺の少林寺拳法演武披露・体験会や浦安市カヌー協会によるデモ走行、海辺のチョークアートが開催されました。

 次回は6月第3日曜日、6月16日(日)に開催予定です。「里海うらやす」ネットとしては、これからも案内や広報などで、できる限り協力し支援していきたいと思っています。

◆浦安にビーチを創ろう!
 http://shinurayasu.chiba.jp/events/index.html

◆みんなで創る3つの海の物語
 1. 浜辺 BEACHを創ろう!
 2. 江戸前市場 MARKETを創ろう!
 3. 桟橋 PIERを創ろう!
 http://shinurayasu.chiba.jp/index.html#sec05
                                              海辺のカフェ富士♪ 
<関連記事>
●海辺のカフェ“THE BEACH”に参加♪ 2019年04月28日
 http://fujio-dayori.seesaa.net/article/465401718.html
posted by 富士男♪ at 23:23| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

「浦安春まつり」にスタッフ参加♪

DSC08716.JPG DSC01471.JPG i53_image_main_0浦安観光コンベンション協会.jpg DSC01431.JPG
DSC01443.JPG DSC01438.JPG DSC01440.JPG DSC01445.JPG
DSC01476.JPG DSC01495.JPG soeNHKあさイチでもおなじみ副島淳氏.jpg DSC01478 (1).JPG
DSC01504.JPG DSC01509.JPG DSC01473.JPG DSC01483.JPG
DSC01525.JPG DSC01529.JPG DSC01479.JPG
<「浦安春まつり」の光景@浦安公園エリア>(写真をクリックすると拡大します)

 5月18日(土)・19日(日)に、「浦安春まつり」が開催されています。今年は、「カフェテラスin境川」「植木まつり」「環境フェア」「多文化共生フェア」の合同開催となりました。

 5月18日(土)快晴の下、私(富士男♪)は「浦安春まつり」の中、「植木まつり」ゾーンの「浦安・木に親しむ会」のスタッフとして参加しました。

 五月晴れというより初夏の厳しい日差しで、気温もぐんぐん上がりました。「春まつり」というより「夏まつり」の様相を呈していました。

 10時開場と同時に、苗木・鉢苗やリサイクルたい肥の無償配布があり、春まつり会場は大盛況でした。そよ風が吹いていたので、何とか凌ぐことができました。

 「多文化共生フェア」の一環として、NHKあさイチでもおなじみ副島淳氏(写真)による講演会がありました。小学校時代のいじめや中学校時代のバスケットボール部での活躍を通じて、人種差別や違いを乗り越えていったエピソードなどを語りました。

 おかげさまで、多くの市民と触れ合うことができました。浦安野鳥の会はじめ、他のボランティア活動団体の人たちとも対話交流できました。

◆「浦安春まつり」の開催について

 今年の「浦安春まつり」は、5月18日(土曜日)・19日(日曜日)に開催します。今年は、「カフェテラスin境川」「植木まつり」「環境フェア」「多文化共生フェア」の合同開催となりました。

 初夏の休日を、昨年整備された浦安公園エリアと浦安市役所周辺の境川エリアでお楽しみください。 多くの皆さんのご来場をお待ちしています。

日付:5月18日(土曜日)から19日(日曜日)
開催時間:午前10時から午後4時まで
場所:浦安公園、境川周辺
内容:カフェテラスin境川、植木まつり、環境フェア、多文化共生フェア
http://www.city.urayasu.lg.jp/kanko/event/1026071.html
                                                  春まつり富士♪
<木に親しむ会関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%D8%82%C9%90e%82%B5%82%DE%89%EF
posted by 富士男♪ at 19:22| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

皐月・5月の花便り♪ 〜本郷編

DSC01324.JPG DSC01328.JPG DSC01329.JPG DSC01330.JPG
<オキザリス(芋方喰)の花@本郷三丁目駅>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01344.JPG DSC01354.JPG DSC01355.JPG DSC01348.JPG
<ヤマボウシ(山法師)の花@本郷キャンパス>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01358.JPG DSC01357.JPG DSC01377.JPG DSC01379.JPG
<春のバラ(薔薇)の花@新壱岐坂、金刀比羅宮東京分社>(写真をクリックすると拡大します)
DSC01381.JPG DSC01382.JPG DSC01384 (1).JPG DSC01390.JPG
<ハクチョウゲ(白丁花)の花@白山通り>(写真をクリックすると拡大します)

 皐月(さつき)、5月の花だよりです。今回は、本郷〜水道橋界隈で私が出逢った花々を紹介します。

 5月17日、大学講義のため本郷キャンパスへ行きました。地下鉄丸ノ内線本郷三丁目駅を降りると、2か所でオキザリス(紫方喰、芋方喰)の鮮やかな赤紫色の花が地面に咲いていました。

 大学講義を終えて、本郷キャンパスの新壱岐坂沿いには、見事なヤマボウシ(山法師)の並木があり、美しい白い花が咲き出していました。

 新壱岐坂界隈では、ツツジ(躑躅)の花が終わり、春のバラ(薔薇)の薄紅色の花が道端に咲いていました。「水道橋のこんぴらさん」(金刀比羅宮東京分社)境内には深紅のバラ(薔薇)の花が咲いていました。

 さらに下りてJR水道橋駅近くの白山通りの道端には、ハクチョウゲ(白丁花)の白い花がひっそりと咲いていました。
                                                      さつき富士♪
<5月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=5%8C%8E%82%CC%89%D4
posted by 富士男♪ at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

第90回【志塾】「強みの上に築くマネジメント」に参加♪

DSC01238.JPG DSC01240.JPG DSC01242.JPG DSC01243.JPG
DSC01244.JPG 60084102_2445575548809315_7462092483766255616_n.jpg DSC01245.JPG
< 第90回 【志塾】の光景@品川シーサイドの光景>

 5月16日19時から、久しぶりに友人の安部哲也氏が主宰する「志塾」に参加しました。
 おかげさまで、私(富士男♪)は貴重な気づきと学びを得ました。ありがとうございました。

1.ドラッカーの「マネジメント」を自らの会社で実践されている

 まず、大阪(高槻市)出身の大塚三紀子氏の軽やかな大阪弁に親近感を持つと同時に、聴いていて心地よかった。満面笑顔の面構えもいいし、聴き散りやすい声構えもいい。

 ドラッカーに学ぶ自社の経営(マネジメント)の実践例を楽しそうにさりげなく語ることに、力みもなく軽やかである。「実身美(サンミ)」とは、実があって、身体に良くて、美味しいこと。

 社名の「実身美(サンミ)」そのものが、2002年の創業以来、目指している企業理念であり事業目的になっていて、簡潔で明快でわかりやすい。「家族のために作る食事」をモットーに、玄米カフェを5店舗運営している。

2.長所伸展法の活用

 強みを生かす人事を実践されている。何ができるのか?(得意なこと、過去できたこと)→自分よりできる人→お願いする(任せる)→もう一歩前進できないか?→努力して実現してしまう(好循環)。

 managementとは元来、「適切に行うこと」。人に関していえば「適材適所」。権限(肩書)ではなく、貢献(役立つ)に焦点を当てる。長所の中で気質と個性(価値観)を重視する。強みを生かして弱みを無意味なものにする。

 「ストレングス・ファインダー」(34の強み(資質)テスト)は長所(強み)発見に役立つので活用している。(『さあ才能に目覚めよう』日経新聞社) 

3.第90回を迎えた【志塾】

 まず90回も継続開催してきた安部哲也氏の意志力に敬意を表したい。継続は力なりである。実践とは継続することなり。継続してこそ観えてくるものがある。基底に渋沢栄一やドラッカーの思想があることも、私がこの塾に魅力を感じる理由の一つである。

◆【第90回志塾】”ドラッカーに学ぶ”『強みの上に築くマネジメント』 (講師:大塚三紀子氏 株式会社 実身美 社長)

【日時】 2019年5月16日 (木) 19:00-21:00
 18:50 受付・開場と集合
 19:00-19:10 あいさつ・志塾の紹介・自己紹介など
 19:10-20:00 講演 ドラッカーに学ぶ『強みの上に築くマネジメント』講師 大塚三紀子氏
 20:00-20:45 質疑応答・ディスカッション 
 20:45-21:00 まとめ・次回の志塾のご案内など

【講師】大塚三紀子氏 株式会社 実身美 社長
 関西大学法学部卒。税理士事 務所、不動産会社勤務のち、 2002年 玄米カフェ実身美を 創業。大阪3店舗、東京大手町 1店舗、沖縄に1店舗、計5店 舗を運営。健康志向の顧客中 心に年間40万人以上を動員す る。著書に『実身美のごは ん』(ワニブックス)がある。
玄米カフェ実身美(サンミ) http://sangmi.jp/ 『実』があって、『身』体に良くて、『美』しい。ドラッカー学会 会員。

【コーディネータ―】安部哲也(志塾 塾長・EQパートナーズ代表・立教大学院 教授)
【会場】 品川シーサイドビュータワー 第4セミナールーム (東京都品川区東品川4-12-9)
【参加費】1,000円
                                                 こころざし富士♪
<志塾関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8Eu%8Fm 
posted by 富士男♪ at 23:58| 千葉 ☀| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

「浦安・木に親しむ会」活動♪ 〜うらやすシンボルロード(入船)の巻

DSC08618.JPG DSC08616.JPG DSC08622.JPG DSC08624.JPG
<樹木名札取り付け作業@うらやすシンボルロード(入船)>(写真をクリックすると拡大します)
DSC08716.JPG DSC08717.JPG i53_image_main_0浦安観光コンベンション協会.jpg soeNHKあさイチでもおなじみ副島淳氏.jpg
<「浦安春まつり」と「植木まつり」の案内@浦安公園、境川>(写真をクリックすると拡大します)

 5月14日、都内の同期交流会に参加する前に、14時から「浦安・木に親しむ会」の例会活動に参加しました。

 今回は、入船4丁目の「セブンイレブン」「ドラッグセイムス」前に集合し、うらやすシンボルロード(入船地区)の樹木名札の更新・取り付け作業を5人で行いました。
 
 名札取付作業を早めに切り上げ、新浦安イオンのフードコートで今後の活動計画を協議しました。

 今週末、5月18日(土)、19日(日)の両日に開催される「浦安春まつり」の中、「植木まつり」に参加する段取りや当日分担、7月に予定されている美浜南学校での特別授業の支援の段取りを話し合いました。

◆「浦安春まつり」の開催について

 今年の「浦安春まつり」は、5月18日(土曜日)・19日(日曜日)に開催します。今年は、「カフェテラスin境川」「植木まつり」「環境フェア」「多文化共生フェア」の合同開催となります。

 日付:5月18日(土曜日)から19日(日曜日)
 開催時間:午前10時から午後4時まで
 場所:浦安公園、境川周辺
 内容:カフェテラスin境川、植木まつり、環境フェア、多文化共生フェア(詳細は浦安市公式サイトを参照) http://www.city.urayasu.lg.jp/kanko/event/1026071.html
                                                     樹木富士♪
<木に親しむ会関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%D8%82%C9%90e%82%B5%82%DE%89%EF
posted by 富士男♪ at 15:49| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

「戦スタ七人衆」、八重洲の酒場で再会交流♪

DSC08672.JPG DSC08677.JPG DSC08682.JPG DSC08683.JPG
DSC08692.JPG DSC08693.JPG DSC08690.JPG 51jR6mb2QEL._SX358_BO1,204,203,200_経営者と研究開発 〜 画期的新薬創出の実証研究 .jpg
DSC08695.JPG IMG_2890.jpg DSC08697 (1).JPG DSC08699.JPG
<戦スタ七人衆の光景@稲田屋 はなれ 八重洲店>(写真をクリックすると拡大します)

 5月14日18時半、2年半ぶりに開催された企業研究会「戦スタ七人衆」(7nin_1000staOB)交流会に参加しました。「戦スタ」とは、企業研究会の異業種交流研究会「戦略スタッフフォーラム」第1期生を中核とした7人の同窓会の略称です。

 会場の個室処 稲田屋 はなれ 八重洲店(中央区八重洲1)に、いつもの7人(木谷、南雲、南、栗原、高橋、薄井、渕野)が参集しました。今回は、「戦スタ」2期生の古田 純氏も特別参加して8人衆となりました。
 
 今回は美味しい鳥取料理をいただきながら、仕事や病気・健康、お互いの近況などを自由に語り合いました。トピックスとして、七人衆の一人、栗原氏が昨年8月に『経営者と研究開発 〜 画期的新薬創出の実証研究』(白桃書房)を出版しました。

 おかげさまで愉快に面白交流できました。これからもお互い元気をキープして、時々、旧交を温めたいと思います。
                                                     八人衆富士♪
<企業研究会関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8A%E9%8B%C6%8C%A4%8B%86%89%EF
posted by 富士男♪ at 23:59| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

企業研究会 創立70周年記念式典に参加♪

DSC08476.JPG DSC08480.JPG DSC08478.JPG DSC08482.JPG
DSC08483.JPG DSC08485.JPG DSC08488.JPG DSC08489.JPG
<企業研究会創立70周年記念大会の光景@帝国ホテル>(写真をクリックすると拡大します)
DSC08492.JPG DSC08495.JPG DSC08497.JPG DSC08499.JPG 
<企業研究会創立70周年記念祝賀会の光景@帝国ホテル>(写真をクリックすると拡大します)

 5月13日13時から、帝国ホテル(千代田区内幸町1)で開催された一般社団法人企業研究会創立70周年記念大会に招待され、参加させていただきました。会場はホテル2階の大広間、孔雀東の間・西の間 でした。

 企業研究会は、異業種交流による企業間ネットワークの構築と「知の交流・移転」を目的として、1948年(昭和23年)に設立されました。私は東レ時代、企業研究会の異業種交流勉強会(人事と戦略スタッフ)に2度参加させていただきました。

 式典は、下記プログラムの通り、記念講演、研究成果発表、記念祝賀会と続きました。
 おかげさまで、私(富士男♪)は貴重な気づきと学びを得ました。

 特に、研究成果発表の中、(3)日本発イノベーション研究「日本発イノベーションを生かした新しいシステムの構築を目指して」は共感するところ大でした。発表されたお二人、後藤孝浩氏(富士フィルム)と宗像基浩氏(三菱ケミカル)には大いに触発されました。

 記念祝賀会でも新しい出逢いがあり、愉快に「面白交流」できました。企業研究会の石山専務理事や薄井さん、木村さんには貴重な機会を与えていただき、ありがとうございました。

◆一般社団法人企業研究会 創立70周年記念式典プログラム

■開式 13:00 一般社団法人企業研究会 会長 小枝 至よりご挨拶

■記念講演
  「社会・経済システムの変革とKAITEKI経営」
     〜人、社会、そして地球の心地よさがずっと続いていく、未来のために〜

      株式会社三菱ケミカルホールディングス 取締役会長  小林 喜光 氏

■研究成果発表  14:00〜 [異業種研究交流会の活動を通じて]

(1)これからのコーポレート機能を考える(RPA、AI、管理間接部門の効率化など)
    「コーポレートの機能高度化とシェアードサービスの新たな役割」

(2)BRIなでしこプロジェクト(働き方、ダイバーシティ、女性活躍など)
    「互いが互いのメンターに。現場目線、異業種交流としての女性活躍推進とは」

(3)日本発イノベーション研究
   「日本発イノベーションを生かした新しいシステムの構築を目指して」
    〜GAFA攻勢やモノ売り脱却に悩む状況をどう打破するか〜

■記念祝賀会  17:00〜 https://www.bri.or.jp/wp-content/uploads/2019/03/bri70.pdf

◆企業研究会とは

 1948年(昭和23年)、当時の基幹産業でありました旧鉄鋼5社の経営幹部の自主的な勉強会からスタートしました。戦後の復興とともに個別企業の経営管理諸制度の再構築について意見を交流し、共同して研究し、その成果を個別企業に反映させてきました。

 このような「知の交流と移転」により企業のマネジメントのレベルアップに寄与して参りました。今日、異業種企業による約40の研究交流会が活発に運営され、延べ1400社の強力な人材ネットワークを基盤として経営革新を担う多彩な人材が経営の実践視点から交流し、学び合っています。(企業研究会hp)https://www.bri.or.jp/
                                                 企業研究会富士♪
<企業研究会関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8A%E9%8B%C6%8C%A4%8B%86%89%EF
posted by 富士男♪ at 23:32| 千葉 ☁| Comment(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

うらやす三番瀬感謝祭実行委員会に参加♪

三番瀬感謝祭.jpg 三番瀬感謝祭A.jpg DSC05005.JPG DSC05009.JPG
<うらやす三番瀬感謝祭とプラごみ一掃作戦の案内チラシ>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04936.JPG DSC04948.JPG DSC04950.JPG
DSC04967.JPG DSC04971.JPG DSC04969.JPG
<うらやす三番瀬の光景@三番瀬緑道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC05010.JPG DSC05012.JPG DSC05008.JPG
<うらやす三番瀬感謝祭実行委員会@コスモ新浦安集会場>(写真をクリックすると拡大します)

 6月2日(日)に、「うらやす三番瀬感謝祭」が開催されます。5月11日、その第3回実行委員会に参加しました。感謝祭関係者が20名ぐらい集まりました。当日に向けた準備や分担、段取りの確認をしました。今回の会場は、コスモ新浦安2階集会場でした。

 浦安市は三方が海に囲まれています。市川市側に面している「三番瀬」(さんばんぜ)と呼ばれる海はその一つです。私たちの、子どもたちの、大切なふるさとの海に「ありがとう」の行動を起こすことが感謝祭の主旨です。

 今回の感謝祭は、新設される浦安市三番瀬環境観察館(浦安市日の出7)の開館に合わせて開催されます。

 まず、9時20分から開館式が挙行されます。

 10時から恒例の「クリーンアップ大作戦」が展開されます。この大作戦は1999年から開始され、今回でなんと21回目となります。従来以上に、プラごみ一掃作戦〜海にありがとう! を展開します。

 11時からは干潟観察会を開催します。観察館の開館記念イベント(野鳥観察、貝細工体験など)も開催されます。
                                                    三番瀬富士♪
<「三番瀬」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8EO%94%D4%90%A3
posted by 富士男♪ at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

焼き餃子と温泉銭湯♪ 〜私の健康長寿法

DSC04908.JPG DSC04909.JPG DSC04915.JPG DSC04912.JPG
<5月10日、王将の餃子@瑞江駅北口店>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04916.JPG DSC04919.JPG 20195313549東京ニューヨーク寄席 田辺鶴遊.jpg 201953279.jpg
<5月10日、天然温泉銭湯「乙女湯」>(写真をクリックすると拡大します)

 我が家の健康長寿法の一つとして、銭湯と餃子があります。私の五大趣味の中にも、「温泉・銭湯」が入っています。

 5月10日夕刻、大学講義を終えて、帰路、東西線浦安駅で愛妻と待ち合わせして、久しぶりに天然温泉銭湯「乙女湯」(江戸川区船堀7丁目3)へ愛妻の運転する車で行きました。車だと15分ぐらいで到着します。

 入浴の前に、夕食代わりに、いつもの「餃子の王将」瑞江(みずえ)駅北口店(江戸川区 瑞江 2-5)へ立ち寄りました。ここのパリパリして香ばしい焼き餃子が大好きです。主食といて、いつも餃子を三人前注文します。「餃子の王将」は1967年に京都で創業しました。京都での学生時代を思い出します。

 入浴料460円で小一時間ゆっくり温泉気分を楽しめる温泉銭湯は、私の一病息災、健康長寿法と夫婦円満法のひとつとなっています。10台以上の専用駐車場もあり、便利です。

 泉温41℃の黒湯露天岩風呂と25℃の黒湯水風呂に交互に入ると、とても気持ちよく身体が温もり軽くなります。温泉銭湯でゆっくり温もると、ほんわか気分で眠くなります。帰宅したら、早寝します。おかげさまで熟睡できて、翌日は体調良好です。

 5月29日(水)には、乙女湯で「東京ニューヨーク寄席」があります。好男子?いや講談師の田辺鶴遊さん(江戸川区平井在住)が出演します。この日は講談のあと、ゆるキャラの「お湯の富士」のタオルがプレゼントされ、無料で温泉入浴できます。http://www.oyunofuji1010.com/news/2019/05/post-191.php
                                                 餃子&銭湯富士♪
<乙女湯関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%B3%8F%97%93%92
<餃子関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%E9L%8Eq
posted by 富士男♪ at 12:27| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

五月(皐月)の「生命(いのち)の言葉」♪ 〜天照大御神 編

DSC04897.JPG DSC04896.JPG DSC04894.JPG DSC04890.JPG
DSC04881.JPG DSC04880.JPG DSC04879.JPG DSC04878.JPG
<境内@三河稲荷神社>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04884.JPG DSC04886.JPG DSC04887.JPG DSC04877.JPG
<五月の「生命(いのち)の言葉」の栞@三河稲荷神社>(写真をクリックすると拡大します)

 5月10日午後、大学講義のために本郷キャンパスへ行きました。地下鉄丸ノ内線本郷三丁目駅で下車して、途中、三河稲荷神社へ立ち寄り参拝しました。

 参拝後、東京都神社庁が発行している五月(皐月)の「生命(いのち)の言葉」の栞をいただきました。東京都神社庁は、東京都内にある1,398の神社を取りまとめている団体です。

 令和時代の初めての生命(いのち)の言葉は、天照大御神(あまてらすおほみかみ)の神勅、簡潔な四文字「天壌無窮」です。

天照大御神(あまてらすおほみかみ)

天壌無窮(てんじょうむきゅう)

◆天壌無窮の神勅

 皇孫(すめみま)に勅(みことのり)して曰(のたま)はく、
「豊葦原(とよあしはら)の千五百秋(ちいほあき)の瑞穂(みづほ)の國(くに)は、是(これ)、吾(あ)が子孫(うみのこ)の王(きみ)たる可(べ)き地(くに)なり。宜しく爾皇孫(いましすめみま)、就(ゆ)きて治(しら)せ。行矣(さきくませ)、宝祚(あまつひつぎ)の隆(さか)えまさむこと、当(まさ)に天壌(あめつち)と窮(きはま)り無(な)かるべし」

【口語訳】
天照大御神が瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に勅して申されるには、
「豊かで瑞々しいあの国は、わが子孫が君主として治めるべき国土です。わが孫よ、行って治めなさい。さあ、出発しなさい。皇室の繁栄は、天地とともに永遠に続き、窮まることがありません。」(東京都神社庁)http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/inochinokotoba/r0105/

◆三種(さんしゅ)の神器(じんぎ)

 「八咫鏡(やたのかがみ)」、「八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)」、「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)《別名:草薙剣(くさなぎのつるぎ)》」を総称して「三種の神器」と言います。八咫鏡と八坂瓊曲玉は、天照大御神が天の岩戸にお隠れになられた際、岩屋の外にお出ましいただくための祭りの祭具として作られました。

 天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)は、出雲で素戔嗚尊(すさのをのみこと)が八岐大蛇を退治した折、大蛇の尻尾から出てきたもので、あまりに霊威溢れる剣だったので、天照大御神に献上されました。後に日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国征討の際に火攻めにあったとき、この剣で草をなぎ払い、火難より免れたことから、「草薙剣」とも呼ばれるようになりました。

 天照大御神は、天孫瓊瓊杵尊の葦原中津国への降臨に際して、この三種の神器を授けて、天照大御神の子孫である皇孫尊が末永く日本の国を治めるようにとの「天壌無窮の神勅」を下されました。以後、皇位の継承とともに連綿と引き継がれて現在に至っています。

◆践祚(せんそ) 〜神道知識の誘(いざな)ひ

 「践」は「ふむ・位につく」、「祚」とは「天子の位」を意味し、合わせて用いることで「天皇の位に就く」ことを表す言葉です。古来、御代替(みよがわり)では崩御もしくは譲位を受け、空位が発生しないよう直ぐ御位に就かれること(践祚)を最も大事とされ、御位を内外に宣明すること(即位)と分けて考えてきました。(東京都神社庁)
                                                     いのち富士♪
<「生命(いのち)の言葉」関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90%B6%96%BD%81i%82%A2%82%CC%82%BF%81j%82%CC%8C%BE%97t 
posted by 富士男♪ at 23:04| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

皐月(さつき)の花便り♪ 〜里海うらやす編

DSC04154.JPG DSC04166.JPG DSC04174.JPG DSC04179.JPG
<スズラン(鈴蘭)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04051.JPG DSC04198.JPG DSC04023.JPG DSC04191.JPG
<トキワツユクサ(常盤露草)とツツジ(躑躅)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04207.JPG DSC04205.JPG DSC03922.JPG DSC04046.JPG
<オニタビラコ(鬼田平子)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC03961.JPG DSC03962.JPG DSC03927.JPG DSC03928.JPG
<カタバミ(方喰)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04076.JPG DSC04077.JPG DSC04137.JPG DSC04138.JPG
<ポピー(ひなげし)とシャガ(著莪)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04130.JPG DSC04131.JPG DSC04132.JPG DSC04133.JPG
<シャクナゲ(石楠花)の花>(写真をクリックすると拡大します)

 皐月(さつき)、5月の花だよりの続編です。5月(皐月)に入り、令和時代になってから私が出逢った花々を紹介します。

 5月3日、朝の愛犬散歩道に、スズラン(鈴蘭)の可憐な花が、ひっそりと咲いていました。

 自宅の前庭には、白いツツジ(躑躅)とともに、浦安には珍しいトキワツユクサ(常盤露草)の三角形の白い花が、さりげなく咲いていました。

 その傍に、オニタビラコ(鬼田平子)の小さな黄色い花も咲いていました。この花は道端にも時々見かけます。

 さらに、自宅前の地面には、黄色と薄紅色のカタバミ(方喰)の花も咲いていました。薄紅色のきれいな花は、オキザリス・アーティキュラータ(イモカタバミ)とも呼ばれます。(みんなの趣味の園芸)

 5月2日、イクスピアリ・シネマへ映画を観に行ったとき、アンバサダーホテルの庭園で、色とりどりのポピー(ひなげし)やシャクナゲ(石楠花)、シャガ(著莪) の花に出逢いました。
                                                     さつき富士♪
<5月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=5%8C%8E%82%CC%89%D4
posted by 富士男♪ at 11:23| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

5月の花便り♪〜里海うらやす編

DSC04774.JPG DSC04775.JPG DSC04776.JPG DSC04777.JPG
<ヒルガオ(昼顔)の花@明海緑道>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04779.JPG DSC04780.JPG DSC04781.JPG DSC04782.JPG
<トベラ(扉)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04578.JPG DSC04581.JPG DSC04584.JPG DSC04589.JPG
<カタバミ(方喰)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04592.JPG DSC04591.JPG DSC04597.JPG DSC04596.JPG
<ナガミヒナゲシ(長実雛罌粟)とヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04586.JPG DSC04598.JPG DSC04600.JPG DSC04606.JPG
<ツツジ(躑躅)の花>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04710.JPG DSC04706.JPG DSC04701.JPG DSC04704.JPG
<アネモネ、ネモフィラ、マーガレット、フレンチラベンダー>(写真をクリックすると拡大します)

 5月の別名は、「皐月(さつき)」です。皐月(さつき)は、耕作を意味する古語「さ」から、稲作の月として「さつき」になったそうです。 早苗を植える月「早苗月(さなえづき)」が略され、「さつき」になったとする説もあります。「早苗」の「さ」も耕作の「さ」が語源とされます。 漢字「皐」には「神に捧げる稲」の意味があるため、「皐月」が当てられたようです。 - 語源由来辞典

 皐月(さつき)、5月の花だよりです。里海うらやすに咲く花々を紹介します。

 5月7日、自宅からJR新浦安駅へ歩いて往復する際、ツツジ(躑躅)の生垣の下に、ヒルガオ(昼顔)の花が地面に這うようにひっそりと咲いていました。

 新浦安駅に近づくと、生垣によく利用されるトベラ(扉)の花があちらこちらで咲き出していました。濃緑色の葉によく映える白い花です。

 5月4日、自宅からJR新浦安駅へ歩いて行く際、カタバミ(方喰)の可憐な花が地面にたくさん咲いていました。小さな花弁ですが、鮮やかな黄色の可憐な花なので、よく目立ちます。

 その傍らのツツジ(躑躅)の生垣の下に、、ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)の花がひっそりと群生していました。

 薄紅色や白色、赤色など、色とりどりのツツジ(躑躅)の花が満開を迎えています。里海うらやすの街の景観が明るくなって華やいでいます。

 新浦安駅前のマンション(美浜西エステート)の花壇には、アネモネやネモフィラ、マーガレット、フレンチラベンダーなどのきれいな花が植栽されています。
                                                     さつき富士♪
<5月の花関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=5%8C%8E%82%CC%89%D4
posted by 富士男♪ at 23:53| 千葉 ☀| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

日本国憲法を再び「かんかん」(感じ、考える)する♪

1024px-Go-shichi_no_kiri_crest_2.svg日本国政府国章(準).png Nihon_Kenpo01日本国憲法原本「上諭」(1ページ目).jpg Enforcement_of_new_Constitution_stamp日本国憲法施行記念切手.jpg
<日本国政府国章(準)と日本国憲法原本「上諭」、日本国憲法施行記念切手>(写真をクリックすると拡大します)

 「今日は何の日?気になる日」シリーズです。

 5月3日は「憲法記念日」でした。祝日法によれば、「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」日となっています。
 
 この憲法記念日には、毎年、護憲派と改憲派の集会がそれぞれ開催されます。 私たちは日本国憲法とこれからどう向き合えばいいのでしょうか。

 私(富士男♪)が、この日に気づき(感じ)、学んだ(考えた)ことは、次の3点です。

1.平和憲法によって平和国家を樹立

 平和憲法による平和国家を樹立したおかげで、戦後日本は戦争をせずに、ここまで成長してきたのです。

 私は安倍政権に改憲を語る資格はないと思う。「そもそも憲法とは、国民の側から国家権力を縛る最高法規である。行政府の長の首相が改憲の旗を振ること自体、立憲主義にそぐわない。」(2018年5月3日の朝日新聞社説「安倍政権と憲法 改憲を語る資格あるのか」)と私も思うからである。

2.自分事として、日本国憲法とどう向き合うか

 産経新聞が5月3日、改憲派の急先鋒である櫻井よしこ氏の講演内容を掲載すると同時に、護憲派の永田浩三氏の講演録もちゃんと載せている。

 両論併記で判断材料を与え、国民一人ひとりに日本国憲法のあり方を自分事として、しっかり感じ考えてもらう。これこそ5月3日の「憲法記念日」の意義だろう。

 永田浩三氏は護憲派集会で、「同い年、同じ学年として忠告します。これ以上、日本社会を壊すことはやめなさい! これ以上、沖縄をいじめるのはやめなさい! 大事な憲法をいじるのはやめておとなしく身を引きなさい!」(産経新聞)と痛烈に現政権を批判して締めくくった。

◆元NHK・永田浩三氏「安倍君、憲法をいじるのはやめろ」
 https://www.sankei.com/politics/news/190503/plt1905030028-n1.html?fbclid=IwAR0FGgi-Zeq2hRPLo76qLvUJv3LJrgETMEJfNdX7z0RShgxgRKDRz7rsSko

 他方、櫻井よしこ氏は改憲集会で、「だれが読んでも現行憲法は日本民族の憲法ではない。どこに日本の文化の薫り、伝統の片鱗(へんりん)があるのでしょうか。まったく別物です。それを承知でこれを受け入れました。」 (産経新聞)と持論を展開し、改憲を訴えた。

◆櫻井よしこ氏「憲法改正なくしてわが国の再生はない」
 https://www.sankei.com/politics/news/190503/plt1905030027-n1.html?fbclid=IwAR3n5uh7_zGQ8DyPGOja-FmyBVxOFL_MdW_ux_c-NvxZgIEPDn_WKHoE9zc

3.戦後日本を形成してきた基盤である日本国憲法を「かんかん」する(感じ、考える)

 5月3日は、戦後日本を形成してきた基盤である日本国憲法をじっくり感じ、考える日にしたい。
 朝日新聞の今年5月3日付けの社説を読んで、次の結論に私は同感し賛同する。 

・「憲法に縛られる側の権力者が、自らの思い入れで、上から旗をふる改憲は、社会に亀裂をもたらし、憲法の価値をかえって損なう恐れもある。豊かな憲法論議は、主権者である国民が主導するものであるべきだ。」

・「非正規の増加などで貧困が広がる中、憲法25条が国民の権利とした「健康で文化的な最低限度の生活」をどう描くのか。
 人口減少が進み、外国人労働者がますます増える「多民社会」の下、外国人の基本的人権をどう守るのか。」

・「「安倍1強」が極まり、首相官邸の「下請け機関」化したとも形容される国会の機能の立て直しや、時の首相による乱用を防ぐための衆院の解散権のあり方など、統治機構をめぐる議論も活性化させたい。・・・」 (朝日新聞デジタル)

◆(社説)AI時代の憲法 いま論ずべきは何なのか
https://www.asahi.com/articles/DA3S14000373.html?fbclid=IwAR0Zi3WUeij37uRqN20jajJmJmxugScIWF6oCWmrtn0El3QpIq5zHnnsMMU
                                                      護憲冨士♪
<日本国憲法関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%FA%96%7B%8D%91%8C%9B%96%40
posted by 富士男♪ at 23:43| 千葉 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

早や「立夏」♪

DSC04529.JPG DSC04530.JPG DSC04542.JPG DSC04549.JPG
DSC04557.JPG DSC04554.JPG DSC04558.JPG DSC04556.JPG
<5月3日、流れ鮨@沼津魚がし鮨三島店)>(写真をクリックすると拡大します)

 今日5月6日は、早や「立夏」です。

 今日も振り替え休日です。史上最長の十連休も今日でお終いです。

 私は愛妻と愛犬たちと一緒に5月3日、冨士霊園(静岡県駿東郡小山町大御神)へ出かけた際、東名高速道路の往復路でとんでもない大渋滞に巻き込まれ、ひどい目に遭いました。

 人生はままならない。一寸先は闇、山あり谷あり。だから面白いのかもしれません。 

 霊園でご先祖さまや実弟、叔母にも逢えたうえに、上機嫌の富士山ともたっぷり再会交流できました。

 さらに、帰路に新鮮で美味しい沼津の流れ鮨をいただいたので大満足、至福のひと時を過ごせました♪
                                                 立夏冨士♪
<冨士霊園関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%95y%8Em%97%EC%89%80
posted by 富士男♪ at 23:58| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

久しぶりに再会できた令和富士♪

DSC04268 (2).JPG DSC04269 (2).JPG DSC04270 (2).JPG
<山北付近@国道246号線>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04281 (1).JPG DSC04286 (1).JPG DSC04275 (2).JPG
<道の駅ふじおやま @国道246号線>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04291 (1).JPG DSC04295 (1).JPG DSC04297.JPG
<水田からの富士山 @県道151号線(須走小山線)>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04316.JPG DSC04318.JPG DSC04320.JPG
<霊園内からの富士山 @富士霊園)>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04511.JPG DSC04516 (1).JPG DSC04525.JPG
<水田からの富士山 @小山市用沢)>(写真をクリックすると拡大します)
DSC04535 (1).JPG DSC04537.JPG DSC04539.JPG DSC04541.JPG
<夕焼け富士 @沼津魚がし鮨三島店)>(写真をクリックすると拡大します)

 旧暦5月を皐月(さつき)と呼びます。「さつき」は、この月は田植えをする月であることから「早苗月(さなへつき)」と言っていたのが短くなったものだそうです。- Wikipedia

 5月3日、冨士霊園(静岡県駿東郡小山町大御神)へ墓参した際に、久しぶりに再会できた令和富士です。

 一日中ぱっとしない曇り空だったのに、上機嫌の富士山はずっと顔を出してくれました。ありがたいことです。奇跡です。

 きっと何かいいことが起こる予感がします。

 この日の仕上げは、沼津魚がし鮨 流れ鮨 三島店(三島市萩41)で美味しい寿司をいただいてから帰宅の途につきました。

 前代未聞の十連休の大型GWで、行き返りの道路も人気の寿司店も、めちゃくちゃ混んでいました。この時期は避けたほうが賢明です。
                                              皐月(さつき)富士♪
<冨士霊園関連記事>
http://fujio-dayori.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%95y%8Em%97%EC%89%80
posted by 富士男♪ at 13:28| 千葉 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする